ポケットwifiの月額の激安最安値料金

ポケットwifiの月額の激安最安値料金ポケットwifiがあれば、家でも外出先でもいつでもインターネットを楽しむことができます。

自宅にルーターが届いたら、工事不要ですぐにスマホやタブレット、パソコンからネット接続が可能になります。

どのポケットwifiも大々的に「使い放題!」と派手な広告を打ち出しているので、ネットを無制限で使えるイメージがあるかもしれません。

しかし、完全に無制限プランは存在せず、容量を使いすぎると速度が遅くなるので注意が必要です。

では実際に、一番良い条件のポケットwifiを最安値の月額料金で契約するにはどうすれば良いでしょうか?

ポケットwifiには「WiMAX」と「格安SIM」があり、多くの会社から出ていますので選ぶのに迷ってしまいまよね。

ポケットWi-Fiと格安SIMを併用し、セット利用の比較。差し替えすべき?

SIMフリーのモバイルルーターと格安SIMを比較!安くて併用に向いているのはコレ

そこで今回は、月額プランや速度、特典などをトータルして、一番お得に契約する方法をご紹介しましょう。

wifiとwimaxのギガ放題の評判。月額最安値と速度と価格の違いを比較

目次

結論!一番安いのはWIMAX

結論!一番安いのはWIMAX
結論から言えば、一番お得にポケットwifiを利用できるのはWIMAXです。

これからポケットwifiを契約しようと考えてる方は、まずはWIMAXを検討してみましょう。

WIMAXは月間データ通信量の制限がなく、最も安い料金で快適なネットライフが実現します。

ほとんどのポケットwifi「無制限プラン」は、 最近3日間以内に大量のデータ通信を行うと速度制限がかります。

そして、WIMAXも3日で10GB利用で1Mbpsに制限されるのですが、You Tubeの動画視聴も止まらずに視聴できるほどの速さなのです。

つまり、万が一速度制限に引っかかってもスマホの速度制限のように使い物にならないほど遅くはありません。

You Tubeの動画も高画質でなければ止まることなく普通に見ることができるので、ストレスなく使い続けることができます。

WiMAXは通信速度が速く、速度制限がかかっても無制限でネットや動画を使えるのが最大のメリット。

その他にも、WiMAXは2年間の総支払額が最も安くランニングコストも安いのが魅力です。

ネット経由で「GMOとくとくBB」からUQ WiMAXの最新機種「W05」を購入すると、最安値で最速のネット環境になります。

▼最安値はWIMAX

UQ WiMAX

「W05」

Y!mobile
「603HW」
docomo
「N-01J」
プラン名 ギガ放題 アドバンスオプション アドバンスオプション
月額料金

(キャッシュバック特典)

2,952円 4,380円 6,900円
データ容量 無制限 無制限    5GB
速度制限条件 3日で10GB利用で1Mbpsに制限

(動画視聴も可能な速さ)

3日で10GB利用で1Mbpsに制限

(動画視聴も可能な速さ)

5GB利用で128kbspに制限

(動画視聴はできない

遅さ)

契約期間 2年 2年 2年

▼月間通信量、速度制限の条件、制限時の通信速度の比較

UQ WiMAX Y!mobile docomo au
3日の制限 10GB 10GB なし 10GB
3日の速度制限 1Mbps

動画を普通に見られる速さ

18:00〜2:00

1Mbps

動画を普通に見られる速さ

18:00〜2:00

なし 1Mbps

動画を普通に見られる速さ

18:00〜2:00

月間制限 ▽通常プラン

7GB

▽ギガ放題

なし

▽通常プラン

7GB

▽ギガ放題

なし

契約量を超える ▽通常プラン

7GB

▽EXプラン

なし

月間速度制限 ▽通常プラン

128kbps

▽ギガ放題

なし

▽通常プラン

128kbps

▽ギガ放題

なし

128kbps

画像、動画は見られない遅さ

▽通常プラン

128kbps

▽EXプラン

なし

通信量プランの場合は、契約時に決められた月間データ容量(7GB)を超えると通信速度が128kbpsまで落ちてしまい、ネットも開けない程に遅くなります。

特にソフトバンクは「3日合計で1GB使うと128kbpsの速度制限」という非常に厳しいルールですので、ほとんどネットを使わない方向けとなっています。

最安値は?ポケットwifi全社の月額料金と通信量を比較

最安値は?ポケットwifi全社の月額料金と通信量を比較
ポケットWiFiを提供している会社はUQ WiMAX、Y!mobile、docomo、au、SoftBankの5社です。(2018年9月現在)

