ポケットwifiキャンペーン比較2018!キャッシュバック無制限など完全解説

ポケットwifiキャンペーン比較2018!ポケットwifiキャンペーン比較2018!キャッシュバック無制限など完全解説キャッシュバック無制限など完全解説

ポケットWi-Fiを契約したい!という人は多けれど、どれを選べば良いかよくわからないという人も多いはず。
そこで今回は、大手サービスが提供しているポケットWi-Fiを総比較したいと思います!
ぜひWi-Fi選びの参考にして見てください。

目次

ポケットwifiキャンペーン比較2018。キャシュバック無制限などお得なものを抜粋

キャッシュバックやキャンペーンはどんなものがある?

人気の高いポケットwifi主要6社を表にしてみました。

表も見るのも面倒な方に結論から先にご説明をさせて頂きます。

一番おすすめなのはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは月額料金をもっとも安く使用出来、wimax2プラスにも対応可能です。

最新の端末w05も無料でもらえます。

無制限データ量で使用する場合でも、最安値で使用する事が出来、電波ももっとも速いのが特徴です。

この記事を全部読むのが面倒…そんな方におすすめさせて頂きたいのはGMOのとくとくBBです。

キャシュバックも最大値42100円!

ポケットwifiを利用したいのであればとりあえずGMOとくとくBBに申し込んでおけば間違いありません。

なんと今月から最新機種のSpeed Wi-Fi NEXT WX05がもらえます。

wx05

GMOとくとくBBは以下からどうぞ。

GMOとくとくBB公式サイトはこちら【無料】

gmoとくとくbb

プロパイダ 容量 料金 ギガバイト料金 キャッシュバック 特典 その他キャンペーン
GMOとくとくBB 7GB 月額2170円~ 月額3609円~ 最大43,000円 端末代金無料
専用クレードル無料
月額料金の割引
カシモwimax ライトプラン7GB 2680円~ 3380円 なし 新古品(古いモデル) 初月送料無料
UQ WiMAX 7GB 3696円 4380円 他社Wimaxから乗り換えの場合違約金無料 AMAZONギフト券500円分プレゼント
BIGLOBE.hi-hoWiMAX ギガ放題 3780円 3780円 最大30,000円 ルーター実質無料 公衆無線LANサービスの無料利用
3wimax 7GB 2860円 3495円 最大30,000円 4年契約で最新端末の付与 月額料金の割引
Broad WiMAX 7GB 2726円 3411円 ウェブからの申し込みで初期費用18,857円割引

他社Wimaxから乗り換えの場合違約金無料

AMAZONギフト券500円分プレゼント

・キャッシュバックキャンペーンが充実しているのはBIGLOBEとGMOとくとくBB。高額なので契約期間内の総額が抑えられる

・Broad WiMAXとUQ WiMAXには契約期間内であっても他社プロパイダに移行する

・3wimaxはキャッシュバックが受け取れるプランが限られているが、月額料金の割引率が高い。

これからポケットwifiを契約するなら、2018年11月はポケットwifiを始める良いタイミングです!

なぜなら、ポケットwifi各社がお得なキャンペーンを打ち出しているので、高額キャッシュバックや最新端末無料などの良い条件でスタートできるからです。

外出先でもネットをガンガン楽しみたい方は、このタイミングでポケットwifiに加入しましょう。

ポケットwifiキャンペーンは、ネットからのプロバイダ経由で申し込むとお得なキャッシュバックや月額料金の割引が受けられます。

これからポケットwifiを契約するなら、キャンペーン内容が充実しているウェブ上のプロバイダ経由で申し込むことが基本です。

もちろん、ポケットwifiは家電量販店や携帯電話ショップでも申し込むことができます。

しかし、高額キャッシュバックや無制限は、プロバイダのキャンペーンが一番お得なのです。

家電量販店で契約してした時とプロバイダ経由でした時の金額を比較すると、総額5万円以上も差が付くことがあります。

結論から言って、2018年11月のポケットwifiキャンペーンで一番お得度が高いのは、GMOとくとくBBです!

▽とくとくBB WiMAX 2+キャンペーン

キャッシュバック 最大42,100円
端末代金 最新端末Speed Wi-Fi NEXT W05無料
月額料金 3,609円〜
契約期間 2年、3年
配送 全国送料無料で最短即日発送が可能

※即日発送の受付時間
平日:15時30分まで
土・日・祝日:14時まで

なんと、最大4,2000円のお得なキャッシュバック、そして最新端末Speed Wi-Fi NEXT W05を無料でもらえるのです。

他のプロバイダが実施しているキャンペーンと比較してもとくとくBB WiMAX 2+が最もお得です。

ポケットwifiはWiMAXが一番人気ですが、他にもソフトバンクなどいくつか種類があり、スマホと一緒に契約するとお得になるキャンペーンがあります。

ポケットWiFi 最高速度 容量 月額料金 キャンペーン
WiMAX(au) 440Mbps 3日10GB 3,411円~ ・最大31,000円キャッシュバック

・月額割引
・auユーザーは月1,000円割引

ソフトバンク 187.5Mbps 7GB 3,696円 ・スマホとセットで最大1,000円割引
Y!mobile 187.5Mbps 7GB 3,696円 ・アドバンスオプション6ヶ月無料
Yahoo!WiFi 112.5Mbps 7GB 2,480円 ・12ヶ月間500円割引

・Yahoo!プレミアム最大6カ月無料

NEXT mobile 187.5Mbps 12GB 2,760円 ・クレジットカード契約は5GBプラス

・口座振替契約は3GBプラス

BroadLTE 187.5Mbps 7GB 2,856円 初期費用18,857円無料
スマモバ 150Mbps 3日3GB 3,980円 事務手数料3,000円が無料
ワンピースモバイル 150Mbps 7GB 2,600円 ・6ヶ月間980円

