WiMAX2プラス+の料金おすすめプランを比較。一番安いのはこれ!


多くのWiMAX契約は2年間ですので、ちょうど2年目になった月に解約できるタイミングがやってきます。

2年間の契約期間が近づいてきたら、そのまま使うか他社に乗り換えるか迷いますよね。

迷っているうちに1ヶ月か過ぎると、自動的にさらに2年間継続されるので、早めに決断する必要があるのです。

2年以内に解約すると違約金が発生するので、ちょうど2年のタイミングでもっといいサービスに乗り換えたい方も多いかと思います。

旧回線WiMAXを使っている方は、早めに新回線のWiMAX2+に切り替える必要があります。

そこで今回は、wimax2 プラスの乗り換えと買い替え、メリットとデメリットについてみていきます。

wimax2プラスの中でも一番キャッシュバック率の高いのはbiglobewimaxです。

biglobewimax2プラス

  • キャッシュバック30000円
  • 36カ月の値引き最大38750円
  • 8日以内なら契約解除ok

まずは無料で以下のwimax2プラスの公式サイトを確認してからこの記事を見ると記事の内容が分かりやすくなるのでご確認下さい。

WIMAX2プラス公式サイト(無料)

broadwimax2プラス

  • 最新端末無料
  • 他社回線への解約が無料
  • webからの申し込みなら18857円割引

broadwimax2プラスならなんと最新端末が無料でもらえちゃいます。

その上、回線の速度が遅いから他社に乗り換えたいなどデメリットを感じたらなんと解約が無料で出来るのです。

当サイトからの申し込みで18857円の値引き

broadwimax2プラス公式サイト【無料】

WiMAX2プラス+の料金おすすめプランを比較。一番安いのはこれ!

wimax2プラスの中でも一番キャッシュバック率の高いのはbiglobewimaxです。

biglobewimax2プラス

  • キャッシュバック30000円
  • 36カ月の値引き最大38750円
  • 8日以内なら契約解除ok

まずは無料で以下のwimax2プラスの公式サイトを確認してからこの記事を見ると記事の内容が分かりやすくなるのでご確認下さい。

WIMAX2プラス公式サイト(無料)

broadwimax2プラス

  • 最新端末無料
  • 他社回線への解約が無料
  • webからの申し込みなら18857円割引

broadwimax2プラスならなんと最新端末が無料でもらえちゃいます。

その上、回線の速度が遅いから他社に乗り換えたいなどデメリットを感じたらなんと解約が無料で出来るのです。

当サイトからの申し込みで18857円の値引き

broadwimax2プラス公式サイト【無料】

目次

WiMAX2プラス+最安で使うにはどうしたらいい?オススメプランをご紹介

WiMAX2プラス+最安で使うにはどうしたらいい?オススメプランをご紹介
「通信量を気にせず動画を見まくりたい!」「毎月末、速度制限がかかってしまうのが本当にストレス!」と感じている方が、悩んだ末に行き着くのがスマホのプラン変更かポケットwifiの契約では無いでしょうか。

より多くのデータ通信量に対応したプランに変更するのもいいですが、テザリングができない機種の場合はパソコン用に別途インターネット契約をする必要があります。また、テザリングできたとしてもスマホの充電が心配です。

そのような方にぜひオススメしたいのがポケットwifi。プランによっては、使い放題も可能なので通信料に悩まされることがありません。

ポケットwifiの購入を検討していると、必ずといっていいほど選択肢に入ってくるのがWimax2プラス+です。ポケットwifiの中でも、最もメジャーだといってもいいのでは無いでしょうか。

数多くのWiMAX提供社は、競うように様々なキャンペーンを実施しています。これを全て比較検討するのはなかなか大変ですね。本記事では、特にリーズナブルな提供社をひとめでわかるようにまとめています。

■本記事でご紹介する月額料金がお得な提供社

 

Wimax2プラス+ プラン名 提供社
通常プラン GMOとくとくBB
So-net WiMAX
BIGLOBE WiMAX
DTI Wimax2プラス+
3WiMAX
novas WiMAX
ギガ放題プラン GMOとくとくBB
So-net WiMAX
BIGLOBE WiMAX
novas WiMAX
nifty WiMAX
カシモ WiMAX

このような特にオススメの提供社を「月額料金」にポイントを絞って、ご説明していきますね。

そもそもWimax2プラス+って何?

