ポケットwifi 購入方法と価格。契約に必要なものはこれ!電気屋では買っちゃダメ!

ポケットwifi 購入方法と価格。契約に必要なものはこれ!電気屋では買っちゃダメ!

目次

ポケットwifiの 購入方法

ポケットwifiの 購入方法
スマホやタブレットを2台持ちするなど、端末は1人1台、2台が当たり前の時代になってきましたね。いまや生活必需品と言っても過言では無いと思います。

スマホ生活をより充実させるため、あるとより便利なのがポケットwifi。毎月、速度制限や通信量に悩まされているユーザーの方は特にそう思っているのでは無いでしょうか。色々なアプリや高画質動画を悠々と楽しみたいものです。

今日はポケットwifiの購入を検討している方に、オススメの購入方法をご紹介したいと思います。

 

そもそもポケットwifiだけではネットは使えない

そもそもポケットwifiだけではネットは使えない
ポケットwifiをCMやネット広告などで目にすることも多くなりましたね。あの小さなルーターを1台持ち歩くだけで、高速データ通信が可能なインターネットが使い放題なのは魅力的です。

ポケットwifiを持つ上で注意したいのが、端末だけを購入しただけではインターネットは使えないということ。さまざまな契約方式はありますが、基本的にはプロバイダとの契約を結ぶことが必要不可欠になります。

例外的なのがWiMAXです。UQコミュニケーションズという会社がWiMAX回線を管理しているため、その会社からポケットwifiを購入すれば同時にプロバイダ契約もされるのです。

「じゃあWiMAXで申し込んだらラクでいいんじゃないの?」と思う方もいらっしゃると思いますが、お得に購入したいと考えている方にとってそれは間違い。同じWiMAXでもプロバイダによって月額料金や初期費用に差があります。キャッシュバックキャンペーン中などは、まったく同じポケットwifiの機種にも関わらず、数万円の差額が生じる場合もあるのです。

使い勝手が変わらないのであれば、安いほうがいいですよね。さまざまなプロバイダの中から最も安いもの、自分に合ったものを探し、吟味した上で申し込むことをオススメします。

ポケットwifiの機種代金はいくらなの?

ポケットwifiの機種代金はいくらなの?
購入を検討する上で気になるのが、ポケットwifiの本体機種代金。「スマホやタブレットと同様、月額料金に上乗せで、ポケットwifiの端末代も払わなければいけない…?」などと考えている方も多いのでは無いでしょうか。特にスマホの割賦が残っているうちは、ことのほか敏感になってしまいますよね。

ポケットwifiの端末代金は機種によってピンキリです。SoftBankなどで広く使われている人気機種「Pocket WiFi 601HW」を例に挙げると、1台なんと42,480円!毎月1,000円ずつ支払ったとしたら、3年以上もかかる計算です…。これはかなり大きな出費では無いでしょうか。

しかし、高額なポケットwifiを機種代金ゼロで手に入れる方法もあります。それは各プロバイダが行っているキャンペーンを利用すること。「2年契約」「スマホとの同時契約」などさまざまな制約はあるのですが、約4万円のポケットwifi機種代金が無料になるのはかなりお得ですね。

プロバイダ側としても、「お客様にはなるべく長くサービスを使って欲しい」という狙いがあるため、各社競うようにこのようなキャンペーンを実施しているようです。途中解約によって違約金が発生してしまう場合もあるので、事前によくリサーチしましょう!

ポケットwifiキャンペーン比較2018!キャッシュバック無制限など完全解説

ポケットwifi、どこで買うのがベスト?

ポケットwifi、どこで買うのがベスト?
ポケットwifiの端末だけであれば、安い中古品をメルカリなどでゲットすることもできるでしょう。しかし前述した通り、ポケットwifiを使うためにはプロバイダとの契約が必要です。ポケットwifiの端末を購入し、プロバイダとも契約ができる方法は下記の3つです。

  1. 電気屋で契約
  2. 携帯会社で契約
  3. インターネットで契約

では、どのような流れで契約をすればいいのでしょうか?電気屋・携帯会社・インターネット、それぞれの契約方法をご紹介します。

ヤマダ電機やケーズデンキ 電気屋でポケットwifiをゲット!