・モバイルバッテリー無料

ソフトバンクスマホを使っている方はYahoo!WiFiとY!mobileの違いが気になると思いますが、Yahoo!WiFiはY!mobileの古い機種を低価格で提供しているサービスです。

そのため、古い端末(モバイルデバイス)になるので動画やサイトの速度が遅く性能が良いとは言えません。

無制限で使えるエリアも狭いのであまり快適なネット環境にはならないのです。

2018年11月現在、ポケットwifiのサービスはUQ WiMAX、ソフトバンク、Y!mobile、docomo、auが提供していますが、総合的にはUQ WiMAXがおすすめです。

UQ WiMAXはデータ容量、速度制限、月額料金、高速通信できるエリアの全てにおいて優れています。

WiMAXはプロバイダによって時期によってキャンペーン内容が変わるので、随時チェックしてお得なタイミングで契約しましょう。

ネットをたくさん使いたい方に一番おすすめなのはGMOとくとくBB WiMAX2+ですが、ライトユーザーは他にも選択肢があるので見ていきましょう。

WiMAX(au)のキャンペーン内容

WiMAX(au)のキャンペーン内容
WiMAXの回線元は、auと同じKDDI系列の会社「UQコミュニケーションズ」が提供しています。

WiMAXは、本家のUQ WiMAXだけでなく、プロバイダと呼ばれる代理店、大手の家電量販店auショップで申し込むことができます。

どこから契約しても、WiMAXの回線には変わりはありませんので、通信速度の違いや提供エリアは同じです。

しかし、契約する際の条件、キャンペーンの内容はプロバイダによって大きく変わるので、金額的な差は多いのです。

2018年11月現在、最もお得なWiMAXは「GMOとくとくBB」です。

▽GMOとくとくBB WiMAX2+

月間データ容量 通常:7GB
ギガ放題:3日間で10GB
月額料金 ▽キャッシュバックあり
通常:3,609円(1~24ヶ月目)
ギガ放題:4,263円(3~24ヶ月目)

▽キャッシュバックなし
通常:2,690円(3~24ヶ月目)
ギガ放題:3,344円(3~24ヶ月目)
端末機器 W05 / WX04 / W04 / L01s
端末機器代金 0円
契約事務手数料 3,000円
初月の料金 ▽キャッシュバックあり
通常(1ヶ月目)3,609円
※端末発送月は3,609円の日割料金

▽ギガ放題(1~2ヶ月目)3,609円
※端末発送月は3,609円の日割料金

▽キャッシュバックなし
通常(1~2ヶ月目)2,590円
※端末発送月は2,590円の日割料金

▽ギガ放題(1~2ヶ月目)2,590円
※端末発送月は2,590円の日割料金
特典 ▽キャッシュバック特典
・端末がW05の場合(最新端末)
2年:32,400円キャッシュバック
2年クレードルセット:29,700円キャッシュバック
LTEオプション無料プラン(3年):42,100円キャッシュバック
LTEオプション無料プラン(3年・クレードルセット):40,100円キャッシュバック

▽端末がWX04の場合
LTEオプション無料プラン(3年・クレードルセット):41,100円キャッシュバック

▽端末がW04の場合
2年:34,050円キャッシュバック
2年クレードルセット:30,900円キャッシュバック
LTEオプション無料プラン(3年):41,900円キャッシュバック
LTEオプション無料プラン(3年・クレードルセット):38,900円キャッシュバック

▽端末がSpeed Wi-Fi HOME L01sの場合
2年:32,400円キャッシュバック
LTEオプション無料プラン(3年):34,600円キャッシュバック

▽月額割引キャンペーン(キャッシュバックなし)
・ギガ放題
端末発送月:日割り
1~2ヶ月目:月額2,590円~
3~24ヶ月目:月額3,344円~

▽7GBプラン
端末発送月:日割り
1~2ヶ月目:月額2,590円~
3~24ヶ月目:月額2,690円~
auユーザー特典 auスマートバリュー mine
・auの料金から月額最大934円割引
・LTEオプション(1,005円/月)が無料
プロバイダ GMOインターネット

これから一番お得な条件でネット環境を整えたいと思っているならば、「GMOとくとくBB」のキャンペーンを利用することをおすすめします!

「GMOとくとくBB」のおすすめの理由はなんと言っても高額キャッシュバックと最新端末(ルーター)無料でもらえること。

契約期間3年を選ぶと42,100円のキャッシュバックをもらえるのが嬉しいですね。

家電量販店やauショップではこのようなお得なキャンペーンはないので、WiMAXを契約するなら高額キャッシュバックがあるプロバイダから申し込みましょう。

NEXT mobile(ネクストモバイル)は月に20GB以下で抑えればなんともお得。キャンペーン額が低いのがネック

NEXT mobile(ネクストモバイル)は月に20GB以下で抑えればなんともお得。キャンペーン額が低いのがネック
ネクストモバイルはソフトバンクの回線を利用したポケットwifiです。

メリットは自分が使うデータ量を20GB・30GB・50GBから選んで月額2,760円から利用できます。

あまりネットを使わない(20GB以上以下)ライトユーザーが低料金で楽しみたい方に最適なポケットwifiです。

▽NEXTmobileの月額料金

24カ月 25カ月目以降 3年利用した場合の合計
20GB 2,760円 3,695円 110,580円
30GB 3,490円 3,695円 128,100円
50GB 4,880円 5,815円 186,900円

NEXTmobileは2018年11月、公式サイトでは端末代FS030W17042円が無料になるキャンペーンをやっています。

あまりネットは使わず、総額を安く抑えたい方はルーターを無料でもらって始めるチャンスです!