各社の月額料金、2年契約した場合の支払総額を比較してみましょう。

▼月額料金、2年契約した場合の支払総額の比較

UQ WiMAX Y!mobile docomo au SoftBank
月額料金 ▽通常プラン(7GB)

3,696円

▽無制限プラン

4,380円

▽通常プラン(7GB)

2.480円

▽無制限プラン

4,380円

▽通常プラン(5GB)

6,900円

▽通常プラン(7GB)

3,696円

▽無制限プラン

4,390円

▽通常プラン(7GB)

3,696円

2年間の総額 ▽通常プラン

56,616円

▽無制限プラン

71,004円

▽通常プラン

65,000円

▽無制限プラン

107,712円

▽通常プラン

175,500円

▽通常プラン

95,400円

▽無制限プラン

112,500円

▽通常プラン

95,400円

「UQ WiMAX」と「Y!mobile」の月額料金が安いことがわかり、2年間の総支払額は「UQ WiMAX」に軍配が上がります。

通常プランを2年契約した場合の月額料金の最安値は?プロバイダ別の比較

通常プランを2年契約した場合の月額料金の最安値は?プロバイダ別の比較
通常プランを2年契約した場合の月額料金の最安値をプロバイダ別にみていきましょう。

GMOとくとくBB 3WiMAX @nifty
通常プラン

2年間の総額

57,317円 75,070円
キャッシュバック 32,500円 0円 0円

GMOとくとくBBは、32,500円の高額なキャッシュバックがあるおかげで、2年間の総支払額が安く抑えられます。

キャッシュバックは自動的にもらえるのではなく、契約11ヶ月後にGMOから「口座情報登録メール」が送られてくるので、1ヶ月以内に銀行口座の登録を済ませる必要があります。

ギガ放題を2年契約した場合の月額料金の最安値は?

ギガ放題を2年契約した場合の月額料金の最安値は?
お得なギガ放題を2年契約した場合の月額料金の最安値はGMOとくとくBBです。

最近のプロバイダの傾向としては2年プランがなくなり3年契約の縛りが多くなっています。

2年契約が選べるうちは2年契約しておいたほうが良いです。

GMOとくとくBB 3WiMAX @nifty
ギガ放題

2年間の総額

70,850円 89,040円 101,691円
キャッシュバック 32,500円 0円 0円

通常プランを3年契約した場合の月額料金の最安値は?プロバイダ別の比較

通常プランを3年契約した場合の月額料金の最安値は?プロバイダ別の比較
通常プランを3年契約した場合の月額料金の最安値もGMOとくとくBBです。

キャッシュバックが大きいのでトータル支払総額が安くなる仕組みです。

GMOとくとくBB So-net @nifty
通常プラン

3年間の総額

57,317円 100,300円 97,879円
キャッシュバック 42,000 0円 0円

ギガ放題を3年契約した場合の月額料金の最安値は?


