biglobewimaxビックロ―ブワイマックスの評判とキャンペーン

biglobewimaxビックロ―ブワイマックスの評判とキャンペーン

目次

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスの評判とキャンペーンについて徹底解説

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスの評判とキャンペーンについて徹底解説

プロバイダの老舗・biglobeが提供しているbiglobewimax2+。ブルーのロゴが印象的です。ポケットwifiの検討中に、比較サイトや広告で見かけたという人も多数いるかもしれませんね。

biglobewimax2+は、biglobeが提供しているデータ通信端末サービスです。外出先でも使えるポケットwifi4種類と、自宅で使う置くだけwifi1種類を取り扱っています。

今回は、biglobewimax2+の契約を検討中のあなたのために、評判とキャンペーンについて余すことなくご説明したいと思います!

biglobeのキャンペーンがチェック出来る公式サイトは以下からどうぞ。

BIGLOBE WIMAX2プラス公式サイト(無料)

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスの料金をまとめてみた!

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスの料金をまとめてみた!

まずは、みなさんが最も気にしているであろうbiglobewimax2+の料金面についてご説明します。

biglobewimax2+だけではなく、他のデータ通信端末サービスも、料金面については主にこのようなカテゴリとなります。

  1. 初期費用
  2. 月額料金
  3. キャッシュバックなどのキャンペーン

スマホなどの携帯を契約するのと同じく、「初期費用」「月額料金」は必須です。しかし、キャンペーンなどで初期費用が無料の期間を設けていることも少なくありません。数万円かかるケースもあるので、なるべく無料期間を狙うのが賢い方法といえるでしょう。

「キャッシュバックなどのキャンペーン」については、新規契約をした際にもらえるお金です。現金でもらえるほか、月額料金から差し引くパターンや、ポイントなどに充当して返還されることもあります。期間やプラン、対象によって、キャッシュバックの額が変わる場合もあります。数千円〜数万円もの差になることもあるので、必ずチェックするようにしましょうね。

キャンペーンがチェック出来る公式サイトは以下からどうぞ。

BIGLOBE WIMAX2プラス公式サイト(無料)

では、biglobewimax2+の契約に必要な初期費用と月額料金について、下記の表にまとめたものをご覧下さい。

 

初期費用 0円
事務手数料 3,000円→今ならキャンペーンで0円

※一部プラン、機種に限る

月額料金 通常プラン:3,695円

ギガ放題プラン:4,380円

キャンペーン特典 最大30,000円キャッシュバック

通常3,000円かかる事務手数料が今なら無料になります。そのため、初期費用は完全無料といえるでしょう。そこまで大きな金額ではありませんが、一切初期費用をかけずに契約できるのは大きなメリットですね。

リーズナブルなプランがあると話題のプロバイダとbiglobewimax2+を比較してみました。

 

提供者 biglobewimax2+ GMOとくとくBB WiMAX 2+ カシモ WiMAX Broad WiMAX
初期費用 0円 0円 0円 0円
事務手数料 3,000円→今ならキャンペーンで0円 3,000円 3,000円 3,000円
月額料金 通常プラン:3,695円

ギガ放題プラン:4,380円

通常プラン:2,170円~

ギガ放題プラン:3,609円~

通常プラン:1,380円~

ギガ放題プラン:1,380円~

通常プラン:2,726円~

ギガ放題プラン:2,726円~

キャンペーン特典 最大30,000円キャッシュバック 最大42,000円

キャッシュバック

月額料金大幅割引 初期費用(18,857円)無料

月額料金の面では他社に軍配があがりました。「カシモWiMAX」が最安の1,380円です。
高額なキャッシュバックを確実にもらうのであれば、biglobewimax2+も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスの口コミや評判は?

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスの口コミや評判は?

前段ではWiMAX回線を提供している他社の料金面について触れましたが、biglobewimax2+も他のインターネットサービスも、実際に使ってみなければわからないことがたくさんあります。

「通信は安定しているか、途切れたりしないかどうか」
「契約面で不安はないか」
「どのようなポケットwifiを提供しているのか」
「使い勝手に見合った料金か」
「もっと安く使う方法はないか」

契約前に気になる点は、いくらあげてもキリがありません。なるべく不安要素をクリアにしてから申し込みをしたいものですね。

ここでは実際に使っている人の口コミをいくつかピックアップしてご紹介します。

  1. つながりやすい。通信がスムーズ
  2. 設定等がカンタンでわかりやすい
  3. 頻繁にキャンペーンを実施しているため、お得感がある!
  4. たまに通信速度が遅くなる…

通信に関することから、契約・料金面についてまで様々な意見が見受けられました。中には「申し込み後の対応が早い」という嬉しい声も。すぐに本体や口座振替の書類が届くなど、ユーザーにとっては安心の対応です。特にインターネットで契約する場合は不安なく契約できるのは魅力ですね。

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスはなぜ評判がいいの?その理由は?