NEXTmobileのキャンペーンは26ヶ月以内に解約すると、解約金が約30,000円かかり、キャンペーン額は少ないと言えます。

最短3カ月以内にキャシュバックが受け取れるhi-howimax

最短3カ月以内にキャシュバックが受け取れるhi-howimax
多くのWiMAXを取り扱うプロバイダーは契約してから11ヶ月後というケースがほとんどで、忘れてしまう方もいるのが現状です。

しかし、hi-ho WiMAXは最短3ヵ月後に申請できるので、もらい忘れることなくもらいやすいのがポイント!

最大手のwimaxの代理店。web申し込みで大幅値引きBroad WiMAX

最大手のwimaxの代理店。web申し込みで大幅値引きBroad WiMAX
wimaxの人気プロバイダBroad WiMAXは、ウェブから申し込むと初期費用18,857円割引されます。

さらに最新端末(ルーター)も無料でもえるのでお得なキャンペーンなのでおすすめ!

ソフトバンク

ソフトバンク
2018年11月現在、ソフトバンクのオンラインショップではPocket WiFi 601HWのポケットwifが販売されています。

ソフトバンクのポケットWiFiのプランはデータ量に合わせて2種類のプランがあります。

一つは、ソフトバンクスマホとデータ量を分け合う「スマ放題 Wi-Fiルータープラン」です。

もう一つは、スマホとポケットWiFiで合計5GBまでネットが使えるプランです。

スマホ代に月額1,900円をプラスするとポケットWiFiを持つことができます。

しかし、注意点としてはデータ量を増やすことはできないのでネットヘビーユーザーには向きません。

多くのデータ量を使うとスマホの月額料金が高くなってしまうので気をつける必要があります。

そこで、「ソフトバンクPocket WiFi 特別キャンペーン」としてデータし放題のポケットWiFiがあります。

「4G/LTEデータし放題フラット」「4Gデータし放題フラット+ 」と呼ばれ、端末によってプラン名が違いますが内容と月額料金はかわりません。

▽ソフトバンクPocket WiFi 特別キャンペーン

対象プラン 基本使用料 4Gデータ通信基本料
4G/LTEデータし放題フラット 3,696円 無料
4Gデータし放題フラット+ 3,696円 無料

しかし、このキャンペーンにも注意点があり、データ使い放題と言いながら、実際は月に7GBまでという制限があります。

もし月に7GBを超えてしまったら速度が128kbpsまでに制限されて、ほとんどネットを普通に見ることが出来ないほど遅くなってしまいます。

速度制限解除には1GBにつき1,000円の追加料金がかかるので、正直お得なキャンペーンとは言い難いのです。

ソフトバンクのスマホを使っているからという理由でソフトバンクのポケットwifiを選ぶのはよく考えてからのほうが良いでしょう。

Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile(ワイモバイル)
ワイモバイルはソフトバンクが提供しているポケットwifiサービスです。

ソフトバンクのスマホを使っている方はWiMAXと迷っているかもしれませんね。

ワイモバイルはポケットWiFiだけでなく格安SIMやスマホも提供しています。

まずは、ワイモバイルの最新プランを見ていきましょう。

▽ワイモバイルの最新料金プラン一覧(3年契約)

料金プラン 月間通信容量 ルーター機種 通信速度 月額利用料金
Pocket WiFiデータプランS 月間1GB Pocket WiFi 601ZT 下り最大速度112.5Mbps

上り最大速度37.5Mbps

1,980円
Pocket WiFiプラン2 ライト 月間5GB Pocket WiFi 601ZT、506HW 下り最大速度112.5Mbps

上り最大速度37.5Mbps

2,480円
Pocket WiFiプラン2 月間7GB Pocket WiFi 603HW502HW 下り最大速度612Mbps

上り最大速度37.5Mbps

3,696円
Pocket WiFiプラン2+アドバンスオプション 月間7GB
※アドバンスモードは無制限
Pocket WiFi 603HW502HW 下り最大速度612Mbps

上り最大速度37.5Mbps

4,380円

ワイモバイルは2018年11月に「音声SIMカードの申し込みで最大14,400円割引」のキャンペーンを行っています。

キャリアのスマホをSIMロック解除すれば、スマホ代なしでスマホプランS(3GB/月)9600円、M,Lプラン(9GB〜21GB/月)14,400円で購入可能です。

Yahoo!WiFi

Yahoo!WiFi
業界最安値級を謳っているYahoo! Wi-Fiは、ネット使い放題の603HWと月間5GBまで使える506HWの2つの機種(プラン)があります。

Yahoo!WiFiのメリットはお申し込み翌日からルーターが利用できること、そして対応エリアが広いことがあげられます。

▽Yahoo!WiFi料金プラン

Yahoo!WiFi 401HW 502HW
月額料金 2,480円 3,696円
2年総額 64,836円 10,146円
容量 7GB 7GB
契約期間 3年 3年

2018年11月現在、月額 2480円(税別) と安くみえますが、月額462円のYahoo!プレミアム会員に加入することが条件なのです。

そして契約期間は3年間と長いのもデメリットです。

メリットはYahoo!WiFiは、ソフトバンクのネットワークにも対応しているので、全国で繋がりやすいのがポイント。

Yahoo!Wi-Fiは月5GBで毎月の通信料が最大で2,480円まで安くなるキャンペーンを行っています。
(601ZTが対象)

BroadLTE

BroadLTE
Broad LTEは、ワイモバイル(Ymobile)の通信ネットワークを利用したポケットwifiです。

WiMAXプロバイダの1つであるBroad WiMAXを運営する業者でもあり、初期費用無料キャンペーンを行っていました。

しかし、2018年11月現在、Broad LTEは新規の契約・加入申し込みの受付を中断しています。

今すぐお得なキャンペーンを探している方は他の業者を選びましょう。

スマモバ

スマモバ
お得なキャンペーンを利用するならスマモバも外せません。

2018年11月現在、最大2万4,000円分のJCBギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中です。