ヤマダ電機やケーズデンキ 電気屋でポケットwifiをゲット!
家電製品といえば、ヤマダ電機やケーズデンキなどの電気屋を思い浮かべる方が多いのでは無いでしょうか。生活家電を買いに行った際に、ポケットwifiのブースを覗いたことがある方もいるかと思います。まずは電気屋でポケットwifiを購入する方法をご紹介しますね。

ポケットwifiの取り扱い窓口がある、大手家電量販店は以下です。
 

店名 URL
ヤマダ電機 https://www.yamada-denkiweb.com/
ケーズデンキ https://www.ksdenki.com/shop/default.aspx/span>
コジマ電気 https://www.kojima.net/ec/top/CSfTop.jsp
ヨドバシカメラ https://www.yodobashi.com/
ビックカメラ https://www.biccamera.com/bc/main/

 

ご覧いただいた通り、メジャーな家電量販店には基本的にポケットwifi購入カウンターがあると思っていいでしょう。新宿・池袋・秋葉原など、都内の特に大きな店舗には、各プロバイダの社員が常駐している場所もあります。会社のロゴが大きく入った制服を着ていたり、会社ごとの名札をしているのが目印ですね。

 

ポケットwifi購入カウンターでは、各端末の使い方や、自宅・会社などのエリアが対応しているかどうかなど、直接説明を受けられます。ポケットwifiを持つことに不安がある方は、一度行って話を聞いてみてはいかがでしょうか。

電気屋でポケットwifiを買うには?

電気屋でポケットwifiを買うには?
まずは最寄りの大型家電量販店にあるポケットwifi購入カウンターに行ってみましょう。いずれの店舗も、ポケットwifi購入カウンターは携帯会社やパソコン売り場の近くにあることがほとんどです。すでにプロバイダを決めている方は、その会社のカウンターを探してみてくださいね。

カウンターには各社の社員がいます。そこで端末の使用感の確認や月額料金、エリア判定などの確認を行いましょう。併せて必ず確認したいのが、キャンペーン実施中か否かということ。「初期費用ゼロ」「キャッシュバック」などのキャンペーン中だと、数千円〜数万円オフになる可能性があります。忘れずに聞くようにしましょうね。

もし該当の端末の在庫がある場合、契約当日に持ち帰ることができます。面倒な初期設定もカウンターでやってもらえるので、「買ったらすぐに使いたい!」という方には便利です。

電気屋で契約する場合、必要な書類はある?

電気屋で契約する場合、必要な書類はある?
電気屋でポケットwifiを契約する場合、下記の書類が必要です。書類に抜けがあると契約ができず、別日にまた改めて店舗を訪れなければなりません。二度手間になってしまうので、忘れずに持参するようにしましょう。

  1. 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど顔写真付きが安心)
  2. 料金支払いのための銀行口座がわかるもの(通帳、カード)、クレジットカード
  3. 保護者同意書(未成年者の場合)

パソコンとポケットwifi、電気屋で同時に買うとお得になる?

パソコンとポケットwifi、電気屋で同時に買うとお得になる?
電気屋といえば、かなりの安く手に入れられるのではないかと想像を膨らませる方も多いかと思います。「新生活キャンペーン!生活家電がまとめて10万!」「パソコン下取りキャンペーン!」などのキャンペーンが多いことや、値引き交渉にも柔軟に対応してくれる店舗が多いことも手伝って、電気屋=リーズナブルなイメージが定着しつつあります。

ポケットwifiにも、電気屋ならではのキャンペーンを実施している会社はあります。たいていが、パソコンやスマホ、タブレットと同時購入することで初期費用無料 or 月額料金を割引するというもの。逆に、ポケットwifiの契約で、パソコン代金が割引になるというキャンペーンもあります。

パソコンなどの買い替えなどのタイミングに、せっかくだから一緒にと契約を考えている方もいるのでは無いでしょうか。何度も検討を重ねるのも面倒だから…と併せてポケットwifiを契約してしまう方も多そうです。果たしてそれは本当にお得なのでしょうか?

実はこんな落とし穴も…電気屋でポケットwifiを買うのはキケン!