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスはなぜ評判がいいの?その理由は?

では、なぜbiglobewimax2+はいい口コミが多く見受けられるのでしょうか。多数の口コミに目を通すうちに、このような理由が見えてきました。

  1. 母体がNECのため信頼できる
  2. サポート体制が万全
  3. キャッシュバックがもらえる

まずは、「1、母体がNECのため信頼できる」についてご説明します。
biglobeはパソコンメーカーの大手企業NECの子会社として、30年以上も前に誕生した会社です。パソコンが普及し始めた時期から、プロバイダ事業を展開し、インターネット黎明期を切り開いてきました。プロバイダの老舗ならではの信頼性です。

次に「2、サポート体制が万全」について。
biglobeには”技術”と”契約”について、2つのサポートセンターがあります。10時から19時まで、年中無休でコールセンターが稼働しています。何か疑問があれば、すぐにプロによって対応してもらえるのです。
実はポケットwifiの問い合わせ受付はメール対応がメインとなってきています。問い合わせへの返答が翌日〜3日後になるのも珍しくありません。
しかし、故障や通信不良など緊急性のあることや料金面での不安はなるべくすぐに解決したいもの。老舗&母体の大きな会社だからできるサポート体制ですね。

最後は「3、キャッシュバックがもらえる」。
biglobeでは、新規会員向けのキャッシュバックキャンペーンを頻繁に行っています。キャッシュバックが高額であることが、評判になっています。その額はなんと最大3万円以上になることも。キャンペーン情報を敏感にキャッチして契約するのが最も賢い方法といえるでしょう。

キャンペーンがチェック出来る公式サイトは以下からどうぞ。

BIGLOBE WIMAX2プラス公式サイト(無料)

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスのデメリットについて

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスのデメリットについて

大きなメリットが目立つbiglobewimax2+。しかしながら、中には一部悪い口コミも見受けられました。

主に下記の2点があげられます。

  1. 端末代金が有料
  2. 違約金が高い

この段落では、デメリットの真相についてご説明します。

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスの端末代金が有料ってウソ?ホント?

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスの端末代金が有料ってウソ?ホント?

biglobewimax2+では、最新機種を含めたポケットwifi4種類と置き型wifi1種類を取り扱っています。過去の機種であったとしても、実際の販売価格は2〜3万円以上。これが有料となると、かなり大きな痛手です…。

実際に機種代金を完全無料で提供しているプロバイダも多数あります。その上、WiMAX回線を扱うプロバイダは月額料金やキャッシュバックなど、リーズナブルなプランを用意していることがほとんど。もしbiglobewimax2+が有料だったら、契約を尻込みしてしまう人もいるのではないでしょうか。

biglobewimax2+の端末代金は有料というのは本当です。しかし、その端末代金を支払う必要はないのです。

実は、端末代金の割賦と全く同じ額が割引となります。そのため、実質自己負担額は0円となります。そのため他のプロバイダ同様、端末代金は完全に無料だと思っても良いでしょう。

しかし1点気をつけて欲しいのが、短期間で解約をする場合です。短期間とは、数ヶ月〜2年を指します。
この場合、端末代金の残りが全て請求されます。有料の端末代をそっくりそのまま割引しているだけなので、解約時は支払う必要が出てくるのです。

  1. 1ヶ月で解約した場合:18,900円
  2. 1年で解約した場合:9500円

短期間で解約をすると、少なくとも約1万円以上を支払わなければありません。
さらにこれは端末代金のみの話。プラスして違約金もかかってきます。

  1. 1ヶ月で解約した場合:18,900円+34,000円
  2. 1年で解約した場合:9,500円+29,000円

1ヶ月で解約した場合に支払わねばならない金額はなんと5万円以上!高額キャッシュバックをもらったとしても、その額をゆうに超える違約金が発生するのです…。
これでは何のために契約したかわかりません。

先ほども述べましたが、端末代金が完全無料のプロバイダは他にもあります。2年以内に解約をする可能性がある方は、再度検討したほうがいいかもしれませんね。

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスは他社よりも違約金が高い?比較してみた!

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスは他社よりも違約金が高い?比較してみた!

