wimax2+の速度を比較。実測!遅いと思った時に速度を向上させる方法

wimax2+の速度を比較。実測!遅いと思った時に速度を向上させる方法
wimax 速度
wimax2 プラスの速度は下り最大40Mbps上り最大15.4Mbpsです。

wimax2+ 速度
wimax2 プラスの速度は下り最大110Mbps上り最大10Mbpsを発表されています。

これらはプロバイダによる速度差は一般的には少ないと言われていますが、エリアによる違いも大きいと言えるでしょう。

wimax2プラスの乗り換えと買い替え

WiMAX2プラス+の料金おすすめプランを比較。一番安いのはこれ!

wifiとwimaxのギガ放題の評判。月額最安値と速度と価格の違いを比較

wimax2+の速度の実測はどのくらい?実際は遅い?

wimax2+の速度の実測はどのくらい?実際は遅い?
ではwimax2+の実速度は実際どれくらいになるのでしょうか。各口コミを調査してみました。今回は最新ルーターW05を使用した場合での実速度に関してご紹介します。

この最新ルーターW05の公表されている速度は次の通りとなっています。

 

モード 下り速度 上り速度
ハイスピード 558Mbps 30Mbps
ハイスピードプラスエリア 708Mbps 75Mbps

 

最新ルーターW05ではハイスピードモードで下り速度558Mbpsあります。更にハイスピードプラスエリアでは708Mbpsあります。このハイスピードエリアとハイスピードプラスエリアではどのような違いがあるのでしょうか。

ハイスピードエリアとは[WiMAX2+]の電波が入らいないエリアでもポケットwifiを使うことができるモードです。[WiMAX2+]の回線は電波の届く範囲が狭いという弱点があります。そのような場合でも安定した通信環境を確保できるようにハイスピードプラスエリアモードがあります。このハイスピードエリアモードを使うとauの4GLTEを使うことができます。

ただし注意点も必要で3年間の契約プランであれば無料でハイスピードエリアモードを利用できますが、2年契約プランでは基本料金が1005円上乗せになります。

▼wimax2+の速度の実測はどのくらい?実際は遅い?

  1. wimax2+
  2. ハイスピード
  3. ハイスピードプラスエリア
  4. W05

通信制限にかかることもあるため注意が必要

通信制限にかかることもあるため注意が必要
更に注意点としてWiMAX2+には通信制限に掛かるケースがあります。一つは混雑回避のための通信制限です。直近3日間で10GB以上(「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」のデータ量の合計)となった場合制限にかかります。制限の時間帯は3日間で10GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑時間帯である、18時頃から翌日のAM2時になります。どの程度の速度かというとYou tubeの標準画質の動画を問題なく見ることができる程度なようです。

また、ギガ放題プラン等であってもハイスピードエリアモードでは月の上限が7GBとなっています。これに引っかかると上記の直近3日間の10GB制限よりも先に通信制限となります。更にハイスピードエリアモードで規制になると、無制限のはずのハイスピードモードでも通信制限が発生します。緊急以外の利用は控えたほうが良さそうです。

速度制限がかかるデータ量。プロバイダによる違い

速度制限がかかるデータ量。プロバイダによる違い
 

プロバイダー 通常プランでの           月間総量7GB制限 全プラン共通の3日間で10GB超使用したときの制限 ハイスピードプラスエリアモードで7GB超使用したときの制限
GMOとくとくBB
Broad WiMAX
So-net WiMAX
UQ Wimax
JP Wimax

WiMAX2+の速度制限はプロバイダーごとの違いはありません。各プロバイダーでWiMAXの3日間で10GBの使用制限、ハイスピードエリアモードでの速度制限が生じます。

Au4GLTEなどを使用し、ハイスピードプラスエリアモードの使用には注意
前述の通り、WiMAX2+は対応エリアが狭いデメリットがあるため、通信環境が悪い場所ではハイスピードエリアモードを使うことでau4G LTE回線を使って高速通信が可能です。

ただし、このモードで合計7GBを超えてしまうと速度制限にかかってしまうので注意が必要です。

▼速度制限がかかるデータ量。プロバイダによる違い

  1. GMOとくとくBB
  2. Broad WiMAX
  3. So-net WiMAX
  4. UQ Wimax
  5. JP Wimax

どのようにして測れる?