実はこんな落とし穴も…電気屋でポケットwifiを買うのはキケン!
その答えはNO。実は電気屋でポケットwifiを購入するのは、そこまでお得ではない場合が多いのです。
電気屋では、ポケットwifiのもともとの料金設定を高く表示している場合がほとんどです。たとえキャンペーン中だったとしても、購入時に割り引いた分を月額料金に上乗せして請求するケースもあります。これでは本末転倒ですよね。お得に買ったつもりが、結果的に高くついてしまうのです。

「ポケットwifiを新規契約することで、パソコンを割引する」にも同じことが言えます。パソコン自体の価格を高く設定しているため、実際の支払額を計算すると、定価の商品を分割払いにしているのとなんら変わりありません。

これでは「安く買いたい!」という消費者心理を上手にくすぐっただけにすぎません。お得に買えたというのは単なる思い込みで、実際には比較的高い月額料金をずっと払い続けなくてはならないのは嫌ですよね。その上、「2年契約」などの制限があった場合は解約もできません。

さらに悪質なのが、”本日限り”の売り文句が多いということ。「今日パソコンの購入と一緒に契約をしてくれれば〜」「今日だけしかこの価格で提供できない」などと言葉をかけられた経験がある方も多いことと思います。焦ってついついその場で決めてしまいそうになった方もいることでしょう。これは他社と比較検討する時間を取らせない販売員の手口のため、一旦冷静になるために売り場を離れましょう。

結果として電気屋では契約せず、あくまでもポケットwifi端末の使用感の確認に止めておいたほうがいいかもしれませんね。

auなど携帯会社でポケットwifiをゲット!

auなど携帯会社でポケットwifiをゲット!
次にご紹介するのが、携帯会社でポケットwifiを購入する方法です。ポケットwifiをオススメする内容のメルマガを既存のユーザーに送っている携帯会社もあるため、皆さんはこれが最も身近でメジャーな方法だと思っているのではないでしょうか。スマホの新規契約時に店員からポケットwifiを勧められた方も多そうです。

auのwifiの値段!持ち運びと家でルーター仕様おすすめはどちら?ドコモなど他社と比較

現在、国内大手携帯会社・3社では、それぞれ下記の回線に対応したポケットwifiを取り扱っています。
 

携帯会社 回線 URL
docomo docomoの3G回線

4G-LTE

PREMIUM 4G

https://data.nttdocomo.co.jp/wifi_router/
au au LTE

WiMAX

https://www.au.com/mobile/product/data/
SoftBank SoftBank 4G LTE

SoftBank 4G

Massive MIMO

https://www.softbank.jp/mobile/products/data-com/601hw/

 

では、このポケットwifiを携帯会社で契約するためには、どのようにすればいいのでしょうか。その手順をご説明します。

携帯会社でポケットwifiを買うには?

携帯会社でポケットwifiを買うには?
携帯会社でポケットwifiを契約するためには、まず現在契約している携帯各社のショップに行ってみましょう。

電気屋内のカウンターや、3社の携帯をまとめて扱っているような携帯ショップなどではなく、必ず直営店(docomoショップ、auショップなど)を訪れるのが大切です。

ドコモのLTEポケットwifiの料金とレンタル。プレミアムプランは無制限?

なぜなら、電気屋内のカウンターなどは代理店として携帯を扱っていることがほとんど。代理店の店員のため商品や料金プランの知識が浅く、結果的にポケットwifi担当者を呼ばれ、「電気屋で買った」パターンと同じになってしまうのです。

直営店に着いたら、まずは店員にポケットwifiの契約を検討している旨を伝えましょう。現在使っている端末の契約内容等を確認した後に、あなたに最も合っている使い方やオススメのプラン、月額料金を安く抑える方法などを案内してくれるはずです。

携帯会社で契約する場合、必要な書類はある?