もう一つの懸念点が、解約時の違約金です。WiMAXには2年以内の解約の場合、高額の違約金が設定されていることがほとんどです。

契約当初は長く使うつもりでも、転職や引っ越し、結婚などの環境の変化を理由に、泣く泣く解約が必要になるケースも多くあります。特に20代30代は、自分自身を取り巻く環境が短期間で変わる可能性が高い世代です。もしもの時のことを考え、違約金についてもきちんとリサーチした上で契約するのをオススメします。

では、biglobewimax2+違約金について他社との比較を交えてご紹介します。

Biglobe WiMAX2+ 1年未満の解約:34000円

1年以上2年未満の解約:29000円

GMOとくとくBB 1年未満の解約:24800円

1年以上2年未満の解約:24800円

So-netモバイルWiMAX2+ 1年未満の解約:19000円

1年以上2年未満の解約:14000円

@nifty 1年未満の解約:19000円

1年以上2年未満の解約:14000円

カシモWiMAX 1年未満の解約:19,000円

1年以上2年未満の解約:14,000円

25ヶ月目以降の解約:9,500円

NEXT mobile 1年未満の解約:19,000円

1年以上2年未満の解約:14,000円

26ヶ月以降の解約:9,500円

Broad WiMAX 1年未満の解約:19,000円

1年以上2年未満の解約:14,000円

25ヶ月目以降の解約:9,500円

3WiMAX 1年未満の解約:19,000円

1年以上2年未満の解約:14,000円

25ヶ月目以降の解約:9,500円

Y!モバイル Pocket WiFi 契約更新月以外の解約:9,500円

複数社の違約金をまとめてみましたが、biglobewimax2+が最も高いですね。他社が2万円程度で設定されているところ、biglobewimax2+は3万円以上にもなります。

高額キャッシュバックを目当てに契約し、すぐに解約するユーザーの対策かもしれませんが、これはかなり注意をはらったほうが良さそうです。これからもう使わないポケットwifiに、3万円以上も払わなければならないのはばかばかしいですよね。

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスの違約金がかかるのはどのタイミングでの解約?

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスの違約金がかかるのはどのタイミングでの解約?

3万円以上にもなるbiglobewimax2+の違約金。なるべく支払いたくはないですね。今までお得なプランやキャッシュバックなど、リーズナブルにデータ通信を行うためにしてきた努力が水の泡になってしまいます。では、この違約金をかけずにbiglobewimax2+を解約する方法はあるのでしょうか。

調べてみたところ、下記の方法があることがわかりました。

  1. なるべく長期間使う
  2. 更新月に解約する

「1、なるべく長期間使う」についてご説明します。
先ほどの表でもご説明した通り、biglobewimax2+の違約金は契約が短期間であればあるほど高額です。1年以内の解約の場合は、その額は3万円以上にも登ります。なるべく長期間使い、違約金の額をぐっと下げることが必要ですね。目安としては3年ほど使うのがオススメです。

先ほど端末代金の段落でも述べましたが、2年以内で解約する場合には、端末代金の残金も一括で支払う必要があります。プラスして違約金も加算されるため、解約時期は慎重に判断したほうが良いでしょう。

長期間使っても、違約金の額は引き下がりますが、支払わねばならないことに変わりありません。一切の違約金をかけずに解約するには、「2、更新月に解約する」ことが必要です。

契約プランが満期になるタイミングに、更新月が設定されています。更新月の1ヶ月内であれば、完全無料で解約することができるのです。

使っている最中だとあまり更新月を意識することはありませんが、いざ解約が必要になったタイミングで「あれ?更新月はいつだっけ?」と困ってしまうケースがほとんど。

更新月は違約金がないだけではなく、他のプロバイダに乗り換えるなど料金面を見直す良い機会なので、数ヶ月に1度、マイページや契約書類などで見直すことをおすすめします。

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックス でも実はメリットのほうが大きい!?

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックス でも実はメリットのほうが大きい!?

ここまで読んでいただき、違約金や端末代金など、biglobewimax2+のデメリットが引っかかっている方は多いかもしれません。でもデメリットと比較しても余りあるほどのメリットもあるのです。

その中から特に魅力的なものをいくつかピックアップしました。

  1. 端末の選択肢が多い
  2. 契約期間を選べる
  3. ギガ放題で使える
  4. auスマホユーザーはさらにお得に使える

では詳細をご説明しますね。

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスは端末が4種類から選べる!他に置き型wifiも

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスは端末が4種類から選べる!他に置き型wifiも

biglobewimax2+では、複数のポケットwifiを取り扱っています。外出先では使わず、自宅でのみ使いたい方向けに、置き型wifiも提供しているため、いろいろな選択肢があるのが魅力ですね。