キャンペーン内容は、新規・MNPで格安スマホとセットで契約すると、最大2万4,000円分のJCBギフトカードがもらえます。

ヘビーユーザー向けの高速データ通信が使える「ギガプレミアムプラン」もあるので要チェックです。

ワンピースモバイルはキャンペーンの適用条件が明確ではない

ワンピースモバイルはキャンペーンの適用条件が明確ではない
業界最安値の月額料金980円からポケットwifiが使えるワンピースモバイル。

公式サイトから、指定オプションとクレジットカード決済の申込みで、最大3万円のキャッシュバックキャンペーンがありましたが、終了しました。

業界最安値の月額料金980円のワンピースモバイルは適用条件や違約金の記載がないので、契約前に注意が必要です。

wimaxとワイモバイルの違い。キャンペーンではどちらを選んだ方が得?

wimaxとワイモバイルの違い。キャンペーンではどちらを選んだ方が得?
ここからは、wimaxとワイモバイルの違いをキャンペーンで比較して見ていきましょう。

WiMAX Y!mobile
月額料金 3609円 3696円
キャッシュバック 最大42,100円(2018年11月31日まで)
最大通信速度(下り) Wimax2+ 220Mbps
Wimax 13.3Mbps
最大 約110Mbps
速度制限 1ヶ月7GBまで
ギガ放題

(ギガ放題にしても3日10GBの制限はあり)

1ヶ月10GBまで
1日366MBまで
制限を解除するには従量課金(500MBで500円)

通信エリアはどちらも主要都市99%をカバーしています。

しかし、電波特性は、ワイマックスは屋内通信に弱めですがYmobileは強いので、室内でよく使う方はYmobile、外出先で使う方はワイマックスがおすすめです。

2018年11月に契約すべきポケットwifiキャンペーンはWiMAX!

2018年11月に契約すべきポケットwifiキャンペーンはWiMAX!
結論から言えば、ネットのヘビーユーザーの方、外出先でもサクサクネット環境を整えたい方は、迷わずワイマックスをおすすめします!

WiMAXプロバイダ別キャンペーン一覧

WiMAXプロバイダ別キャンペーン一覧
WiMAXプロバイダ別キャンペーン一覧を見ていきましょう。

プロバイダ キャンペーン内容 実質月額 実質総額
ネクストモバイル ・月額割引
・端末FS030W
・2年契約

・データ20GB制限

2760円 66240円
GMOとくとくBB ・キャッシュバック32400円

・端末W05、L01s
・2年契約

・データ使い放題

2858円 101004円
Yahoo!WiFi ・月額割引
・端末601ZT
・3年契約

・データ7GB制限

2942円 101004円
Biglobe ・キャッシュバック30000円
・端末WX03
・2年契約

・データ使い放題

3072円 103750円
So-net ・月額割引
・端末W05,WX04,L01s
・3年契約

・データ:使い放題

3380円 121680円
カシモwimax ・月額割引
・端末W05,L01S
・2年契約

・データ使い放題

3396円 81520円
@nifty ・キャッシュバック32500円
・端末W04,WX03,L01
・3年契約

・データ使い放題

3409円 155240円

ワイモバイルでおすすめのキャンペーンを徹底比較

ワイモバイルでおすすめのキャンペーンを徹底比較
あまりインターネットを使わないので、総額の料金を抑えたい方、ワイマックスは電波が悪くて合わなかったという方は、ワイモバイルの選択肢があります。

ここからは、2018年11月現在のワイモバイルのキャンペーン比較をみていきましょう。

▽「最大14,400円割引」キャンペーン

費用項目 スマホプラン(S)
(毎月400円割引)
スマホプラン(M)
(毎月600円割引)
スマホプラン(L)
(毎月600円割引)
月額料金 ▽1年目

1,980円→1,580円

▽2年目

2,980円→2,580円

▽1年目

2,980円→2,380円

▽2年目

3,980円→3,380円

▽1年目

4,980円→4,380円

▽2年目

5,980円→5,380円

割引額 9,600円 14,400円 14,400円

▽オンラインショップ限定「5,000円割引」キャンペーン

2018年9月20日からオンラインショップ限定「他社からのりかえで5,000円還元中!」のキャンペーンを実施中。

先程の「最大14,400円割引キャンペーン」との併用可能のキャンペーンです!

契約月以降の請求から5,000円を割引になるので初期費用が抑えられます。

室内やオフィス、家の中で使用出来るwifiのキャンペーンを比較

室内やオフィス、家の中で使用出来るwifiのキャンペーンを比較
室内だけでwifiを使いたいなら置くだけwifiが向いています。

光回線のように工事不要ですぐに使えるのが便利なポイント。

持ち歩けるタイプではなくホームルーターの置くだけwifiを比較しました。

▽置くだけwifiの比較

au HOMEL0s Softbank Air
使用回線 wimax2+    AXGP
月額料金 3,792円 3,767円
キャンペーン スマホ割引あり・キャンペーンなし スマホ割引あり・キャンペーンなし
解約料 9,500円

2年自動更新

9,500円

2年自動更新

2018年ポケットwifiキャンペーンの注意点

2018年ポケットwifiキャンペーンの注意点
ポケットwifiは各社が競ってお得なキャンペーンを打ち出していますが、よく見てから契約しないと、あまりお得にならないことがあります。

では早速、注意点を見ていきましょう。

タブレットやパソコンなどがもらえるキャンペーンはある?