携帯会社で契約する場合、必要な書類はある?
携帯会社でポケットwifiを契約する場合も、電気屋で購入する場合と必要書類はほとんど同じです。

  1. 現在使っているスマホなどの端末(その携帯会社のもの)
  2. 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど顔写真付きが安心)
  3. 料金支払いのための銀行口座がわかるもの(通帳、カード)、クレジットカード
  4. 保護者同意書(未成年者の場合)

現在使っているスマホ等とポケットwifiの月額料金をまとめて支払う方は、「料金支払いのための銀行口座がわかるもの(通帳、カード)、クレジットカード」が不要な場合もあります。現在の口座・クレジットカードとは別のもので支払いたい場合は、必ず持って行ったほうが良さそうですね。

実はお得?スマホとの同時契約でお安く使える

実はお得?スマホとの同時契約でお安く使える
スマホと一緒に契約する場合、月額料金の割引キャンペーンを実施している会社もあります。

SoftBankは「Pocket WiFiセット割」を行っており、キャンペーン期間中に対象スマホと対象のポケットwifiを指定の料金サービスで利用することで、月額料金から1,008円引きになります。ただし、対象となるスマホが「iPhone3G/4Gのみ」のため、Androidユーザーは「Pocket WiFiセット割」の対象になりません。オススメできるのはiPhoneユーザーのみですね。

auではポケットwifi購入時に「auスマートバリュー」適用の料金プランに加入することで、毎月の基本使用料をプライスダウンすることができます。しかし、同時にauマガジンやauビデオパスなどの有料サービスへの加入も必須です。このサービスは初月無料のため、申し込んだ月は課金されません。店員からも「月額料金を割引するための条件なので、有料サービスは今月中に解約していただいて構いません」との案内はあるのですが、解約を忘れると翌月から月1000円以上も支払わなければなりません。フルに使いこなす方はいいかもしれませんが、使う予定が無い方は「払い損」になってしまうので注意したほうが良さそうですね。

一方でdocomoには割引キャンペーンがありません。ポケットwifiの月額料金が、純粋に携帯料金に加算され、請求されるようです。月間のデータ量無制限で使えるプランも無いため、高い上に速度制限も気にしなくてはなりません。これでは何のためにポケットwifiを契約したのかわからなくなってしまいそうです。

メリットもデメリットもどちらもある…

メリットもデメリットもどちらもある…
携帯会社でポケットwifiを契約するのは、メリットもデメリットもありそうです。

ポケットwifiもスマホも、もともとの機種代金が高いため、大幅な割引率でなければお得感は得られません。さらにSoftBankは「iPhoneのみ」、auは「有料サービスの加入必須」などさまざまな制約があります。割引サービスを最大限に利用したとしても、スマホの機種代金割賦や有料サービスの解約忘れなどで、結果的に割引率はごくわずかということになってしまいかねません。

docomoに関しては、割引キャンペーンそのものが無いため、料金面から見てdocomoでの契約はあまりオススメできませんね。

強いて言えば、下記が携帯会社で契約する場合のメリットでは無いでしょうか。

  1. 在庫にもよるが、契約した当日にポケットwifiを持ち帰れる
  2. 口座振替などの書類の記入が不要(現在のスマホとまとめて支払う場合)
  3. ポケットwifiの新規契約と併せて、既存のスマホの料金プランの見直しができる

これが一番オススメ!インターネットでポケットwifiをゲット!

これが一番オススメ!インターネットでポケットwifiをゲット!
「電気屋で契約する方法」「携帯会社で契約する方法」をご紹介してきましたが、一番オススメなのが、最後にご紹介する「インターネットで契約する方法」です。

今やAmazonや楽天などの通販サイトが当たり前に普及し、インターネットでモノを買うことに慣れている方が増えてきました。しかし、ポケットwifiはそのような商品とは異なり、毎月の月額料金を支払わねばならない有料サービスのため、インターネットで契約することに抵抗感がある方もいるかもしれません。

そのような方に向けて、安く、信頼性のあるプロバイダで契約する方法をご紹介します。正しい知識を得て、お得にポケットwifiをゲットしましょう!

インターネットでポケットwifiを買うには?

インターネットでポケットwifiを買うには?
インターネットでポケットwifiを買うのは、そう難しいことではありません。まず、2つの方法があります。

  1. 価格.comで買う方法
  2. プロバイダ公式から買う方法

選択肢はこの2つです。「いつもパソコンや家電を買う時は必ず比較検討する」という方からしてみれば、選択肢自体が少ないためそう難しいことではないと思います。では、どちらの方法がよりお安く手に入れられるのでしょうか?