ポケットwifiは、最新機種「Speed Wi-Fi NEXT WX05」を含めた下記の4機種を取り扱っています。

Speed Wi-Fi NEXT WX03 Speed Wi-Fi NEXT WX04 Speed Wi-Fi NEXT WX05 Speed Wi-Fi NEXT W05
サイズ 幅約99mm×高さ約62mm×厚さ約13.2mm 幅約111mm×高さ約62mm×厚さ約13.3mm 幅約111mm×高さ約62mm×厚さ約13.3mm 幅約130mm×高さ約55mm×厚さ約12.6mm
質量 約110g 約128g 約128g 約131g
バッテリ容量 2,890mAh 3,200mAh 3,200mAh 2,750mAh
ディスプレイ 約2.4インチ カラータッチパネル 約2.4インチ カラータッチパネル 約2.4インチ カラータッチパネル 約2.4インチ カラータッチパネル
通信モード ハイスピードモード(WiMAX 2+通信)
ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+通信/au 4G LTE通信)
ハイスピードモード(WiMAX 2+通信)
ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+通信/au 4G LTE通信)
ハイスピードモード(WiMAX 2+通信)
ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+通信/au 4G LTE通信)
ハイスピードモード(WiMAX 2+通信)
ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+通信/au 4G LTE通信)
最大通信速度*a 下り最大440Mbps*b/上り最大30Mbps*c 下り最大440Mbps*b/上り最大30Mbps*c 下り最大440Mbps*b/上り最大30Mbps*c 下り最大558Mbps*b/上り最大30Mbps*c
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac IEEE802.11a/b/g/n/ac IEEE802.11a/b/g/n/ac IEEE802.11a/b/g/n/ac
最大同時接続台数(Wi-Fi機器) 10台 10台 10台 10台
連続通信時間*a Wi-Fi接続時
ハイパフォーマンスモード:約440分
ノーマルモード:約600分
エコモード:約740分Bluetooth®接続時
ハイパフォーマンスモード:約580分
ノーマルモード:約900分
エコモード:約990分
Wi-Fi接続時
ハイパフォーマンスモード:約440分
ノーマルモード:約600分
エコモード:約740分Bluetooth®接続時
ハイパフォーマンスモード:約580分
ノーマルモード:約900分
エコモード:約990分
ハイスピードモード
通信速度を優先:約486分
スタンダードノーマルモード:約690分
バッテリ持ちを優先エコモード:約840分
ハイスピードプラスエリアモード
通信速度を優先:約480分
スタンダードノーマルモード:約630分
バッテリ持ちを優先エコモード:約798分
ハイスピードモード(WiMAX2+)
ハイパフォーマンス設定時:約 390分
ノーマル設定時:約 540分
バッテリーセーブ設定時:約 630分
ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX2+、LTE)*e
ハイパフォーマンス設定時:約 260分
ノーマル設定時:約 390分
バッテリーセーブ設定時:約 550分
連続待受時間*a 休止状態:約1,100時間(リモート起動:有) 休止状態:約700時間(リモート起動:有)
ウェイティング:約50時間
休止状態:約700時間(リモート起動:有)
ウェイティング:約50時間
デフォルト設定:約850時間
クイックアクセスモード設定時:約38時間
対応OS Windows Vista®、Windows® 7 SP1、Windows® 8、Windows® 8.1、Windows® 10
Mac OS X v10.5/v10.6/v10.7/v10.8/v10.9/v10.10/v10.11/v10.12
Windows® 7 (SP1 以降)の日本語版かつ32bit(x86)版、または、64bit(x64)版、Windows® 8.1、Windows® 10
Mac OS X v10.5/v10.6/v10.7/v10.8/v10.9/v10.10/v10.11/v10.12
Windows® 7 (SP1 以降)の日本語版かつ32bit(x86)版、または、64bit(x64)版、Windows® 8.1、Windows® 10
macOS High Sierra V10.13、Sierra v10.12、OS X v10.11、v10.10、OS X v10.9、v10.8、v10.7、Mac OS X、v10.6、v10.5の日本語版
Windows® 7、Windows® 8.1、Windows® 10
Mac OS X v10.6/v10.7/v10.8/v10.9/v10.10/v10.11/v10.12/v10.13

さらにbiglobewimax2+の置き型wifiは、「Speed Wi-Fi HOME L01s」です。

Speed Wi-Fi HOME L01s
サイズ 幅約93mm×高さ約180mm×厚さ約93mm
質量 約450g
通信モード ハイスピードモード(WiMAX 2+通信)
ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+通信/au 4G LTE通信)
最大通信速度*a 下り最大440Mbps*b/上り最大30Mbps*c
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
最大同時接続台数(Wi-Fi機器) 40台(2.4GHz:20台、5GHz:20台)
対応OS Windows® 7、Windows® 8.1、Windows® 10
Mac OS X v10.6/v10.7/v10.8/v10.9/v10.10/v10.11/v10.12/v10.13