ギガ放題を3年契約した場合の月額料金の最安値も高額キャッシュバックがあるおかげでGMOとくとくBBとなります。

GMOとくとくBB So-net @nifty
ギガ放題プラン

3年間の総額

112,506円 121,300円 122,216円
キャッシュバック 42,000 0円 0円

ポケットwifiの月額料金の最安値WiMAX「GMOとくとくBB」

ポケットwifiの月額料金の最安値WiMAX「GMOとくとくBB」
ポケットwifiの月額料金の最安値はWiMAX「GMOとくとくBB」です。

「業者最安値!」を謳っている格安SIMと比べてもダントツWiMAX「GMOとくとくBB」が安いです。

▼実質月額料金の最安値はGMOとくとくBB

WiMAX

とくとくBB

格安SIM

U-mobile

格安SIM

ぷらら

プラン ギガ放題プラン LTE使い放題 定額無制限
月額料金 ▽月額料金

4,263円

(初月と2ヶ月目は3,609円)

▽実質月額料金

2.992円

▽月額料金

2,480円

▽実質月額料金

3,119円

▽月額料金

2,760円

▽実質月額料金

3,399円

キャッシュバック 34,000円 0円 0円
端末代金 0円 20,000円 20,000円
2年間の総支払額 71.809円 112.280円 122,360円

格安SIMの「ぷららモバイルLTE定額無制限」は下り通信速度が最大3Mbpsとかなり遅いのでおすすめできません。

WiMAXと格安SIMの月額料金だけを比較すると、格安SIMの方が半分くらい安いのですが、2年間の支払総額を比較するとWiMAXの方が安いのです。

WiMAXには高額キャッシュバックの特典があるので総支払額が安くなるのが嬉しいポイント。

WiMAX「GMOとくとくBB」の端末代は無料ですが、格安SIMの場合は、端末の購入が必要になり、初期費用もかかります。

月額料金だけでなく2年間の総支払額とキャッシュバックの特典も合わせて比較しましょう。

WiMAXの注意点とは、2年または3年の契約期間が定められているので、途中解約した場合は、違約金が発生します。

初めから短期間で使う目的ならば、違約金なしの格安SIMの方が向いています。

WiMAXは家電量販店ではなく代理店から契約すると激安になる

WiMAXは家電量販店ではなく代理店から契約すると激安になる
WiMAXは家電量販店ではなく、代理店からネットで契約するとお得なキャンペーンが適用されるので激安になります。

ポケットwifiキャンペーン比較2018!キャッシュバック無制限など完全解説

WiMAXは代理店の「GMOとくとくBB」からネットで申し込みをすると、回線元のUQ WiMAXよりも大幅に安くなるのでおすすめです。

販売代理店は、ネットからお得なキャッシュバックキャンペーンを実施しているので、総支払額が安くなるので人気があります。

「GMOとくとくBB」は店頭の人件費がかからず、UQ WiMAXからの販売奨励金が出ているので、お得なキャンペーンを実施できるのです。

ポケットwifiの最安値WiMAXは通常プランと無制限プランあり

ポケットwifiの最安値WiMAXは通常プランと無制限プランあり
ポケットwifiの最安値WiMAXは、通常プランと無制限プランがあります。それぞれの違いと特徴をみていきましょう。

通常プランの特徴

通常プランの特徴

  1. 3日10GB制限あり(直近の3日間の合計通信量)
  2. 月7GB制限(月の合計通信量)は翌月になるまで速度制限が続く
  3. 制限中の通信速度は超低速の128Kbpsなので非常に遅い

通常プラン(7GB)の2年間の総額費用の最安値はUQ WiMAXの販売代理店である「GMOとくとくBB」です。

▼料金比較

WiMAX

GMOとくとくBB

Y!mobile Yahoo! wifi
プラン 通常プラン pocket wifi プランSS データプランS
月額料金 3,609円

初月は無料

▽実質月額

2,359円

2,480円

▽実質月額

2,708円

2,942円

(ヤフープレミアム込み)

▽実質月額

2,902円

初回手数料 3,000円 3,000円 3,000円
契約期間 2年 3年 3年
キャッシュバック 33,000円
2年間の総支払額 56,616円 65,000円 69,633円

無制限プランの特徴

無制限プランの特徴

  1. 月間高速データ容量制限がなし
  2. 高速通信が利用可能
  3. 3日10GB制限はあるけど制限後の速度も動画が止まらず見られる
  4. WiMAXからWiMAX 2+への移行が進んでいる