価格.comだと高くつく…プロバイダから安く買おう!

価格.comだと高くつく…プロバイダから安く買おう!
「家電を買う際に必ず一度は見る!」という方も多い価格.com。売れ筋商品をチェックしたり、ユーザーの口コミにも信頼性があるためとても便利なサービスですね。ポケットwifiのページも、月額料金や初期費用、キャッシュバックなどについてわかりやすく書かれています。ランキング形式になっており、キャッシュバックが大きいほど上位にランクインされているようです。

キャンペーン情報もわかりやすく書かれているため、一見お得なのですが、冷静に計算をし直すとそう安くも無いことがわかります。「キャッシュバック優先」でランキングされているため、各社の最も安い料金プランはこのランキングにはあえて表示されていないのです。

これは、価格.comに掲載するために広告費がかかっており、広告費分を売り上げとして回収しなければならないためと考えられます。同じ理由から、価格.comに掲載しているプランのみ違約金を高めに設定しているプロバイダも多いです。なんらかの理由で解約しなければならなくなった場合が怖いですね…。

また、キャッシュバックキャンペーンにも落とし穴があります。新規契約後、キャッシュバックの申請を別途行う必要があるのです。しかも、該当期間を過ぎてしまうと、申請をしてもお金が帰ってきません。これを忘れてしまうともらえるはずだった数万円がゼロになってしまうので要注意です。

価格.comは比較にだけ使い、公式ホームページから契約を行うのが良さそうですね。キャッシュバックの申請も、公式からだとそこまで煩雑では無いケースが多いですよ。

ネット申し込みで簡単!ポケットwifiをラクに手に入れよう!

ネット申し込みで簡単!ポケットwifiをラクに手に入れよう!
では公式ホームページからの申し込みの流れを説明します。とてもシンプルなので、10分もあれば契約完了できそうです。

【申し込みに必要な書類】

  1. 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど顔写真付きが安心)
  2. 料金支払いのための銀行口座がわかるもの(通帳、カード)、クレジットカード
  3. 保護者同意書(未成年者の場合)

【申し込みの流れ】
端末や料金プランを決める

申し込み手続き(本人情報、支払い方法等を入力)

申し込み完了!

プロバイダで入力内容を確認後、不備がなければ端末を発送してくれます。プロバイダにもよりますが、最短で翌日受け取りも可能です。

支払い方法で口座振替を指定した方は、口座振替の申し込み書類送付が別途必要となりますので注意してくださいね。なるべく早くポケットwifiをゲットしたいという方は、クレジットカード払いにするのがオススメです。

即日発送もOK!ネットでもすぐにポケットwifiをゲットできる

即日発送もOK!ネットでもすぐにポケットwifiをゲットできる
より快適なインターネットライフを送るために契約を決めたポケットwifi。申し込んだらすぐに使い始めたいですよね。「安さも大事だけど、なるはやで手に入れたい…!」という方には、ポケットwifiを即日発送してくれるプロバイダに申し込むという選択肢もありますよ。

現在、下記のプロバイダが即日発送に対応しています。

  1. GMOとくとくBB
  2. Y!mobile
  3. UQ WiMAX

例えば「GMOとくとくBB」には、「平日15時30分、土日祝日14時までの申し込みで即日発送」などの制約があります。時間を過ぎた場合、翌日の発送になってしまうので時間には気をつけたいですね。申し込み前に必ず確認するようにしましょう。

最短2日での発送が可能なのが「BIGLOBE WiMAX2+」です。キャッシュバックキャンペーンも頻繁に実施しているプロバイダのため、時間に余裕があり、タイミング的にキャッシュバックの割引率が良い場合はこちらを選んでもいいかもしれませんね。

なんでこんなに安いの?ネット申し込みが一番お得なワケ

なんでこんなに安いの?ネット申し込みが一番お得なワケ
公式ホームページからの申し込みが最も安い理由は、広告費等のコストがかからないことが挙げられます。価格.comに紹介ページを設けるのも、Yahoo!等にバナーを貼るのにも広告費がかかります。電気屋など代理店を通じて商品を販売してもらう場合も、プロバイダは1契約につき数パーセントの代理販売手数料を代理店に支払う必要があるのです。