ポケットwifiの中で最もオススメなのが、やはり最新機種の「Speed Wi-Fi NEXT WX05」ですね。バッテリー容量も大きく、持ち運びに便利です。さらにWiMAXハイパワー機能(電波が弱いとき従来よりパフォーマンスをアップする)搭載従来の機種よりも安定した通信を行えるようになりました。

契約期間や料金面などとすり合わせて、自分にあった機種を選びましょう!

biglobewimax2+の端末にクレードルは必要なの?

biglobewimax2+の端末にクレードルは必要なの?

端末の付属品であるクレードルはご存知ですか?「Speed Wi-Fi NEXT WX05」の置き台として別売り(3,686円)で販売されています。
「わざわざ別売りで買う必要がある?」と機能に対して半信半疑な方のために、クレードルの便利機能についてご説明します。

1つ目が、クレードルに置くだけで、安定した通信を行えること。実はこのクレードルには、電波を360°均等に送信できるWウィングアンテナを搭載しているのです。途切れたり、遅くなることなく快適にデータ通信が楽しめますよ。

もう一つの理由が、置くだけで充電ができること。安定的な通信をしながらも、カンタンに充電ができると評判です。コードが絡まってイライラしたり、充電を忘れて困ることもなくなりますよ。

biglobewimax2+の契約期間は2年or3年で選べる

biglobewimax2+の契約期間は2年or3年で選べる

biglobewimax2+は契約期間を2年or3年から選択可能です。月額料金に差はありませんが、契約期間によって選択できる端末が限られる場合があるので注意です。

2年契約の場合、選択できる機種は旧機種である「Speed Wi-Fi NEXT WX03」のみです。最新機種の「Speed Wi-Fi NEXT WX05」や、置き型wifiの「Speed Wi-Fi HOME L01s」は、3年契約でなければそもそも選ぶことができません。

契約前にどの端末を選んだら良いかについてもリサーチしたほうが良さそうですね。

3年プランならau 4G LTEが使用可能

3年プランならau 4G LTEが使用可能

3年契約のプランであれば、端末が選べるだけではなく、データ通信でも大きなメリットがあります。

それは、au 4G LTE回線が使えるということ。WiMAX回線とは別に、auのスマホと同じ回線が使用可能なのです。

電車やエレベーターなど、閉鎖的な空間では若干スピードが落ちたり、つながりにくくなることもあります。その際に活躍するのが、au 4G LTE回線です。切り替えながら使うことで、より快適にデータ通信を行うことができますよ。

auスマホユーザーはさらにお得になる割引プランも

auスマホユーザーはさらにお得になる割引プランも

さらにauスマホユーザーに朗報です。auのスマホとbiglobewimax2+を一緒に使うことで、スマホ代から毎月最大1,000円が割引になります。

この割引は「auスマートバリュー mine」と言い、契約時に申し込みが必要です。対象機種の中に、biglobewimax2+で取り扱いのあるポケットwifi&置き型wifiが含まれているので、基本的に割引が受けられると思って良いでしょう。

auスマホのプランによって500円〜1000円と割引になる額が変わるので、事前にご確認くださいね。

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスはギガ放題ができる!

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスはギガ放題ができる!

データ端末や割引など、biglobewimax2+のメリットをご紹介してまいりました。その他にもbiglobewimax2+には大きなポイントがあるのです。それはギガ放題ができること!「もう少ししたら速度制限かも…」などと怯えながら月末を過ごすこともありません。

具体的な料金プランについては、次の章で詳しくご説明しますね。

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスの料金プランをご紹介

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスの料金プランをご紹介

それではbiglobewimax2+の月額料金プランについてご紹介しましょう。biglobewimax2+では下記の2つの料金プランを用意しています。

  1. Flat ツープラス ギガ放題
  2. Flat ツープラス

どちらのプランも契約年数は2年or3年のいずれかから選択することができます。使い方によってお好みのプランを選びましょう。

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックス Flat ツープラス ギガ放題は3695円〜使い放題できる

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックス Flat ツープラス ギガ放題は3695円使い放題できる

biglobewimax2+の中でも特に人気のプランが「Flat ツープラス ギガ放題」です。加入者の多くが、このプランを選択しています。

何と言っても、データ通信し放題なのが大きな魅力です!通信制限を機にする必要もありません。ビジネス利用以外でwifiを契約する方は、快適なデータ通信を求めて契約する方がほとんど。7GB制限のわずらわしさから解放されるギガ放題はそのような方にぴったりのプランなのです。

Flat ツープラス ギガ放題の月額料金は下記です。使用年数等によって、月額料金が変動します。

 

  月額料金 端末代
サービス開始月 0円 0円
(1カ月目)~2カ月目 2895円 0円
3カ月目~24カ月目 3580円 0円
25カ月目以降 4880円 0円

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスのギガ放題は速度制限がかかる?