どのようにして測れる?
WiMAXの通信速度を測る方法があるのをご存知ですか?今回は通信速度を知るためのツールをご紹介します。

①Radish Network Speed Testing

Radish Network Speed Testing
参考:http://netspeed.studio-radish.com/index.html
これは株式会社Studio Radishが運営する通信速度測定のシステムです。測定結果の閲覧と実際の通信速度の測定の両方を行うことができます。これは無料で利用できるため、とてもお得なサービスです。

②WiMAX実測スピードマップ

WiMAX実測スピードマップ
参考:WiMAX実測スピードマップ
これはプロバイダーがWiMAXの方限定です。画面に地図が表示されてWiMAXのスピードテストの結果を視覚的に知ることができます。

wimax2+速度の範囲

これなら一目瞭然で速度がわかりますね。測定結果が報告されている地域はこのように通信速度を把握することができます。なお、速度の測定はhttps://wimaxspeedmap.com/result.phpサイトにアクセスした時点自動で始まります。

測定結果が表示された後に画面右側のGoogleマップで中央座標を測定値に合わせ、「位置を送信する」をクリックするとサイト側に計測データが送信されます。

③FAST

FAST
参考:https://fast.com/ja/
FASTはサイトにサクセスすると自動で測定が始まります。30秒で測定結果が画面上に表示されます。測定結果は下り速度のようです。

④Rapidnet

Rapidnet
参考:http://www.rapidnet.jp/
こちらもサイトにアクセスして「測定開始」ボタンをクリックすることで測定が開始します。
「DOWNLOAD SPEED(下り回線速度)Mbps」、「UPLOAD SPEED(上り回線速度)Mbps」と表示されます。

動画やネットを見る時に快適な速度

動画やネットを見る時に快適な速度
 

速度 使用感
30Mbps以上 高速で快適な状態でストレスなく使える。
10~30Mbps 問題なく使用可能である。
5~10Mbps ある程度快適であるが、不具合も生じることがある。
1~5Mbps パソコンでネット接続していると動画が止まることが出てくる。
1Mbps以下 動画の視聴が困難で、画像の表示も遅い。

 

動画やネットを見る場合はこちらの速度が参考値となります。現在のネットユーザーは動画の視聴の利用者が非常に多いのではないでしょうか。動画を最適にサクサク視聴したいのであれば、10Mbps以上は欲しいところです。

この速度以下では高画質動画や長時間の容量が大きい動画を閲覧する際に不具合が生じる可能性があるでしょう。また、5Mbps以下の速度のエリアではインターネットへの接続状況が非常に悪く、エリアそのものに問題があると言えそうです。

2 種類以上の通信速度wimax2プラスはベストエフォート方式

2 種類以上の通信速度wimax2プラスはベストエフォート方式
ベストエフォート方式とは多くのインターネットサービスで謳われています。これは最大限の努力という意味の言葉です。一体何を最大限努力するのでしょうか。

それは通信速度です。インターネット回線サービスでは最大通信速度1Gbpsなどの広告がされます。「1Gbpsの回線速度が保たれるように最大の企業努力はしますが、結果は保障できません」このような方式をベストエフォート方式と言います。

WiMAX2+もこれと同様です。最大220Mbpsということで通信速度をPRしていますが、実際の通信速度はもっと遅いのが実情です。実際は30Mbps~50Mbpsの速度が出ていれば問題なくインターネットを楽しむことができるでしょう。

▼どのようにして測れる?