公式ホームページから直接申し込む場合は、こういったコストをかけずにユーザーを獲得できるというプロバイダ側のメリットがあります。そのため月額料金ダウン、初期費用無料、キャッシュバックなどの方法を用いて、直接還元できるのです。

公式ホームページから申し込みをする方は、「リサーチ能力に長け、比較検討をする」タイプが多い傾向があります。一般的な消費者よりもシビアな視点でモノを選ぶため、会社からしてみればなかなか獲得するのが難しいお客さんとも言えますね。そのため他社と比べて安い価格設定にすることで、競合を蹴り落とし、自社の商品を契約させたいという戦略もあるのでしょう。

これだけは気をつけて!ネット申し込みはリサーチが大事

これだけは気をつけて!ネット申し込みはリサーチが大事
前段でも述べましたが、ネット申し込みは「いかに情報を集めたか」が重要になります。キャンペーン期間を過ぎてしまったり、キャッシュバックの対象機種を選び間違えると、場合によっては数万円の違いが出てしまいます。ポケットwifiの使い勝手は同じなのに、無駄にお金を払うのは皆さん嫌ですよね。

なるべくたくさんの情報を集め、比較検討を行った上で申し込みましょう。

ネットで買うならWiMAX!

ネットで買うならWiMAX!
ここまで読んで「インターネットでポケットwifiをゲットする!」と決めた方に、ぜひオススメしたいプロバイダがあります。それはUQコミュニケーションズが提供している「WiMAX」です。青いガチャピン&ムックのCMが印象に残っている方も多いかもしれません。

ここではなぜWiMAXがオススメなのかをご説明したいと思います。

WiMAXをオススメする理由

WiMAXをオススメする理由
ポケットwifiが欲しい理由のひとつが、「速度制限を気にしたく無い」という方は多数派だと思います。動画視聴や画像のダウンロードにストレスを感じたく無いですよね。速度制限がかかるかも…と思うと、月末に近づくにつれて憂鬱になってしまいます。WiMAXを使えば、もうイライラする月末を過ごす必要はありません。

各社のスマホでは「月間7GB」ルールがありますが、WiMAXの「ギガ放題プラン」には月間データ上限がありません。通信量を気にすることなく、快適な高速データ通信を月末まで継続して使い続けることができるのです。「3日で10GB」という制限はあるものの、丸一日、高画質な動画を見続けるなど、かなり酷使しない限り超えることはありません。ポケットwifiの画面から現在のデータ量を確認できるので、チェックしつつ使えばさらに安心ですね。

WiMAXにはオプションでLTE回線を使えるというメリットも。WiMAX2+回線は速度も早く、快適に使うことができるのですが、障害物に弱いという弱点があります。地下などの閉鎖された空間では安定的な通信が行えない場合があるのです。そういった時に便利なのが、「障害物にも回り込んで通信を行う」という特性があるLTE回線です。auの回線を使用しているため、広範囲をカバーし、WiMAX2+回線が届かない場所でも問題なく使うことができます。ワンタッチで切り替えることができるのも手軽で良いですね。

都市部はほぼカバー!WiMAXの対応エリア

都市部はほぼカバー!WiMAXの対応エリア
「せっかく買ったのに電波が入らない…」といった事態に直面しないよう、契約前に必ず対応エリアかどうかチェックしておくことが大事です。WiMAX2+回線の対応エリアについては、UQコミュニケーションズの公式ホームページから確認しましょう。

「ピンポイントエリア判定」がラクにエリア確認できるのでオススメです。自宅・会社・学校など、自分がポケットwifiをよく使うであろう場所の住所を入力するだけで、簡単に使用可否を確認できます。判定結果は〇・△・×で表示されるので、一目でわかるのも良いですね。

地図上でエリア確認ができる「サービスエリアマップ」を見ると、対応エリアはピンク色で示されています。広域にして確認するとわかる通り、都市部であれば基本的には問題無いと思って良いでしょう。山間部や田舎は未対応エリアも多いため、不安な方は一度公式ホームページから問い合わせてみるのがいいかもしれません。