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスのギガ放題は速度制限がかかる?

biglobewimax2+の料金プラン「Flat ツープラス ギガ放題」は、通信制限を気にせずに使えると好評です。しかし、実は速度制限になるケースもあるのです。それは、「3日で10GB制限」です。

スマホは毎月7GBが付与され、7GBをオーバーすると月末まで速度制限がかかるというルールのもと使っている方がほとんどです。しかし「Flat ツープラス ギガ放題」は7GBの上限がありません。

その代わりに、3日間で通信量10GBを超えてしまった場合、速度制限がかかってしまいます。翌日の18時から25時頃、特に通信量の増える時間帯のみ速度が遅くなります。これは月末までの継続的な制限ではなく、翌日8時間程度の速度制限です。

しかしながら、3日間で10GBを超えることはまれです。今まで通り使っていれば、滅多に超えることはないと言えるでしょう。高画質のストリーミング配信動画を長時間見たり、オンラインゲームを3日連続プレイしたりしない限りは問題なく使用できます。

不安な方は、一度現在のスマホで、毎月どのくらいの通信量か確認したほうが良いでしょう。追加でデータ量を買っている方は、料金面や契約を見直すきっかけにもなりますよ。

「7GBで十分」という方にはFlat ツープラスがオススメ

「7GBで十分」という方にはFlat ツープラスがオススメ

使い放題できるのがメリットの「Flat ツープラス ギガ放題」。これとは別に、7GB上限があるプランがあります。それが「Flat ツープラス」プランです。

下記の表に月額料金をまとめてみました。こちらも「Flat ツープラス ギガ放題」同様、利用月数に伴い、月額料金が変動します。

 

  月額料金 端末代
サービス開始月 0円 0円
(1カ月目)~2カ月目 2895円 0円
3カ月目~24カ月目 2895円 0円
25カ月目以降 4880円 0円

「Flat ツープラス ギガ放題」と大きく料金が変わるわけではなさそうですね。
「Flat ツープラス」プランは、7GBを超えると月末まで速度制限がかかってしまいます。「もしかしたら超えてしまうかも…?」と不安な方は、 最初から「Flat ツープラス ギガ放題」プランにするのも手ですね。

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスは料金プランの変更もOK

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスは料金プランの変更もOK

最後に、両方の料金プランをひとつの表にまとめてみました。比較検討にご使用くださいね。

 

  Flat ツープラス ギガ放題 月額料金 Flat ツープラス 月額料金 端末代
サービス開始月 0円 0円 0円
(1カ月目)~2カ月目 2895円 2895円 0円
3カ月目~24カ月目 3580円 2895円 0円
25カ月目以降 4880円 4880円 0円

月額料金に大きな差はありません。2年後にはいずれのプランも同額になります。

biglobewimax2+は、料金プランの変更に非常に柔軟に対応してくれます。そのため、「Flat ツープラスで契約したけど、ギガ放題にしたいからプランを変更したい」といったユーザーの要望にも応えてくれます。

他のプロバイダでは、一時解約が必要なケースもあります。その点を踏まえると、biglobewimax2+は良心的なプロバイダだと言えるでしょう。

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスの契約と初期費用について

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスの契約と初期費用について

ポケットwifiを契約する上で、一番初めに気になるのが契約と初期費用についてです。

「端末代は高いの?」
「入会金などを払う必要はある?」
「どうやって契約すればいいの?」
「契約したらいつ頃から使えるの?」

初めてポケットwifiを持つという方は特に、このような不安があるのではないでしょうか。
この章では、biglobewimax2+の契約とそれにかかる初期費用についてご説明します。

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスの初期費用は事務手数料3000円のみ

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスの初期費用は事務手数料3000円のみ

まずはbiglobewimax2+の初期費用から説明します。

前述した通り、biglobewimax2+は初期費用がかかりません。通常は3000円の事務手数料のみで契約が可能です。

しかし、今はキャンペーン期間中のため、Flat ツープラス ギガ放題の2年契約プランのみ、事務手数料3000円が無料で契約できます。そのため、最初にかかる金額は0円です。なるべくキャンペーン中に契約するのがお得だと言えるでしょう。