タブレットやパソコンなどがもらえるキャンペーンはある?
2018年11月、タブレットをもらえるキャンペーンがあるのはBroad WiMAXだけです。

Huawei MediaPad T3 7もしくはASUS ZenPad7.0をもらえます。

しかし、Broad WiMAXは最大32,400円のキャッシュバックをもらったほうが断然お得です。

ヨドバシカメラやビッグカメラのキャンペーンはおすすめ出来ない

ヨドバシカメラやビッグカメラのキャンペーンはおすすめ出来ない
大手家電量販店でもワイマックスを申し込むことができますが、ネット上のプロバイダから申し込んだほうがお得なキャンペーンを利用できます。

ワイマックスを申し込むならヨドバシカメラやビッグカメラより代理店経由がおすすめ。

WiMAXのキャンペーン内容はプロバイダによって異なる

WiMAXのキャンペーン内容はプロバイダによって異なる
WiMAXは各プロバイダによってキャンペーンの内容が異なります。

プロバイダ キャンペーン 条件
GMOとくとくBB 最大42,100円キャッシュバック
1年後指定口座へ振込み
・1年間継続利用
・端末受取り後11ヶ月後、受取り口座を登録
Broad WiMAX 初期費用18,857円無料 ・WEB申し込み
・指定オプション加入必須
So-netモバイル キャッシュバックなし なし

キャッシュバックの金額はもちろんのこと、その受け取り方にも差があります。

多くの場合は、すぐ現金を受け取れず、契約してから約11ヵ月後に送られてくるメールに対応しなければなりません。

そのメールに振込先の銀行口座を知らせるのですが、忘れてしまうと受け取れなくなるので注意点が必要です。

ソフトバンクのキャンペーンがお得なのはスマホのデータ定額を利用者だけ

ソフトバンクのキャンペーンがお得なのはスマホのデータ定額を利用者だけ
ソフトバンクのポケットwifiキャンペーンは、毎月のスマホ代約1,000円の割引が適用されます。

しかしこれは、スマホでデータ定額30GBを選んだ場合だけ適用されるので、他のプランでは月500円だけしか割引になりませんので注意しましょう。

Y!mobileのキャンペーンはあまりお得度はない

Y!mobileのキャンペーンはあまりお得度はない
Y!mobileのキャンペーンはアドバンスオプションが6ヶ月無料になります。

アドバンスオプション6ヶ月分は約4,000円しかならないのであまりおトク感はありません。

そして、アドバンスモードのエリアの場合、圏外になる可能性もあるので注意してください。

Yahoo!WiFiのキャンペーンは月額462円のプレミアム会員加入条件あり

Yahoo!WiFiのキャンペーンは月額462円のプレミアム会員加入条件あり
Yahoo!WiFiのキャンペーンは、月462円のYahoo!プレミアム会員にならなければ適用されません。

2年間の平均月額料金をみると、キャンペーン後も料金はあまり変わりません。

ポケットWiFi ~12ヶ月目 13ヶ月目~ 2年間の平均月額
Yahoo!WiFi 2,442円 2,942円 2,662円
Y!mobile 2,480円 2,480円 2,480円

ポケットwifiキャンペーンのおすすめ端末はWiMAXW05とWX05

ポケットwifiキャンペーンのおすすめ端末はWiMAXW05
2018年11月現在の最もお得なプロバイダは、GMOとくとくBBのWiMAXですが、端末はどれがベストでしょうか?

最も高性能は最新機種の「W05」です!

また11月からはWX05が発売されます。

GMOとくとくBBは最新機種の「W05」を無料でもらえて2年契約できるのが最大のポイント!

2年契約できるプロバイダは他にはカシモWiMAXとhi-ho WiMAXだけです。

GMOとくとくBBは高額キャッシュバックがあるので、これからポケットwifiを持つならおすすめ!

ポケットwifiの口座振替。クレジットカードなしでも出来る

2018年11月の最強端末はWiMAXW05の理由

2018年11月の最強端末はWiMAXW05の理由

W04とWX03を実測速度やスペックで徹底比較

speed wi-finext w05 wimaxの口コミや評判は最悪?大調査

最新機種の「W05」は全モデル「WX04」よりも回線が安定していて、下り速度がサクサクです。

端末 特徴 キャンペーン特典
W05 ・下り最大708Mbps

・約6時間30分
(ハイパフォーマンス設定時)

キャッシュバック32,400円
2年契約可能
3年契約は42,100円
WX04 ・下り最大440Mbps

・約8時間10分
(ハイパフォーマンス設定時)

キャッシュバック41,100円
3年契約可能
クレードル無料
HOME L01s
(置くだけWiFi)
・下り最大440Mbps

・バッテリー駆動なし

キャッシュバック32,400円
3年契約は34,600円

HOME L01sは室内に据え置きタイプなので外出先では使うことができません。

W05は室内と外出先でも使えてバッテリーの持ちも良いので、キャンペーン中に無料でゲットしましょう。

基本からおさらい!ポケットWiFiってそもそもなに?

基本からおさらい!ポケットWi-Fiってそもそもなに?
広告や家電量販店などでよく見かけるポケットWi-Fiですが、そもそもどんなものなんでしょうか?
実はポケットWi-Fiは一般的な名詞ではなく、ワイモバイルの商標なのです。

ただ、この名称が広く浸透したためワイモバイルのものでなくてもポケットWi-Fiと呼ばれることが多いです。

ポケットWi-Fiは無線でインターネット接続ができるモバイルルータの総称で、有線接続せずに複数の端末でインターネット通信が使える手軽さから高い人気を博しています。

大手通信キャリアをはじめサービスが始まってからすでに何年も経っていますが、現在ではワイモバイルやWiMAXなどポケットWi-Fiサービスをメインに行う会社もあります。

使い方は人それぞれですが、ノマドワーカーが通信手段として使ったり、通勤通学の時間に動画を見るために使う人、自宅のネット環境のサブ的ポジションで利用する人、メインでポケットWi-Fiのみを利用する人など実にさまざまです。

Wi-Fiというからには通信速度が早いことが望まれますが、メインで使ったり、大きなデータをやりとりする人にとっては使用できるデータ量も大きな判断基準です。

ポケットWi-Fiには大きく分けてLTEとWiMAXの回線に分けられる

ポケットWi-Fiには大きく分けてLTEとWiMAXの回線に分けられる
さて、そんなポケットWi-Fiが利用している回線には大きく分けて2つあります。

1つはLTE回線と呼ばれるもの。
これはLong Term Evolution(ロングタームエボリューション)の頭文字から取られたもので、無線接続できる電波のことを言います。