速度制限知らず!ずーっとサクサク使えるのがWiMAXの良いところ

速度制限知らず!ずーっとサクサク使えるのがWiMAXの良いところ
前述しましたが、WiMAXを使うならイチオシはギガ放題プランです。ほとんどのポケットwifiは月間データ量に上限がありますが、WiMAXだけは例外。速度制限を気にすることなく、好きなだけデータ通信をすることができるのです。特にこのような方にはオススメしたいですね。

  1. 毎月速度制限がかかっている人
  2. 今までデータ量を追加で買い足した経験がある人
  3. ポケモンGOなどのGPSを利用するアプリにハマっている人

毎月の通信量が多い方は、特に快適さを実感できるのではないでしょうか。
「3日で10GB」の速度制限についても、翌日18時から翌々日2時までの間です。丸1日、1週間と継続して速度が遅くなるわけではないので、そこまで大きな影響はないでしょう。

最新機種を無料でゲットできるのもWiMAXの利点

最新機種を無料でゲットできるのもWiMAXの利点
WiMAX回線を提供しているプロバイダは、「ぜひ自社で契約して欲しい!」という思いから様々なキャンペーンを実施しているところがほとんどです。これを利用しない手はありませんよね。

中でも代表的なのは、ポケットwifiの本体機種無料キャンペーン。今やほとんどのプロバイダで実施しているのでは無いでしょうか。普通に買うと4万円以上もする本体を無料でゲットできるのはかなりお得ですよ。

ポケットwifiは新機種の入れ替わりが激しいので、契約前に最新機種かどうか確認するようにしましょう。

キャッシュバックも!お得なキャンペーンを活用しよう!

キャッシュバックも!お得なキャンペーンを活用しよう!
次にメジャーなのは、キャッシュバックキャンペーンです。初期費用の一部が実際にキャッシュバックされたり、毎月の料金から数千円ずつ値引きをするケースが多いですね。キャッシュバックを上手に使ってお安くポケットwifiを持ちましょう!

例えば「GMOとくとくBB」は、最大39,500円キャッシュバックキャンペーンを実施しています。端末代金も無料、送料も無料です。契約機種、プランにはよりますが、これは大きいですね。

キャッシュバックの対象機種や対象プランが自分の使い方とマッチしているかどうかを必ず確認するようにしましょう。数万円のキャッシュバックがあったとしても、月々の料金が高ければ継続して使いにくいですよね。解約してしまうと違約金がかかるケースがほとんどなので、確認を怠らないよう注意してください。

auユーザーはWiMAX一択!割引を使ってさらにお得に!

auユーザーはWiMAX一択!割引を使ってさらにお得に!
あなたは今どこのスマホを使っていますか?auユーザーの方で、ポケットwifiを検討している方には、ぜひWiMAXをオススメしたいです。

先ほど、「携帯会社でポケットwifiをゲットする方法」でも説明しましたが、auユーザーがWiMAXを契約すると「auスマートバリュー」割引が適用されます。料金プランによって異なりますが、「auピタッとプラン」を例に挙げると毎月500円〜1,000円の割引があります。

実はauを通じてWiMAXを契約していない人にもお得な割引が適用される「auスマートバリューmine」というサービスがあるのです。提携しているWiMAXプロバイダでポケットwifiを契約すると、毎月の料金から最大1,000円引きになります。約30以上のプロバイダから選ぶことができるので、自分にぴったり合うプランがあるプロバイダや、キャッシュバックキャンペーン中のものから選ぶと良いでしょう。KDDIの回線を使っているWiMAXならではのサービスと言えますね。

WiMAXはここで買え!オススメプロバイダ4選

WiMAXはここで買え!オススメプロバイダ4選
インターネットでポケットwifiを契約する方法がわかったところで、オススメのプロバイダをご紹介します。皆さんもお得で快適にWiMAXを使いこなしましょう!