そもそもWimax2プラス+って何?
まずWimax2プラス+について簡単にご説明します。
ポケットwifiのWimax2プラス+は、UQコミュニケーションズが提供している簡単な端末設定のみでデータ通信が行える通信端末サービスです。

WiMAXとの違いは、Wimax2プラス+のほうがより新しいということですね。Wimax2プラス+は2015年から提供スタートとなりました。現在、WiMAXを申し込む方は基本的に全員「Wimax2プラス+」回線を使うことになります。

プロバイダによっては「WiMAX」「Wimax2プラス+」いずれかの表記をしていますが、どちらも同じ回線を指しています。

Wimax2プラス+は早い!つながる!ポケットwifiを持つならWimax2プラス+一択!

Wimax2プラス+は早い!つながる!ポケットwifiを持つならWimax2プラス+一択!
「外出先でもパソコンでネット接続するためにポケットwifiが欲しい」と思いながらも、Wimax2プラス+の特徴がいまひとつピンときていない方に、その大きなメリットをご説明します。

Wimax2プラス+の大きな強みは下記の点です。

  1. 外出先でも使える
  2. 月額料金が安い
  3. 下り最大785Mbpsの高速通信に対応
  4. ギガ放題で使い放題も可能
  5. auユーザーならさらにお得
  6. エリア拡大中
  7. テザリングよりも使い勝手がいい

まずは速度について。最新機種「Speed Wi-Fi NEXT W05」は、下り最大758Mbpsに対応しています。同じくポケットwifiを提供している「Y!モバイル」が612Mbpsのため、これはトップクラスの速さといえるでしょう。

さらにWimax2プラス+は、プランによっては使い放題が可能です。データ通信量の上限や、速度制限を意識することなく、データ通信が行えるのです。SNS等では「Wimax2プラス+のポケットwifiを契約して、スマホのデータ通信プランを安いものに変更した」という口コミも多数見られます。結果的に別途契約したほうが安いケースも多いのです。

従来のデータ通信端末に抱かれていた、「高い」「つながりにくい」「遅い」といったイメージとは真逆ですね。

スマホとのセット割も!auユーザーには特にオススメなその理由とは

スマホとのセット割も!auユーザーには特にオススメなその理由とは
Wimax2プラス+の利用を検討している方のほとんどが、パソコンだけではなく、スマホ用にも使いたいと思っていることでしょう。

実はWimax2プラス+を特にauユーザーにオススメしたい理由があります。それはセット割引が使えるということ。「auスマートバリュー mine」という割引があり、月額料金から最大1000円オフになります。
対象のデータ定額サービスに加入しているスマホ or ガラケーとWimax2プラス+を併用するのが条件です。auユーザーの方は申し込み前に必ずチェックしたいポイントです。

田舎でもOK。対応エリアが広い&さらに拡大中!

田舎でもOK。対応エリアが広い&さらに拡大中!
前段で述べたauユーザーのみセット割引が受けられる理由についてご説明しましょう。
実はWimax2プラス+の回線はKDDIが整備したものなのです。Wimax2プラス+はauと同じ回線をデータ通信に用いているという経緯があるため、auユーザーのみお得に使うことができるのです。

このことでメリットがあるのは料金面だけではありません。auと同じ回線を使っているということは、エリアもauと同じということ。そのため、基本的にauのスマホが繋がる場所ではWimax2プラス+も問題なく繋がると思っていいでしょう。

都市部を中心に普及しているWimax2プラス+ですが、山間部や田舎の一部地域へも積極的にエリアを拡大中です。つながりにくいというポケットwifiのイメージが覆りますね。

キャッシュバックや月額料金割引などお得なキャンペーンを利用しよう!

キャッシュバックや月額料金割引などお得なキャンペーンを利用しよう
auユーザーのお得な割引について述べてきましたが、docomoやソフトバンク、格安スマホを使っている方もお得に使うことは可能です。

そのためにはキャッシュバック、月額料金割引などのキャンペーンを利用するのが大事です。Wimax2プラス+を提供している会社が多い分、価格競争が起きています。新規顧客を獲得するため、各社が競ってお得なキャンペーンを実施しているのです。

「新生活」「年末」「夏休み」などそのシーズンに合わせたキャンペーンを行う会社もあります。お得に使うためには、各社の料金をリサーチし、キャンペーンのタイミングを外さずに申し込むようにしましょう。

通常プラン&ギガ放題、自分にぴったりなプランはどっち?