無制限プランは、販売代理店の「GMOとくとくBB」から契約すると他社よりも3万円以上も安くなります。

▼料金比較

WiMAX

GMOとくとくBB

Y!mobile Yahoo! wifi
プラン ギガ放題 pocket wifi プラン2 データプラン2
月額料金 4,263円

初月は無料

▽実質月額

2,958円

3,696円

▽実質月額

4,488円

4,380円

(初月から6ヶ月間は3,696円)

▽実質月額

4,488円

初回手数料 3,000円 3,000円 3,000円
契約期間 2年 3年 3年
キャッシュバック 71,000円
2年間の総支払額 56,616円 107,700円 107,700円

ちなみにauのスマホを使っている方は「auスマートバリューmine」の割引を受けることができるのでさらにお得になります。

ポケットwifiはWiMAXがベストな理由

ポケットwifiはWiMAXがベストな理由
ポケットwifiはWiMAX「GMOとくとくBB」で契約すると最安値なのでお得だとお分かり頂けたかと思いますが、他にもいくつか理由があります。

ここらは、ポケットwifiはWiMAXがベストな理由をみていきましょう。

通信速度が速い

通信速度が速い
WiMAXの下り最大通信速度は440Mbpsとなっており通信速度が格安SIMの3倍以上早いのです。

例えば、U-mobile LTE使い放題は150Mbpsですがベストエフォート方式のため、実際に使うともっと遅くなることがあります。

「Yahoo!Wi-Fi」と「Y!mobile」の速度は決して速いとは言えず、WiMAXの方が2倍近く通信速度が速いのです。

WiMAXの回線元は、UQコミュニケーションズは下りとの上りのどちらの通信速度も安定しているのが特徴です。

▼通常プラン

WiMAX
GMOとくとくBB通常プラン
Y!mobile
Pocket Wi-Fi
プランSS
Yahoo!Wi-Fi
データプランS
最大通信速度 下り440Mbps

上り25Mbps

下り112.5Mbps

上り37.5Mbps

下り112.5Mbps

上り37.5Mbps

▼無制限プラン

WiMAX
GMOとくとくBB無制限プラン
Y!mobile
Pocket Wi-Fi
プラン2
Yahoo!Wi-Fi
データプラン2
最大通信速度 下り370Mbps

上り25Mbps

下り261Mbps

上り37.5Mbps

下り187.5Mbps

上り10Mbps

無制限プランには「直近3日間で10GB」の条件あるので、それを超えてしまうと速度制限が引っかかります。

「UQ WiMAX」と「au」の無制限プランは、通信速度が約1Mbpsに制限されますが、制限後も動画を止まらずに普通に見る事ができます。

「UQ WiMAX」と「au」は、制限を受けても快適に使い続けることができるので気にするほどではありません。

しかし、「Y!mobile」の場合は3日で3GBという厳しいルールがにもかかわらず制限後は128kbpsと超低速になるので、ネット閲覧もできなくなるほど遅くなります。

▼速度制限の比較

UQ WiMAX Y!mobile au
短期制限条件 3日で10GB 3日で3GB 3日で10GB
制限時速度 1Mbps

(18:00〜2:00まで)

128kbps 1Mbps

(18:00〜2:00まで)

通信エリアが広い

通信エリアが広い
以前は通信エリアはdocomoが一番広いと言われていましたが、最近はどの会社もエリア拡大をしているのでほとんど差はありません。

ポケットwifiを契約する前に、自宅や外出先のよくネットを使う場所が通信エリア内かどうか事前に確認しましょう。

▼WiMAXのサービスエリアエリアマップ
https://www.uqwimax.jp/area/wimax/

▼Yahoo!Wi-Fi 502HWのサービスエリア
https://www.ymobile.jp/area/select2.html?device_type=502hw

▼Yahoo!Wi-Fi 401HWのサービスエリア
https://www.ymobile.jp/area/select2.html?device_type=401hw