毎月2,726円!月額料金が安いBroadWiMAX

毎月2,726円!月額料金が安いBroadWiMAX
月額料金を抑えたい方はBroadWiMAXがオススメです。毎月2,726円からポケットwifiを持てます。さらに今なら18,857円割引キャンペーンを実施中のため、初期費用まで抑えられます。

他社とは違うBroadWiMAXの良いところは、「ご満足保証」が使えるところ。速度や通信などに不満がある場合、違約金ゼロで提携の他社インターネットサービスに乗り換えられるのです。通常、解約時は数万円の違約金がかかる場合が多いので、これならもしもの時も安心ですね。

キャッシュバック狙いならココ!GMOとくとくBB

キャッシュバック狙いならココ!GMOとくとくBB
最大39,500円のキャッシュバックが受けられるのがGMOとくとくBB。端末代金も無料のため、かなりお安くポケットwifiをゲットできます。

月額料金についても、3ヶ月目までは2,726円。他社は4,000円台が多いため、月額料金もかなりリーズナブルと言えるのではないでしょうか。

キャッシュバックの申請が煩雑なのが少し難点ですね。忘れてしまうと数万円が消えてしまうので、キャッシュバック狙いの方はくれぐれも気をつけてください。

ギガ放題にして2万円キャッシュバック!hi-hoWiMAX

ギガ放題にして2万円キャッシュバック!hi-hoWiMAX
hi-hoWiMAXはギガ放題プランに申し込み、3ヶ月使い続けることで2万円がキャッシュバックになります。さらに「hi-hoずっと割(W)」を適用することで、毎月の料金も4,300円→3,780円にプライスダウンします。しかもこの割引が半永久的に続くのです。

ただし、キャッシュバックを受け取るための手続き期間が2週間しかありません。絶対にキャッシュバックが欲しいという方は、必ずこの手続きを忘れないように注意してくださいね。

wifiとwimaxのギガ放題の評判。月額最安値と速度と価格の違いを比較

業界最安値!毎月1380円からポケットwifiが持てるカシモWiMAX

業界最安値!毎月1380円からポケットwifiが持てるカシモWiMAX
「キャッシュバックはいらない!その代わり、毎月の料金を安くしたい!」という方は、カシモWiMAXでポケットwifiを契約しましょう。月額料金はなんと業界最安値の1,380円!これはギガ放題プランも同様です。契約3ヶ月目から3,380円になるのですが、2年間契約した場合の他社の料金と比べてもかなりお安いですね。

ポケットwifiの機種は、もちろん最新のものを提供しているようです。下り速度が最大758Mbpsの高速通信にも対応している最新機種「Speed Wi-Fi NEXT W05」も1,380円〜使えるのです!

オススメ4社を徹底比較!あなたはどこのポケットwifiを選ぶ?

オススメ4社を徹底比較!あなたはどこのポケットwifiを選ぶ?
さて、ここまで読んだ中で気になったプロバイダはありましたか?要点を下記の表にまとめました。あなたがお得にポケットwifiをゲットするための検討材料にしていただけたらなと思います。

 

プロバイダ Broad WiMAX GMOとくとくBB hiho WiMAX カシモWiMAX
URL https://wimax-broad.jp/ https://gmobb.jp/ https://hi-ho.jp/course/hihomobile/wimax2/ https://www.ka-shimo.com/wimax
月額料金 0~2ヶ月目まで2,726円

3~24ヶ月目まで3,411円

25ヶ月目以降4,011円

0~2ヶ月目まで3,609円

3ヶ月目以降4,263円

3,780円

(「ずっと割」520円引を適用)

0~2ヶ月目まで1,380円

3~24ヶ月目まで3,380円

25ヶ月目以降4,079円

キャッシュバック なし 最大39,500円 最大20,000円 なし
端末代金 無料 無料 無料 無料
契約期間 3年 2年または3年 2年 2年

 

【ポケットwifiでキャシュバックが42100円】

以下で紹介しているポケットwifiのキャンペーンでキャシュバックが42100円

話題の置くだけwifiや最新端末が無料でもらえます。

なんと今月から最新機種のSpeed Wi-Fi NEXT WX05がもらえます。 wx05

以下の記事では今月限定のポケットwifiのキャンペーンを紹介しています。

無料で最新端末やキャシュバックを利用したい方は以下からどうぞ。

ポケットwifiキャンペーン。42100円以上のキャシュバックはこちら

以下の記事では無料で置くだけwifiがもらえる記事を紹介しています。

置くだけwifi

置くだけwifiが無料で欲しいならこちらを確認

wimax2プラスへ乗り換えたい方はこちら

ポケットwifiの口座振替はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です