通常プラン&ギガ放題、自分にぴったりなプランはどっち?
現在、Wimax2プラス+では大きく分けて「通常プラン」「ギガ放題プラン」という2種類のプランを提供しています。

「通常プラン」は、月間のデータ通信量に制限があります。最大速度でデータ通信を行えるのは、毎月7GBまで。それを超えてしまうと通信制限がかかってしまいます。

もう一つの「ギガ放題プラン」は、その名の通り使い放題OK。「3日で10GB」という上限ルールもあるのですが、超過しても翌日18時ー翌々日26時まで通信制限がかかるだけで、それ以降は今まで通りの速度でデータ通信を行うことが可能です。

それぞれのプランに向いている人の特徴をいくつか挙げてみました。

■通常プラン向きの人

  1. 毎月速度制限がかからない
  2. 長時間過ごす場所で無線LANにつないでいる
  3. リーズナブルにデータ通信をしたい

■ギガ放題向きの人

  1. 毎月速度制限に悩まされる
  2. スマホだけでなく毎日パソコンも使う
  3. 外出先でもデータ通信をしたい

あなたはどちらに当てはまりましたか?自分にぴったりのプランでWimax2プラス+を快適に利用しましょう。

Wimax2プラス+通常プランで使うならココの月額料金が安い!

Wimax2プラス+通常プランで使うならココの月額料金が安い
ここからはみなさんが最もきになる月額料金についてご紹介します。

まずは「通常プラン」について。「自宅で平日1、2時間パソコンでネットする」「Netflixで映画を見るのも日曜くらいかな」といった方であれば、通常プランにしたほうがお得に使えそうです。

提供社のなかでも、特に月額料金が安い順に挙げてみますね。
(※ 定められた契約期間(2年〜4年)の総額からキャッシュバックを引いた額で算出)

実質月額2348円!GMOとくとくBB

実質月額2348円!GMOとくとくBB
月額料金がダントツで安いのが「GMOとくとくBB」。最大44000円のキャッシュバックが受けられるのが大きいですね。その上最新機種(W05)を送料無料で即日発送してくれるサービスの良さもメリット大です。

GMOとくとくBB 通常プラン
初期費用 事務手数料3000円
キャッシュバック 最大40400円
月額料金 2348円〜

 

GMOとくとくBBでは、この他に別機種(L01s、WX04、WX03)の取り扱いもあります。機種や契約期間によって月額料金が変動するようです。

実質月額2604円!So-net WiMAX

実質月額2604円!So-net WiMAX
次にお得なのが、ソニーネットワークコミュニケーションが提供している「So-net WiMAX」です。こちらも最新機種W05がキャンペーンの対象に入っています。

So-netはプロバイダのため、プロバイダ料金もかかりますが、含んだ上で2604円はかなりお得なのではないでしょうか。

 

So-net WiMAX 通常プラン
初期費用 事務手数料3000円
キャッシュバック 最大30000円
月額料金 2604円〜

実質月額2875円!BIGLOBE WiMAX

実質月額2875円!BIGLOBE WiMAX
最もポケットwifi端末の選択肢が多いのが、BIGLOBE WiMAX。W05、WX04、WX04、WX03、L01、L01sのどれを選んでもOKです。

最新機種ではありませんが、W03を選んだ方は初期費用の3000円も無料になるキャンペーンを実施中です。(2018年9月現在)
特に機種にはこだわりがなく、安さ最優先の方には嬉しいですね。

 

BIGLOBE WiMAX 通常プラン
初期費用 事務手数料3000円
キャッシュバック 最大30000円
月額料金 2875円〜

実質月額2912円!DTI Wimax2プラス+!

実質月額2912円!DTI Wimax2プラス+!
DTI Wimax2プラス+は事務手数料が5000円と他社よりも少しお高め。端末もWX04と、最新ではありません。
IPv6のインターネット接続を無料で使えるのはメリットですね。

 

DTI Wimax2プラス+ 通常プラン
初期費用 事務手数料5000円
キャッシュバック 0円
月額料金 2912円〜

実質月額3142円!3WiMAX

実質月額3142円!3WiMAX
3WiMAXの大きなメリットが3ヶ月1970円で使えるということです。初期費用を抑えたい方には嬉しいですね。

しかし気をつけたいのが、契約期間が4年と他社よりも長いということです。地方への引越しや結婚など、4年以内に環境の変化があり、解約する可能性がある方にはあまりおすすめできません。契約途中での解約は高額な違約金が伴う場合もあるので気をつけたいですね。