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックス申し込みの流れを大解説

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックス申し込みの流れを大解説

biglobewimax2+は、WEBで申し込みが可能です。公式ホームページから、所要時間15分程度で契約が可能です。
下記の項目をフォームから入力し、申し込み完了となります。

  1. 住所氏名、生年月日、メールアドレスなどの個人情報
  2. クレジットカードor口座情報
  3. どの端末にするか
  4. どのプランにするのか
  5. 契約年数は2年か3年か
  6. キャッシュバックか、月額料金割引か

申し込み自体はそう難しくありません。しかし、事前に端末の特徴や契約年数の検討を重ねたほうが良さそうですね。

WEBで契約しても2日〜1週間で端末が届く

WEBで契約しても2日1週間で端末が届く

今までWEBで契約したことがない方は、「いつ頃端末が届くんだろう?」と不安に思っている方も多いことでしょう。

biglobewimax2+の場合、多くが2、3日で届くようです。地方や島しょ部などはもう少し時間がかかり、5〜1週間程度かかるようです。

プロバイダによっては「即日発送」「翌日着」を売りにしているところもあります。日中に契約をすれば、翌日には受け取ることができるのです。
その点で比較すると、biglobewimax2+は平均的といえるかもしれませんね。

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスにはキャッシュバックも!最大限に利用するコツ

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスにはキャッシュバックも!最大限に利用するコツ

biglobewimax2+では様々なキャンペーンを実施しています。中でも目を引くのが高額なキャッシュバックキャンペーンです。

現在行われているキャッシュバックキャンペーンでは、最大30,000円を受け取ることができます。これはかなりお得だと言えるのではないでしょうか。

キャッシュバックキャンペーンを最大限に活用するためには、月額料金の支払いをクレジットカードで行う必要があります。クレジットカード払いの場合、30,000円満額を受け取ることができますが、口座振替の場合、その金額が半分の15,000円までダウンしてしまうので注意しましょう。

キャッシュバックキャンペーン以外にも、月額料金が安くなるキャンペーンを実施しています。これは契約時に選択すればいいので、手軽に確実に割引が受けられます。

ギガ放題の方のみ、2年契約、3年契約いずれの方も割引特典が受けられます。しかし、Flat ツープラス(7GB制限あり)の場合は、3年プランのみとなるため注意が必要です。

支払い方法をクレジットカードにするのか、口座振替にするのかにより、月の割引額が異なります。基本的にはクレジットカード払いのほうが優遇されており、割引率も高いため、よりお得に使いたい方はクレジットカード払いを選択しましょう。

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスに申し込んで高額キャッシュバックをゲット!

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスに申し込んで高額キャッシュバックをゲット!

WiMAXを提供しているプロバイダは、全て同じWiMAX回線のため、エリアは同一となります。最新機種ほど充電のもちや、通信速度が早い傾向にあります。同じ機種を扱っているプロバイダがほとんどです。
同じ使い勝手なのであれば、よりお得につかえるプロバイダを選択するのが賢い方法。そこでキャッシュバックキャンペーンをうまく活用することをオススメします。

前述してきたbiglobewimax2+キャッシュバックキャンペーンは、高額なキャッシュバックがひときわ目を引くキャンペーンです。しかし、受け取るためにはコツが必要です。ポイントを抑えないと、せっかくの高額キャッシュバックが0になってしまいます。

ポイントを下記にまとめてみました。

 

支払い方法 クレジットカード払い 口座振替
キャッシュバック金額 30000円 15000円
受け取れる時期 12ヶ月後に進呈 6ヶ月後に進呈
対象機種 2年プラン対象機種:WX03

3年プラン対象機種:W05、WX04、L01s

2年プラン対象機種:WX03

3年プラン対象機種:W05、WX04、L01s

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスのキャッシュバックは契約1年後に受け取れる

biglobewimax2+ビックロ―ブワイマックスのキャッシュバックは契約1年後に受け取れる

実はbiglobewimax2+のキャッシュバックは、契約後すぐに受け取れるわけではありません。クレジットカード払いは12ヶ月後、口座振替は6ヶ月後が受け取り期間となります。そのため、「手続きを忘れた…!!」という悲しい声も少なくはありません。

手順自体はそう難しいものではありません。WEBの「マイページ」から申請が可能なのですが、事前に下記のものを用意しましょう。

 

BIGLOBEの会員情報がわかるもの 会員証に記載の「BIGLOBE ID」および「BIGLOBEパスワード」
振込先の金融機関情報 金融機関名、支店名、口座種別、口座番号、口座名義