▼Y!mobileのサービスエリア
https://www.ymobile.jp/area/

▼スマモバ(docomo)のサービスエリア
https://www.nttdocomo.co.jp/support/area/

最新機種の端末W05に対応

最新機種の端末W05に対応
ポケットwifiは通信速度や通信エリアの他にもルーター(端末)の機能もチェックしましょう。

「Yahoo!Wi-Fi」や「Y!mobile」のように古い端末を提供している場合もあるので注意が必要です。

WiMAXの最新機種の端末「W05」は今現在の下り最大通信速度、上り最大通信速度が最速となっています。

WiMAXの最新機種の端末「W05」は新規プロバイダ契約すると無料でもらえることがあります。

ポケットWiFiを激安で契約する手順

ポケットWiFiを激安で契約する手順
ポケットWiFiを1番安く使えるWiMAXを契約する手順をみていきましょう。

①通信エリアを確認する

①通信エリアを確認する
どんなにWiMAXが優れていてもネットを使う場所が通信エリア外の場合は全く意味がありません。

自宅や職場、自分がネットを使う場所が通信エリア内かどうか以下のページで事前に調べておきましょう。

▼WiMAXの回線元「UQ WiMAX」のエリア確認ページ
https://www.uqwimax.jp/area/wimax/

②プロバイダは「GMOとくとくBB」を選ぶ

②プロバイダは「GMOとくとくBB」を選ぶ
WiMAXのプロバイダ選びは月額料金だけを見るのではなく、キャッシュバックを含めた実質月額料金を比べてください。

そして最新端末を無料でもらえて、3年ではなく2年契約で申し込める会社がベストです。

3年契約は解約するタイミングが3年に1回しかなく、ルーターを3年間も使っていると古くなって速度も落ちる可能性があります。

そのため、WiMAXは3年契約よりも2年契約の方がメリットです。

2018年9月現在、最安値のプロバイダは「GMOとくとくBB」!

③プランはギガ放題を選ぶ

③プランはギガ放題を選ぶ
「GMOとくとくBB」は通常プランとギガ放題プランがありますが、制限が緩いギガ放題をおすすめします。

通常プランで度制限がかかるとかなり遅くなるので、迷ったらギガ放題を選ぶと安心です。

▼2つのプランから選べる

通常プラン 月額料金 3,670円(税抜) 月間7GBを超えると128kbpsの速度制限
ギガ放題プラン 月額料金 4,350円(税抜) 月間データ容量の制限なし

④ルーターは最新機種のW05を選ぶ

④ルーターは最新機種のW05を選ぶ
2018年9月現在の最新機種は「W05」となっています。

下り速度が速いとウェブの閲覧が快適になり、上り速度が速いと写真や動画のデータのアップロードがスムーズになります。

「W05」の通信速度は下り最大速度558Mbps、LTE利用すると758Mbpsとなっており、現状最速です。

▼最新機種は「W05」

W05 W04 WX04 WX03
下り最大速度 558Mbps

(LTE使用時

708Mbps)

558Mbps

(LTE使用時

708Mbps)

440Mbps 440Mbps
上り最大速度 75Mbps 30Mbps 30Mbps 30Mbps

Yahoo!Wi-Fiとスマモバはおすすめではない理由

Yahoo!Wi-Fiとスマモバはおすすめではない理由
ここからは、Yahoo!Wi-Fiとスマモバはおすすめではない理由をみていきましょう。

Y!mobileとYahoo!Wi-Fiは月額料金は安いけど違約金は1番高い

Y!mobileとYahoo!Wi-Fiは月額料金は安いけど違約金は1番高い
Yahoo!Wi-FiはY!mobileから回線を提供されているサービスなので金額体制が似ています。

Y!mobileとYahoo!Wi-Fiは、月額料金は安くても契約解除料が飛び抜けて高いのです。

▼月額料金

WiMAX

GMOとくとくBB

Y!mobile Yahoo! wifi
プラン 通常プラン pocket wifi プランSS データプランS
月額料金 3,609円

初月は無料

▽実質月額

2,359円

2,480円

▽実質月額

2,708円

2,942円

(ヤフープレミアム込み)