3WiMAX 通常プラン
初期費用 事務手数料3000円
キャッシュバック 最大30000円
月額料金 3142円!〜

実質月額3209円!novasWiMAX

実質月額3209円!novasWiMAX
月額料金が3209円のnovas WiMAXはあまりオススメ度が高くありません。

その理由としては、キャッシュバックがない上に、機種も最新機種の一つ前のWX04であることが挙げられます。月額料金も長く使えば使うほど、高くなるシステムです。
契約期間2年を超えると、4380円にもなってしまいます。

novasWiMAX 通常プラン
初期費用 事務手数料3000円
キャッシュバック 0円
月額料金 3209円〜

通常プランにはこんなデメリットも…契約期間に要注意

通常プランにはこんなデメリットも…契約期間に要注意
「通常プラン」で申し込み際に気をつけたいのが契約期間です。

主に2、3年が主流ですが、長いものだと4年の契約期間を設けている場合があります。解約ができるのが更新月のみです。

提供社によっては、「通常プラン→ギガ放題プラン」への変更にも一時解約が必要なケースもあります。その場合は違約金の対象になってしまうのです。

通信制限が不安な方は、念のため最初から「ギガ放題プラン」に申し込んでおくのが賢い選択かもしれませんね。

Wimax2プラス+ギガ放題プランで使うならココの月額料金が安い!

Wimax2プラス+ギガ放題プランで使うならココの月額料金が安い
次に「ギガ放題プラン」の月額料金についてご紹介します。

「外出先でもパソコンで大容量のファイルを送受信する」「オンラインゲームが毎日の日課」といったハードユーザーにとっては、こちらのプランがオススメ&安心です。

みなさん「10日で3GB制限」を心配しているかもしれませんが、数時間動画を見続けてもなかなか超えることはありません。
また、ポケットwifiの端末には「現在のデータ使用量」を画面に表示できる機能が備わっています。速度制限を不安に感じている方は、画面をこまめにチェックしながら使うことで、速度制限にひっかかるのを事前に防ぐことができますよ。

実質月額2996円!GMOとくとくBB

実質月額2996円!GMOとくとくBB
通常プランでも最安だったGMOとくとくBBが、ギガ放題プランでも同じく最安です。

3年契約のプランには「LTEオプション」が無料でついています。LTEオプションはWimax2プラス+回線が繋がりにくい時にLTE回線につなぐことができるためとても便利です。
通常は別途1000円かかるのが、無料になるのはお得です。

LTEオプションを使わない方は2年契約プランという選択肢もありますが、その場合総額が10000円近く高くなる場合も。

 

GMOとくとくBB ギガ放題
初期費用 事務手数料3000円
キャッシュバック 最大40400円
月額料金 2996円〜

実質月額3198円!So-net WiMAX

実質月額3198円!So-net WiMAX
ギガ放題プランNo.2もSo-net WiMAXです。So-net WiMAXもLTEオプションが無料で付帯します。

もうひとつ大きな無料オプションが、12ヶ月間セキュリティソフト「カスペルスキー」が無料で使えるということです。通常であれば数千円かかってしまうウイルス対策ソフトが無料なのはかなり大きいのではないでしょうか。ビジネス利用される方には特にオススメしたいですね。

 

So-net WiMAX ギガ放題
初期費用 事務手数料3000円
キャッシュバック 最大30000円
月額料金 3198円〜

実質月額3512円!nifty WiMAX

実質月額3512円!nifty WiMAX
老舗プロバイダのniftyが提供しているnifty WiMAXもリーズナブル。

これは3年契約の場合の月額料金です。2年契約の場合だと、キャッシュバックの対象から外れてしまいます。30000円がゼロになるのは惜しいので、長期間使う予定があれば、3年で契約するのがベストですね。

 

nifty WiMAX ギガ放題
初期費用 事務手数料3000円
キャッシュバック 最大30000円
月額料金 3512円〜

実質月額3553円!BIGLOBE WiMAX

実質月額3553円!BIGLOBE WiMAX
こちらもなじみ深いプロバイダのBIGLOBE WiMAX。LTEオプションが無料でついてくるプランです。2年契約か3年契約か選ぶことが可能です。なんといっても最大30000円のキャッシュバックが大きな魅力ですね。

BIGLOBE WiMAXは、au スマートバリュー mineの対象になります。auユーザーはスマホの月額料金が1000円引きになるチャンスです。

 

BIGLOBE WiMAX ギガ放題
初期費用 事務手数料3000円
キャッシュバック 最大30000円
月額料金 3553円〜

実質月額3605円!カシモWiMAX!