これは携帯電話会社に割り当てられた電波を利用するというもので、詳しくは後述しますが接続が安定しているのが特徴です。

2つめはUQ WiMAXが提供している自社オリジナル回線です。
2009年にサービス開始直後に存在した「WiMAX」回線は、最大速度40Mbpsを実現できると当時画期的な存在として話題になりました。

今でこそ高速インターネット通信が当たり前なのでそんなに早く感じませんが、当時はまだガラケーが主流で最大速度10Mbpsの3G回線が使われていたのでそれでも早い回線でした。

とはいえ、スマホの登場や働き方の多様性によるリモートワークの充実でより高速通信ができる回線のニーズが高まっていました。

そんな状況の中で実際に使った人からは、WiMAXの回線は遅いという声が多く見られたのです。
その環境を打破すべく2013年からは自社オリジナルのネットワークのWiMAXをパワーアップした「WiMAX+2」です。

サービス開始直後は最大速度440Mbpsを実現し、これまでとは比べ物地ならないほどのスピード通信を可能にしました。

その後もバージョンアップを続け、2018年には最大速度(下り)758Mbpsまで出るようになりました。
もちろんこれは実験による最大値のため、よっぽど基地局が近くにあるとか電波を遮る電波が他にないという好条件でなければそれほど早い速度ではできません。

ただ、高い最大値が出せるほど高い技術を持っている、整備する会社の規模が大きいなどのアピールになります。

実際にWiMAXは全国各地にアンテナ基地局を設置しており、全国に対象エリアを広げています。

ソフトバンクやドコモなど大手キャリアでも使われているLTEとは?

ソフトバンクやドコモなど大手キャリアでも使われているLTEとは?
一口にLTE回線といっても会社によって割り当てられた周波数が異なります。

大手キャリアは通常複数の電波帯を総務者から割り当てられているものですが、LTEには高周波数と低周波数のものがあります。

ドコモとauは700MHz と800MHZで、ソフトバンクは700MHZと900 hzです。

でも、一般的に電波というものは高いヘルツ(周波数)の方が通信速度が早くデータ容量も大きいので伝わることも多いはず。

しかしその一方では、高周波電波は直進するために障害物に当たった時に跳ね返ってしまうという特性を持っています。

対して程周波の電波はうねうねとした曲線を描いているために、障害物があったとしても電波がはじかれずに届きやすいのです。

また、大手キャリアは資金力が豊富なのでアンテナ基地局もどんどん立てられるという特徴もあります。

そのため、山間部や地方などでも電波が届きやすく安定して通信を行いたい人に最適ですよ。

WiMAX回線は本当に使えるの?

WiMAX回線は本当に使えるの?
「障害物に弱い」「対応していないエリア」もあると聞くと、Wimaxの回線はつかえないと感じる人も多いかもしれません。

 

とはいえ、Wimaxはアンテナ基地局を続々と開設しているためエリア対象内であれば快適に利用することができます。

最新機種のSpeed Wi-Fi NEXT W05を利用して人の多いところで測った実測値でも30~100Mbpsの速度が出ていることがわかっています。

大体メールの送受信は1Mbps以下でも大丈夫。

ネットサーフィンを利用する場合は画像データが多くても、1-3Mbpsほど出ていれば快適にできます。

動画視聴をする場合は10-30Mbpsほどの速度があれば問題なくできますよ。

つまり混雑した街中でも30~100Mbpsの速度が出るWimaxはかなり便利にインターネットが利用できる使えるポケットWifiだといえるでしょう。

そのためスマホやタブレットでサクサクとインターネット通信を行いたいというライトユーザーから、ノマドワーカーのような日常的に外でネット接続する人など・・・あらゆるユーザーのニーズに対応できるのが大きな魅力です。

面倒な設定も必要なく、工事をする必要ないため手軽に利用したいという人にもおすすめ。

ノートパソコンで利用する場合は、LANケーブルで優先接続すれば無線Wifiで接続すればより高速で安定したネット環境が利用できるので忙しくてスピーディに環境を整えたいという場合にも◎!

回線の速度が重要

回線の速度が重要

キャリア 最大速度 エリアの広さ 料金 プラン 契約年数 制限時の通信速度 通信制限の基準
Y!mobile 最大612Mbps 全国対応(人口カバー率99%) 3,696円~ ・Pocket WiFiプラン2 ライト

・Pocket WiFiプラン2

 

 

3年間 128Kbps ・1ヶ月の使用量を超えた場合

・3日間で10GB以上使った場合

uqwimax 最大758Mbps 全国政令指定都市で99% 以上 3,696円~ ・ライトプラン

・ギガ放題プラン

2年/3年/4年 128Kbps(ライトプラン)

1Mbps(ギガ放題プラン)

・1ヶ月の使用量を超えた場合

・3日間で10GB以上使った場合

au 最大758Mbps 人口カバー率99% 3,696円~ ・ライトプラン

・ギガ放題プラン

3年 128Kbps(ライトプラン)

1Mbps(ギガ放題プラン)

・1ヶ月の使用量を超えた場合

・3日間で10GB以上使った場合

ソフトバンク 最大612Mbps 全国(離島含む) 3,696円 Pocket WiFi 特別キャンペーン 2年 128Kbps ・1ヶ月の使用量を超えた場合

・3日間で10GB以上使った場合

ドコモ 最大788Mbp 全国(離島含む) 4,300円~ ・基本プラン+データプラン+シェアパック等 2年 128Kbps 1ヶ月の使用量を超えた場合

回線によって料金は違うの?