  1. Radish Network Speed Testing
  2. WiMAX実測スピードマップ
  3. FAST
  4. Rapidnet
  5. ベストエフォート方式

Wimax2プラスが遅い時にチェックしておきたいチェック項目

Wimax2プラスが遅い時にチェックしておきたいチェック項目
WiMAX2+の速度が遅いときにチェックすべきポイントは①速度制限にかかっていないか?②5GHz帯を使用しているか、③混線がありうる、④Wifiを使用している場合、有線で接続等を確認してみると良いでしょう。それぞれについて紹介を行います。

①速度制限にかかっていないか?

速度制限にかかっていないか?
wiMAX2+には1)通常プランでの月間総量7GB制限、2)全プラン共通の3日間で10GB超使用したときの制限、3)ハイスピードプラスエリアモードで7GB超使用したときの制限が存在します。これらの制限に掛かっていると速度規制の対象となります。

②5GHz帯を使用しているか

5GHz帯を使用しているか
ポケットWifiには2.4GHz帯と5 GHz帯の2種類が存在します。2.4GHz帯は多くの家電製品などにも使われている周波数帯であるため、Wifiの周波数帯域まで2.4GHzであれば干渉を受けやすくなります。

この無用な干渉を防ぐために5GHzに設定するようにしましょう。なお、機器によって5GHzに対応していないものもあるため注意が必要です。
5GHzに対応している端末

③混線がありうる

混線がありうる
自宅内は電波が混線しやすい場所の一つです。家電製品の電波、他の家からのWi-Fi電波も飛び交っていることが想定されます。そしてこれらの多くは前述の通2.4Ghz帯を使用していることが多いため混線についても考えておきましょう。混線を避けるにはWifiの回線を5GHzの回線に切り替えることです。

④Wifiを使用している場合、有線で接続もしてみよう

Wifiを使用している場合、有線で接続もしてみよう
クレードルがあれば有線接続が可能です。クレードルとはスタンド形式の拡張機器のことで、クレードル本体に有線LANケーブルを繋いで、無線LANが内蔵されていないPC等でネット回線に接続することができます。

拡張アンテナを内蔵したクレードルにつなげることで、電波状態の改善が見込めます。

▼Wimax2プラスが遅い時にチェックしておきたいチェック項目

  1. 速度制限
  2. 5GHz帯
  3. 2.4GHz帯
  4. クレードル
  5. 有線LAN

wimax2+の速度に関する口コミ

wimax2+の速度に関する口コミ
T・Kさん(30代男性)
都内に住んでいるため回線の速度はとても安定しているようです。バッテリーの持ちも十分で動画をみていても快適です。ただし、屋内での使用の場合、場所を考えないと電波が悪いです。電車で移動中などもだめでした。この点が更に改善されればありがたいです。

ビジネスで場所を選ばず使うというのは少々難しいのかなと感じました。仕事の移動中にというのは使えない場面も少なくないと思います。あと速度制限に引っかかると解除まで時間がかかるのでその点はかなりストレスでした。

値段についてもプロバイダーのキャンペーンを利用して契約できたのでお得でした。ただし、キャッシュバックの受け取り方がとても分かりにくかったのでこの点ももう少しわかりやすくして欲しいと思いました。

M・Sさん(20代女性)
自宅での使用がメインです。平均16Mbps~22Mbpsの速度がでているようですが、You tubeなどみるだけなのでこれで十分使いやすい。

利用料金も良心的だと思う。以前は3日間で3GB使うと速度制限になりましたが、今では10GB使わないと速度制限にならなくなりました。結構動画を見るのが好きなのでとってもありがたい。契約しているプロバイダーとが3年契約だけれども少し縛りが長いと感じた。特に解約のつもりもないが、違約金の高さは少し気になった。ただし、全体的には快適に使用できているので特に不満はない。料金は普通?位に感じる。

wimax2+の速度を上げる方法。ルーター変更で解決出来る?

wimax2+の速度を上げる方法。ルーター変更で解決出来る?
最新端末
ルーター変更でも速度アップが期待できます。W03などの古い機種は通信速度が下りで220Mbps、後継機種のWX03は440Mbpsです。しかし、最新機種にW05は下り速度が最大で758Mbpsに対応しているため速度アップが期待できます。更に干渉の少ない5GHzの周波数も利用可能なためおすすめの機種と言えます。