実質月額3605円!カシモWiMAX!
カシモWiMAXは「業界一の安さ」が売りのWimax2プラス+提供社です。確かに、月額1380円〜契約できるプランもあり、一見最安に見えます。

しかし、月額1380円で利用できるのは「Triprouter」という機種のみ。こちらはUSB接続しなければ接続ができないタイプの機種です。パソコンのみの利用であれば気にならないかもしれませんが、スマホでも使いたい方にはオススメできませんね。

下記はWX04を選んだ場合の月額料金です。やはりキャッシュバックが無いため、「総合的に見て高いな」という印象を抱く方は多いのでは無いでしょうか。

 

カシモWiMAX ギガ放題
初期費用 事務手数料3000円
キャッシュバック 0円
月額料金 3605円〜

実質月額3716円!novasWiMAX

実質月額3716円!novasWiMAX
LTEオプションが無料で使えるnovasWiMAX。こちらもまた、キャッシュバックが0円のため全体的にお得感が薄めかもしれません。

しかし、現在、初期費用0円で契約できるキャンペーンを実施しています。通常は事務手数料3000円がかかるのですが、WX04を契約した人に限りこれが無料になります。

 

novasWiMAX ギガ放題
初期費用 事務手数料0円
キャッシュバック 0円
月額料金 3716円〜

通常プラン&ギガ放題プラン、月額料金を比較!あなたはどっち派?

通常プラン&ギガ放題プラン、月額料金を比較!あなたはどっち派?
どちらのプランにすればいいのかなかなか決められない方向けに、これまでご紹介した通常プラン&ギガ放題プランの月額料金を比較してみました。

 

通常プラン 月額料金 ギガ放題プラン 月額料金 キャッシュバック
GMOとくとくBB 2348円〜 2996円〜 最大40400円
So-net WiMAX 2604円〜 3198円〜 最大30000円
BIGLOBE WiMAX 2875円〜 3553円〜 最大30000円
DTI Wimax2プラス+ 2912円〜 0円
3WiMAX 3142円〜 最大30000円
novas WiMAX 3209円〜 3716円〜 0円
nifty WiMAX 3512円〜 最大30000円
カシモ WiMAX 3605円〜 0円

実際に表で比較してみると、novas WiMAXの場合は通常プランとギガ放題プランの差額が507円であることがわかります。ワンコイン上乗せすれば速度制限を気にすることなく使えるのです。他の提供社についても、〜1000円ほどでギガ放題にすることができます。

スマホだとデータ通信量1GBにつき1000円ほどなので、速度制限の度に追加購入している方はギガ放題にするべきと言ってもいいかもしれません。

また、特にリーズナブルな提供社に共通するのが高額キャッシュバックがあるということ。月額料金を1000円台に設定していたとしても、キャッシュバックがなければトータルで見た時に高くなってしまいます。

同じ機種、同じ使い勝手なのであれば、お得になるキャンペーンを利用しない手はないですね。

損してしまう可能性大!有料オプション解約忘れに要注意!

損してしまう可能性大!有料オプション解約忘れに要注意
月額料金がお得な提供社がわかったところで注意点もご説明します。

最もリーズナブルに使うためには、申し込み時に有料オプションの同時契約を必須としている会社もあります。例えば「動画オンデマンドサービス」「音楽配信サービス」「電子書籍読み放題」などが挙げられます。

同時契約しなければならない有料オプションは初月は無料で使えますが、2〜3ヶ月目から別途料金がかかってしまう場合がほとんどです。オプション1つにつき500円と考えても、それが3、4つあれば最低でも1500円上乗せで払わなければならないのです。

申し込み時に有料オプションについてもきちんと確認し、契約忘れのないよう気をつけましょう。

NOT違約金!契約期間もきちんと確認しましょう

NOT違約金!契約期間もきちんと確認しましょう
これは人によってはデメリットとなりうることですが、月額料金や初期費用がお得なものほど、解約時の違約金がかかってしまうケースが多いです。

多く提供社では、2、3年以上の契約を前提にお得なプランを提供していることがほとんどです。そのため、2、3年以内での解約には数万円の違約金がかかる場合があります。無料でポケットwifiを使っていた方は、機種代金を請求されるケースもあるのです。

ほとんどの提供社が、1年以内の解約に対して高額な違約金を設定しています。それは約20000円以上になることも。月額料金が数千円お得でも、早く解約すればするほど、逆に損してしまいます。お得に契約したはずが、高額な違約金を支払うことになったらまるで本末転倒です。

申し込み前に契約期間のルールについても必ず頭に入れておく必要がありますね。

お得に賢くWimax2プラス+を使いこなそう!