※全国銀行協会に加盟している全国の銀行、信金、信組、ろうきん、ゆうちょ銀行等すべての金融機関の口座で受け取りが可能です。

受付番号 キャッシュバックの適用月になると、マイページ「特典一覧」に掲載されます。キャッシュバック口座指定時に入力が必要なため、メモ等のご用意をおすすめします。

では、手順をご説明しますね。

1、会員用のマイページに「口座指定案内メール」が届きます。そのメールに従い、申請の手続きを行いましょう(クレジットカード払いは12ヶ月後、口座振替は6ヶ月後)
※このメールがきてから45日以内に振込口座を登録する必要があります。

2、マイページにログインし、「受付番号」「金融機関情報」などを入力
※手続き完了後から数日で、口座に入金があります。

最新端末を受け取れて実質一番安いプロバイダはどこ?

ここまでbiglobewimax2+をご紹介してまいりましたが、高額な違約金、キャッシュバックの受け取り方などデメリットもちらほら見受けられるプロバイダだと感じました。

実際に最新機種である「speed wi-finext w05 wimax」を扱っているプロバイダは、biglobewimax2+の他にも多くあります。
オススメのプロバイダをいくつかピックアップしてご紹介いたしますね。

まずは biglobewimax2+に匹敵するほどキャッシュバックが高額な「GMOとくとくBB」。
現在行っているキャンペーンは、端末代金が無料になるだけでなく、初期費用も無料です。
さらにキャッシュバックの金額は最大42,000円です!biglobewimax2+に比べ、1万円以上もお得ですね。

GMOとくとくBBの利点は契約期間が2年であるということ。3年契約がないため、更新月や料金面の見直しを効率よく行うことができます。

さらに、月額料金も通常プラン:2,170円~、ギガ放題プラン:3,609円~と、biglobewimax2+に比べ割安です。

「最新機種じゃなくても安ければいい!」という方向けのプロバイダは、「カシモWiMAX」です。月額料金はまさかの1380円〜と、業界最安とも言えるほどの安さです。

端末は「Triprouter」というUSB接続が必要なルーターとなります。パソコンユーザーであれば問題ないかもしれませんが、スマホユーザーは不便を感じるシーンが多々あるかもしれませんね。

カシモWiMAXでも「speed wi-finext w05 wimax」の取り扱いはありますが、月額料金が3,580円/月と、他社とそこまで大きく変わりません。キャッシュバックキャンペーンも行っていないため、料金面でのお得感は薄いでしょう。

「speed wi-finext w05 wimax」にこだわりのない、パソコンユーザーの方であれば、カシモWiMAXの「Triprouter」を契約するのが最も安くデータ通信を行う方法でしょう。

月額料金最安値1380円

最新端末W05,WX05が無料でもらえる、即日手に入る!
速度制限なしで初月の月額料金、無料もちろん送料無料です
2年間総額で55176円もお得です。
実質一番お得に利用出来る、1000円前後で利用出来るのはカシモWIMAXだけです
>月額1380円最安値!カシモwimaxはこちら
カシモwimax

以下は詳細記事です。
カシモWiMAXの口コミと評判。制限と申し込み。キャンペーンコード

キャシュバック42000円

最新端末W05,WX05が無料でもらえる。即日手に入る!
速度制限なし実質月額最安値、端末代無料送料無料
もしも電波が入らないければ20日以内であればキャンセルok(違約金なし)
>42000円のキャシュバック!GMOとくとくbbはこちら
gmoとくとくbb

以下は詳細記事です。
GMOのとくとくBBwimaxの評判と口コミ。キャッシュバックでお得に契約

口座振替が出来るwimaxならBIGLOBEがおすすめ


キャシュバック46970円申し込み手数料無料
>46970円のキャシュバック!biglobe公式サイトはこちら


biglobewimaxビックロ―ブワイマックスの評判とキャンペーン

【ポケットwifiでキャシュバックが42100円】

以下で紹介しているポケットwifiのキャンペーンでキャシュバックが42100円

話題の置くだけwifiや最新端末が無料でもらえます。

なんと今月から最新機種のSpeed Wi-Fi NEXT WX05がもらえます。 wx05

以下の記事では今月限定のポケットwifiのキャンペーンを紹介しています。

無料で最新端末やキャシュバックを利用したい方は以下からどうぞ。

ポケットwifiキャンペーン。42100円以上のキャシュバックはこちら

以下の記事では無料で置くだけwifiがもらえる記事を紹介しています。

置くだけwifi

置くだけwifiが無料で欲しいならこちらを確認

wimax2プラスへ乗り換えたい方はこちら

ブロードワイマックスBroad WiMAXの評判と口コミ。店舗とエリア 

ポケットwifiの口座振替はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です