回線によって料金は違うの?
WiMAXを利用する際、旧回線の「WiMAX」でも新回線の「WiMAX+2」を利用しても料金は変わりません。

ただWiMAXの旧回線の「WiMAX」は2018年内に終了予定です。

オリジナル回線のほかにも利用できる回線はあります。

詳しくは後述しますが、au LTE回線も利用することができます。プランによっては有料ですしあくまでもオプション利用なのでメインで使うのはあまりおすすめとはいえませんが・・・。

WiMAXには無制限プランがあるのが魅力!

WiMAXには無制限プランがあるのが魅力!
WiMAXにはポケットWifi用の料金プランとして、ライトプランとギガ放題プランの2つがあります。

「ギガ放題プラン」はその名のとおり、月額4,380円でデータ通信の上限のない使い放題のプランなんです。

スマホやタブレットを使っていると、ちょっと動画を見ただけですぐに通信制限にかかった・・・。なんて経験は誰しもあることですよね。

もちろんそのままデータを追加購入をすることもできますが、データ購入の相場は大体1GB1,000円ほど。

おなじ4,000円を支払っても4GBしか購入できないことを考えると、使い放題で利用できるギガ放題プランはかなりコスパが優れているんです。

 

WiMAXでもLTEの回線が使えるってほんと?LTEは電波の安定具合が人気なんです。

WiMAXでもLTEの回線が使えるってほんと?LTEは電波の安定具合が人気なんです
さきほども触れましたが、WiMAXではオプションとしてau 4G LTE通信が使えます。

4G LTEはauの持っている高速通信の回線を利用できるので、地下鉄や地下室など電波の届きにくい場所でも安定した電波が届くのが特徴です。

そのほかにも山間部や離島などに行ったときにau 4G LTEに切り替えると、よりつながりやすくなりますよ。

通常(2年契約)のプランだと、月額1,000円かかる有料オプションなのですが

  • UQ Flatツープラス ギガ放題(3年)
  • UQ Flatツープラス(3年)
  • UQ Flatツープラス(4年)

の3つのプランのいずれかを契約すると、無料でこのオプションが利用できます。

ただ、4G LTEの回線は1ヶ月7GBの制限があるのでその点は注意が必要です。

この上限を超えると、ギガ放題プランであっても128kbpsの低速制限がかかってしまうので使いすぎにはお気をつけてください。

通信エリアと電波の種類を比較

通信エリアを比較

キャリア 本州 沖縄など離島
Y!mobile
WiMAX
au
softbank
docomo

・Wimaxは都市部や平地での対応力が高いが、山間部や離島などはあまり対応していないところも多い

・大手キャリア3社(docomo/au/Softbank)は対応エリアはさすがに広いので、移動が多い人やWiMAXのエリア外に住む人には最適

・ドコモやソフトバンクはエリアが広く通信も早いが、料金プランが複雑で高いのでコスパ的にはあまりよくないかも。

WiMAXの料金をプロパイダ別に比較してみた!

WiMAXの料金をプロパイダ別に比較してみた!

プロパイダ スタート時の割引金額 24ヶ月以内の月額料金 25ヶ月以降の月額料金
UQ WiMAX 3,696円(2ヶ月) 4,380円 4,380円
GMOとくとくBB 3,609円(2ヶ月) 4,263円 4,263円
3wimax 1,970円(2ヶ月) 3,495円 3,995円
Broad WiMAX 2,726円(3ヶ月) 3,411円 4,011円
BIGLOBE 2,595円(2ヶ月) 3,880円 4,380円

・月額料金を抑えたいときには3wimaxかBroad WiMAXがおすすめ

・BIGLOBEやGMOとくとくBBはキャッシュバックキャンペーンが高額なので、総額を抑えたい人におすすめ

・契約途中で解約する可能性がある人は乗り換え実質無料のUQ WiMAXとBroad WiMAXがいいかも

LTE回線が使えるキャリアの料金が知りたい!

LTE回線が使えるキャリアの料金が知りたい!

キャリア プラン オプション等その他料金
Y!mobile ・Pocket WiFiプラン2 ライト(月額料金:2,480円)

・Pocket WiFiプラン2(月額料金:3,696円)

・Pocket WiFi 海外データ定額(月額料金:3,980円+1日90円)

・アドバンスオプション 684円
docomo ・基本プラン(980円or 2,900円)

+

・データパック

ウルトラデータLパック 20GB 6,000円

ウルトラデータLLパック 30GB

8,000円

他、シェアプランあり

料金プランによって多数あり
Softbank Pocket WiFi 特別キャンペーン 3,696円 料金プランによって多数あり

 

・ソフトバンクはキャンペーン中だが、1ヶ月の使用上限が7GBと決まっている。

・同じソフトバンクの回線を使っているY!mobileであれば使い放題にもできる

・ドコモはポケットワイファイとスマホでデータをシェアする独自のプランを採用している。複雑な面もあるが電波通信がしやすい。

LTEのモバイルルータにはキャンペーンはないの?

LTEのモバイルルータにはキャンペーンはないの?

キャリア名 キャンペーン内容
Y!mobile ・月額684円のアドバンスオプションが6ヶ月間無料で使える

・シニア割り

・公共料金等の併用サービスとあわせるとセット割引が試せる

スマモバ ・初期費用が無料

・家族紹介で割引と最大15,000円のキャッシュバック

・MNP(乗り換え)で最大24,000円分のギフトカードがもらえる

・本体0円キャンペーン

BroadLTE ・ウェブからの申し込みで初期費用18,857円が割引される(クレジット払いのみ)

・端末が無料

・月額料金の割り引き金額もあり

Yahoo!WiFi ・Yahoo!プレミアム会員なら月額料金が割引される

・ポイントがつく

・いろいろなお店で使える割引クーポン等がもらえる

海外でも使えるポケットWi-Fiは?

海外でも使えるポケットWi-Fiは?