お得に賢くWimax2プラス+を使いこなそう
Wimax2プラス+の回線速度は端末によっても異なります。使用する環境(地下などの屋内、混雑した場所)に左右されることもありますが、基本的には最新機種であるほど高速通信が可能です。

月額料金やキャッシュバック等のキャンペーンだけでなく、対応機種についても見定めて、お得に賢くWimax2プラス+を使いこなしましょうね!

wimax2 プラスの乗り換えと買い替えどちらがお得?

wimax2 プラスの乗り換えと買い替え どちらがお得?
WiMAXの契約期間2年が終わろうとする頃に、そのまま使うか新しいプロバイダに乗り換えるか考えますよね。

基本的にWiMAXは、契約期間の2年のタイミングで乗り換えた方がキャンペーン適用されるのでお得になります。

WiMAXのプロバイダーを変更する方も格安SIMからWiMAXへ乗り換えする方もメリットが多いのです。

ただし、どちらにしても新しくプロバイダと契約するので、新規申し込みの手続きが必要になります。

ポケットWi-Fiの場合は、自宅にルーターが届けばすぐに使えるのがメリットですが、光回線は切り替える場合は、回線工事が必要になります。

WiMAX回線の解約を決めている方は、解約金なしで辞めるために、ピッタリ2年の更新月に解約するべきです。

WiMAXの解約金なしで解約できる期日は、契約月を1ヶ月とカウントしてから25ヶ月目または26ヶ月目の更新月のタイミングです。

更新月を1ヶ月でも過ぎてしまうと、さらに2年間自動継続されて、9,500円の解約金がかかりますので注意しましょう。

wimax2 プラスに乗り換えするメリット

wimax2 プラスに乗り換えするメリット
ここからは、WiMAX2プラスに乗り換えるメリットをみていきましょう。

新規キャンペーン適用になる

新規キャンペーン適用になる
新回線のWiMAX2プラスに乗り換えると多くの新規キャンペーンを適用されるのでお得です。

新規契約は乗り換え専用のキャンペーンがあり、高額キャッシュバック、端末を無料で提供してもらえたり、充実した特典を受けられるのです。

プロバイダーにより特典の内容は異なり、随時キャンペーン内容が変わりますので、どこが一番お得に乗り換えられるか検討しましょう。

更新月になるべく更新すべき

更新月になるべく更新すべき
WiMAXをお金を払わずに解約すると決めている方は、更新月に解約すれば、解約金がかかりません。

WiMAXを解約金なしでやめるには、2年間の契約期間が終わった契約更新月、25ヶ月目または26ヶ月目(プロバイダにより変わる)に解約する必要があります。

もし、25ヶ月目が過ぎてしまうと、さらに2年間の自動継続されるので、49ヶ月目までは9,500円の違約金が発生します。

そのため、2年で解約しない方はタイミングは非常に大切なので、更新月を見逃さないようにしてください。

自分でわからない方は、プロバイダに更新月を問い合わせてみることをおすすめします。

▼WiMAXの解約料

契約期間 解約金
1ヵ月目~12ヵ月目 19,000円
13ヵ月目~24ヵ月目 14,000円
25ヵ月目(更新月) 無料
26ヵ月目以降 9,500円

端末機種を変更できる

端末機種を変更できる
契約2年目を過ぎても引き続きWiMAX回線を使いたい方も、新しいプロバイダーに乗り換えるとルーター機器を最新機種に変更することができます。

例えば、Broad WiMAXとSo-netの場合は、契約更新時にコンパクトで高機能な最新のルーターに機種変更できます。

プロバイダが違約金を負担してくれる場合がある

プロバイダが違約金を負担してくれる場合がある
プロバイダーによっては、乗り換えにかかる古いプロバイダの違約金を負担してくれる会社があります。

他の回線に乗り換えるときに解約金なしで新プロバイダに契約できるので便利です。

現在のネット環境に満足していない方は、お得な乗り換えキャンペーンを利用しましょう。

wimax2 プラスに乗り換えするデメリット

wimax2 プラスに乗り換えするデメリット
WiMAX回線は安定した通信速度と使いやすさで人気がありますが、wimax2 プラスに乗り換えすると、いくつかデメリットもあるので確認しておきましょう。