▽実質月額

2,902円

Y!mobileとYahoo!Wi-Fiは、契約解除料が2つあり合計最大48,380円(税抜)も支払う必要があります。

▼Y!mobileとYahoo!Wi-Fiの違約金は2つあって高過ぎる

UQ WiMAX Yahoo wifi Yahoo mobile ドコモ au ソフトバンク
契約解除料 9,500〜

19,000円

9,500円 9,500円 9,500円 9,500円 9,500円
解約時のその他の費用 38,880〜

100,080円

1,0200〜

39,400円

Yahoo!Wi-FiはY!mobileは、37カ月目に解約しないと多額の契約解除料が発生するので要注意です。

Yahoo!Wi-Fiは3日間で約1GB以上の厳しい速度制限あり

Yahoo!Wi-Fiは3日間で約1GB以上の厳しい速度制限あり
Y!mobileはYahoo!Wi-Fiにも回線ネットワークを提供していますが、他社の通信に比べて通信速度の制御されやすいのです。

Y!mobileとYahoo!Wi-Fiの公式サイトには通信速度の制御については記載がありませんが、口コミを見ても速度制限されていることが明らかになっています。

スマモバは3日で3GBの使用で200kbpsの速度制限あり

スマモバは3日で3GBの使用で200kbpsの速度制限あり
docomoの回線を利用して使い放題を謳っているスマモバは、月額3980円(税抜)で利用できます。

使い放題と宣伝されていますが、「3日で3GBの使用で200kbpsの速度制限」という非常に厳しいルールとなっています。

200kbpsの速度制限がかかると、通信速度が遅く普通にネット閲覧もできなくなるので、使い放題とは言えないのです。

スマモバは2年以上前の端末しか選べないのせっかく広いエリアをカバーしていても遅くなることが予想されます。

スマモバはSIMの契約期間は2年なのに端末の支払い期間は3年になる

スマモバはSIMの契約期間は2年なのに端末の支払い期間は3年になる
スマモバはSIMの契約期間は2年なのに、端末の支払い期間は3年かかるので注意が必要です。

基本的にスマモバの機種は、Huawei Mobile WiFi E5377s-327とZTE MF98N、FS020Wから選ぶことになり、全て2年以上前の古い端末しか選べません。

docomoの高速LTEネットワークがあるのに、最大受信速度が150Mbpsと性能が低いので意味がなくなってしまいます。

そして、SIMの契約期間は2年ですが、端末の支払い期間は分割で3年支払いとなるので、36か月間も古い端末のために18,000円を支払い続けることになります。

まとめ

ポケットWiFiを最安値で一番お得な条件で契約するならば、ズバリWiMAX「GMOとくとくBB」の「ギガ放題プラン」です!

ネットから契約すれば最新機種「W05」をもらえて快適なネット環境を整えることができます。

多くの会社はユーザーを集めるために「業界最安値!」「使い放題」「無制限」と大々的に宣伝されていますが、2年間でかかる総支払総額をよく確認しましょう。

解約するときのルールもよく理解しなければやめるときに3万円以上の多額な違約金が発生することがあるので注意が必要です。

これからポケットWiFiを契約しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【ポケットwifiでキャシュバックが42100円】

以下で紹介しているポケットwifiのキャンペーンでキャシュバックが42100円

話題の置くだけwifiや最新端末が無料でもらえます。

なんと今月から最新機種のSpeed Wi-Fi NEXT WX05がもらえます。 wx05

以下の記事では今月限定のポケットwifiのキャンペーンを紹介しています。

無料で最新端末やキャシュバックを利用したい方は以下からどうぞ。

ポケットwifiキャンペーン。42100円以上のキャシュバックはこちら

以下の記事では無料で置くだけwifiがもらえる記事を紹介しています。

置くだけwifi

置くだけwifiが無料で欲しいならこちらを確認

wimax2プラスへ乗り換えたい方はこちら

ポケットwifiの口座振替はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です