会社名 対応エリア 料金
イモトのWiFi LTE対応エリア

韓国

中国

タイ

台湾

香港

インドネシア

シンガポール

アメリカ

イタリア

イギリス

ドイツ

フランス

オーストラリア

インド

 

料金プラン

680~1,580円/日

+

オプション料金

100~360円/日

その他

・受け取り手数料

500円

・キャンセル料金

2,100円

・延滞料金

2,000円

アロハデータ ハワイ 880円/日
U.S.データ アメリカ 880円/日

・ヨーロッパや主要都市へ行くときにグローバルに使えるのはイモトのWifi

・アロハデータやUSデータはエリアが限られているが、4GLTEの高速通信が使える。海外使用のため消費税もなし。

・アロハデータやUSデータは楽天ポイントをためることができる

 

au

au

料金 ・1日24MBまで 1980円/日

・上限なし 2,980円/日

申し込み 不要
速度制限 なし
対象エリア ・アジア

・北米

・中南米

・ヨーロッパ

・アフリカ

・オセアニア

などの地域で163カ国で利用可能

操作 LTE NETかLTE NET for DATAプランを契約する

docomo

docomo

料金 0~2980円/日 ※使用量による
申し込み 不要
速度制限 なし
対象エリア ・アジア

中国・香港・台湾・韓国 ・ブータン・マカオ

タイ・ベトナム・マレーシア・シンガポール・フィリピン

インド インドネシア
カンボジア
スリランカ
ネパール パキスタン
バングラデシュ 東ティモール

ブルネイ ・ミャンマー・ モンゴル
ラオス

・北米地域

アメリカ本土・ アラスカ・カナダ・グアム
サイパン・ハワイ

 

その他ヨーロッパ・中南米・アフリカ・オセアニア等全205カ国に対応

操作 データローミングをONにする

softbank

softbank

料金 1KBごとに2円、LTEローミングの場合は4円
申し込み 必要 世界対応ケータイを契約しておくべき
速度制限 なし
対象エリア ・アジア

・北米

・中南米

・ヨーロッパ

・アフリカ

・オセアニア

など100以上の国と地域で利用可能

操作 対応端末を契約時に申し込む

残念ですが、現在wimaxのポケットワイファイは海外では利用できません。wimax

残念ですが、現在wimaxのポケットワイファイは海外では利用できません
2015年にアメリカ向けサービスも終了しています。

ただ、モジュール内臓のパソコンであれば韓国でも使用可能なようです。

 

ワイモバイル

ワイモバイル

料金 90円/日
申し込み 必要
速度制限 なし
対象エリア ・アジア

・北米

・中南米

・ヨーロッパ

・アフリカ

・オセアニア

等uCloudlinkが契約している100以上の国・地域

操作 対応端末を契約時に申し込む

wimaxを使用する手順

wimaxを使用する手順
・申し込み

まずはウェブから利用したい端末と契約したいプランを選択して、申し込みましょう。

UQWIMAX公式からでも、各種プロパイダからでも利用できます。

大体申請してから2-3日で届くことが多いようです。

・設定を行う

無事に端末が届いたら、本体の設定を行いましょう。

このとき、キチンと内容物が入っているかも確認してください。

内容物に間違いがなければ、モバイルルータ端末にSIMカードをいれます。

このときの注意点としては、かならず電源を切った状態でSIMカードを入れるということ。電源を入れたままSIMカード挿入を行うと、不具合やエラーがでることもあります。

また、なるべくICチップの金属部分は素手で触らないように気をつけてください。指紋や油分が付着して読み込みがうまくいかなくなることも考えられます。

・電源を入れる

SIMカードの挿入まで無事に終わったら、モバイルルータの電源を入れてみましょう。

正常に作動していれば、もう使える状態となっているはず。

本体の画面にアンテナマークが表示されていれば、Wimaxのインターネット通信は可能ですよ。

スマホやタブレットでワイファイを有効にして接続しましょう。

初期設定のセキュリティコードが記載されているはずなので、それをパスワード欄に入力して認証を行えば完了です。

パソコン等で有線接続を利用する場合は、モバイルルータに付属されたケーブルで接続するとパソコン側で自動的にドライバがダウンロード開始します。

無事にパソコンにインストールが完了すれば、すぐにインターネット通信が可能ですよ。

・もしもうまくいかない場合

アンテナが立っていない・必要なものが入っていないなど人目でわかる異常があれば、すぐにサポートセンターへ連絡しましょう。

不良品の場合は代替品が送られてきますし、エリア外であった場合でも8日以内であれば返金されます。

一番多い人為的ミスはセキュリティパス(SSID)の入力ミスのようです。ランダムな英数字で面倒ですが確認しながら行いましょう。

まとめ

まとめ
2018年11月現在、ポケットwifiの最もお得なキャンペーンはワイマックスのプロバイダ「GMOとくとくBB」です。

毎月のデータ通信制限は無制限で電波も良く、快適にネットを楽しむことができます。

室内、外出先関係なく、ネット環境を快適にしたい方は、早めに「GMOとくとくBB」のキャンペーンを利用しましょう。

今なら最新機種W05も無料でもらえるので早めにチェックしてみてくださいね!

【ポケットwifiでキャシュバックが42100円】

以下で紹介しているポケットwifiのキャンペーンでキャシュバックが42100円

話題の置くだけwifiや最新端末が無料でもらえます。

なんと今月から最新機種のSpeed Wi-Fi NEXT WX05がもらえます。 wx05

以下の記事では今月限定のポケットwifiのキャンペーンを紹介しています。

無料で最新端末やキャシュバックを利用したい方は以下からどうぞ。

ポケットwifiキャンペーン。42100円以上のキャシュバックはこちら

以下の記事では無料で置くだけwifiがもらえる記事を紹介しています。

置くだけwifi

置くだけwifiが無料で欲しいならこちらを確認

wimax2プラスへ乗り換えたい方はこちら

ポケットwifiの口座振替はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です