月額料金が高くなることがある。wimax同士で乗り換えは注意

月額料金が高くなることがある。wimax同士で乗り換えは注意
WiMAX同士の乗り換えの場合は、プロバイダによって月額料金が高くなることもあります。

WiMAXの月額料金は数百円から千円程度の差だけですが、2年間の総支払額が大きな差となってしまいます。

WiMAX同士での乗り換えは、プラン内容をよく確かめてから契約しましょう。

回線が不安定になることがある

回線が不安定になることがある
wimax2 プラスに乗り換えすると、回線の種類により、前よりも回線が不安定になることがあります。

光回線の固定回線の方が回線は安定していると言えます。

しかし、モバイルwifiの場合は、回線の種類により速度が遅くなったり接続が不安定になることもあるのです。

同じWiMAXであれば、どのプロバイダーでも通信環境は変わりません。

他の回線からWiMAXに乗り換える方、その逆の方は回線が不安定になる可能性はあります。

回線の繋がりやすさは使用するエリアや場所により変わるので、新しく契約する回線がエリア内かどうかを事前に確認しましょう。

新しいプロバイダの手続きに手間がかかる

新しいプロバイダの手続きに手間がかかる
同じWiMAXでの乗り換え、他の回線からWiMAXへ乗り換える場合も新規の契約となります。

同じWiMAXでもプロバイダが変われば申し込み手続きが必要です。

新しく申込書に記入したりプランを選んだりする手間がかかるのはデメリットと言えます。

WiMAXから光回線に乗り換える場合は、工事の予約と工事費用2〜3万円かかります。

WiMAXは乗り換えには多くのメリットがある代わりに契約する手間がかかってしまうのです。

回線の種類

回線の種類
WiMAX回線はどのプロバイダもWiMAXとWiMAX2+の2種類あります。

現在は「WiMAX」から「WiMAX2+」への切り替えが行われているので、新規契約される方は、ほとんど「WiMAX2+」の申し込みとなります。

▼回線の種類

WiMAX WiMAX 2+
特徴 旧回線

回線の速度が遅い

新回線

回線の速度が速い

どのように進化したかと言うと、「WiMAX」は下り最大13.3Mbps でしたが、「WiMAX2+」は下り最大220Mbpsにパワーアップしています。

一部の地域では下り最大440Mbpsという高速回線もあるので、かなり快適な速さで動画やサイトを閲覧することができます。

「WiMAX2+」は対応エリアの狭さが課題でしたが、今では改善されて広さもカバーされています。

WiMAX2+プラスに乗り換えるならギガ放題プランがおすすめ


WiMAX2+プラスには「ギガ放題」と「通常プラン」があります。

ギガ放題 通常プラン
特徴 月額の通信量制限なし

3日で10GBの通信制限はあり

月額料金は高め

月間7GBの通信量制限あり

月額料金が安め

ギガ放題は毎月の通信量制限がないのがメリットですが、3日間で10GB以上を使うと一時的に通信速度が制限されるルールがあります。

通常プランは月間7GBの通信量制限があるので動画をたくさん見る方やネットを多く使いたい方は、ギガ放題の方が向いています。

「WiMAX2+」の「ギガ放題プラン」を選べば「WiMAX」と比べて通信速度が速くなり、より快適なネットライフが実現します。

プロバイダ別のWiMAX2+「ギガ放題プラン」の料金を比較

プロバイダ別のWiMAX2+「ギガ放題プラン」の料金を比較
「WiMAX2+」の「ギガ放題プラン」が一番お得なことがわかりましたが、プロバイダ別に月額料金を比較してみましょう。

同じ「WiMAX2+」の「ギガ放題」なのでサービス内容は同じで、月額料金は数百円の差しかありません。

▼「WiMAX2+ ギガ放題プラン」のプロバイダ別月額料金

とくとくBB

ギガ放題

Broad WiMAX So-net

ギガ放題

UQ WiMAX

ギガ放題

BIGLOBE ギガ放題 @nifty

ギガ放題

月額料金 3,353円 3,411円

(初月と2ヶ月目は

2,726円)

3,480円

(初月から2ヵ月目は1,480円)

4,380円

(初月から3ヵ月間は3,696円)

4,380円

(初月から2ヶ月目は3,695円)

4,350円

(初月から3ヵ月目は0円)

25ヶ月目に他のプロバイダーへ乗り換えを検討されている方は、総支払額が安い「Broad WiMAX|ギガ放題」がおすすめ。

初めて「WiMAX2+」を契約される方はキャッシュバックがある「とくとくBB ギガ放題」を選び、25ヶ月目のタイミングに「Broad WiMAX|ギガ放題」を選ぶと良いです。

旧回線WiMAXからWiMAX2に乗り換える方法

旧回線WiMAXからWiMAX2に乗り換える方法
旧WiMAXからWiMAX2+へ乗り換えたい方にやり方をご紹介します。

新回線のWiMAX2に変えると、下り最大13.3Mbpsから下り最大558Mbpsへ通信速度がアップするので、ネット環境が良くなります。

契約先プロバイダの公式サイト内または店頭から申し込む

契約先プロバイダの公式サイト内または店頭から申し込む
WiMAXプロバイダによっては、お得なキャンペーンを用意しています。

例えば、旧WiMAXの契約解除料が無料になり、WiMAX2+の端末代金も無料で提供しています。

契約事務手数料の3,000円だけで旧WiMAXから新WiMAX2+に乗り換えることができるのでお得です。

現在契約しているプロバイダをそのまま継続してWiMAX2+へ移行する場合は、月額料金も引き継がれます。

契約先プロバイダの公式サイト内または店頭から申し込むことができます。

旧WiMAXからWiMAX2+へ乗り換えするメリット

旧WiMAXからWiMAX2+へ乗り換えするメリット
旧WiMAXは新規受付を終了しているので、今後はサービスが停止されます。

予定では平成30年4月までには旧WiMAXで利用している周波数帯がWiMAX2+へ完全移行されます。

WiMAX2+は高速通信でネット通信が行えるので今現在旧WiMAXをお使いの方は、早めに切り替えましょう。

通信速度が速くなりエリアが広くなる

通信速度が速くなりエリアが広くなる
WiMAX2+は、下り最大558Mbpsまで高速化されて通信速度が一段と速くなりパワーアップしています。

WiMAX2+は対応エリアに問題がありましたが、2017年2月には30,000ヶ所以上になり、今は旧WiMAXよりも広い範囲をカバーしています。

WiMAX2+の基地局は今後も増え続けていくので最高のネット環境に整えることができるのです。

新しいルーターをもらえる

新しいルーターをもらえる
旧WiMAXからWiMAX2+へ乗り換えると、旧WiMAXで使っていた古いルーターから最新の機種に無料で変更することができます。

最新のルーターは速度も速く軽量で使いやすいのも嬉しいメリットです。

auスマホとW併用するとさらに安くなる

auスマホとW併用するとさらに安くなる
auスマホを使っている方はauスマートバリューmineに加入すると、WiMAX2+との併用でauの月額料金が最大1,000円安くなります。

そして、有料オプションのハイスピードプラスエリアモード(月額料金1,005円)が無料になるのも嬉しいメリット。

auユーザーであればWiMAX2+に切り替えるとスマホの通信費を抑えることができるのが良いですね。

WiMAXプロバイダによってはauスマートバリューmineのサービス非対応の会社もあるので事前に確認しておくと良いですね。

まとめ

まとめ
WiMAX回線を乗り換えると新規キャンペーンのお得なキャッシュバック、最新の端末を無料でもらえるなどのメリットがあります。

2年契約が終わる更新月に解約すれば、解約金がかからずに止めることができます。

プロバイダによっては違約金を支払ってくれる場合もあるのでお得ですね。

WiMAX回線を乗り換える際のデメリットとしては乗り換える際に新規契約の手続きが必要なので手間がかかることです。

他にも、エリアや場所によって回線の安定性が下がる場合があるので注意が必要です。

月額料金も前よりも高くなることもあるので、2年間の総支払額と解約金を確認しておきましょう。

wimax2 プラスの乗り換えにおすすめなプロバイダは「とくとくBB」と「Broad WiMAX」です。

ぜひ、 WiMAX回線の乗り換えの際に参考にしてみてください。

【ポケットwifiでキャシュバックが42100円】

以下で紹介しているポケットwifiのキャンペーンでキャシュバックが42100円

話題の置くだけwifiや最新端末が無料でもらえます。

なんと今月から最新機種のSpeed Wi-Fi NEXT WX05がもらえます。 wx05

以下の記事では今月限定のポケットwifiのキャンペーンを紹介しています。

無料で最新端末やキャシュバックを利用したい方は以下からどうぞ。

ポケットwifiキャンペーン。42100円以上のキャシュバックはこちら

以下の記事では無料で置くだけwifiがもらえる記事を紹介しています。

置くだけwifi

置くだけwifiが無料で欲しいならこちらを確認

wimax2プラスへ乗り換えたい方はこちら

ポケットwifiの口座振替はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です