テーブルで電波受信レベルや接続状態チェックなどの確認の仕方をまとめる

 

 

接続状態チェック 方法
契約前 TryWiMAX 契約前に通信速度や電波状況を確認できるのがTry Wimaxです。実際にWifiルーターをレンタルして確認可能です。
通信速度測定サイトを利用する ラピッドネット ワンクリックで回線速度を測定可能です。WiMAXと固定回線の速度比較も可能です。
価格ドットコム 端末情報を選択してWiMAXの通信速度を正確に把握することができます。
Speedtest 海外サイトであるため、すべて英語ですが世界中のエリアを測定可能です。
専用アプリを利用する Speedtest.net テスト開始ボタンでクリックすることで自動で通信速度を測定してくれます。
RBB TODAY SPEED TEST Wi-Fiの種別で確認できます。過去の結果も確認できます。
SpeedSpot 測定した通信データを地図上の場所に追加できます。

 

▼wimax2+の速度を上げる方法。ルーター変更で解決出来る?

  1. TryWiMAX
  2. ラピッドネット
  3. 価格ドットコム
  4. Speedtest
  5. RBB TODAY SPEED TEST
  6. SpeedSpot

ルーターの性能も重要w05を使用しよう

ルーターの性能も重要w05を使用しよう
W05は最新機種のwi-Fiルーターです。通信速度は558Mbps、LTEモードを使用すると最高速度は708Mbpsとなっています。更に電波が悪いエリアにいても万が一の時にはLTEモードで高速回線を利用できます。

上り速度は既存の機種の2.5倍の速度です。更にサイズも薄くデザイン性も非常に高いのも特徴と言えるでしょう。

WiMAX2+ではなく旧い回線で使用していないか?

WiMAX2+ではなく旧い回線で使用していないか?
WiMX回線を利用している場合回線速度はWiMAX2+に劣ります。WiMAXは2018年9月30日をもって新規加入を終了しているため、移行手続きをすることをおすすめします。

 

項目 WiMAX WiMAX2+
通信速度 下り最大13.3Mbps/上り最大15.4Mbps 下り最大110Mbps・下り最大220Mbps/上り最大10Mbps
通信制限 なし 通常プラン(UQ Flatツープラス):7GB
使い放題プラン(ギガ放題):無制限
通信エリア 全国90%以上をカバー 都市部を中心に拡大中

 

サービスエリアの範囲内か?高速接続に対応してないエリアである事もありえる

サービスエリアの範囲内か?高速接続に対応してないエリアである事もありえる
WiMAX2+のエリアはこちらのページで確認できます。
https://www.uqwimax.jp/area/wimax/

 

 

エリア WiMAX2+ LTE
北海道 札幌などは環境良好。今後10月末までに拡大予定のWiMAX 2+サービスエリアも見受けられる。 WiMAX2+よりもカバーされているエリアが広い。田舎や山脈地帯でも一部利用可能な場所がある。
東北 都市部などは環境良好。今後10月末までに拡大予定のWiMAX 2+サービスエリアも見受けられる。 WiMAX2+よりもカバーされているエリアが広い。田舎や山脈地帯でも一部利用可能な場所がある。
関東
中部
関西
四国
中国
九州

 

 

その他の理由

その他の通信障害の理由として考えられるのは、機器の調子が悪い可能性も考えられます。スマホやパソコンのソフトウェアをアップデートしたり、再起動をして再度確認をしてみるといいでしょう。

Wimax2プラスの代わりの格安sim

Wimax2プラスの代わりの格安sim
WiMAX2+を使っている方であれば格安SIMを利用することで、WiMAX2+よりも安くモバイルWiFiルーターを使用できる可能性があります。格安SIMを利用するためには、SIMフリーのSIMを入手する必要があります。

メリットはスマホやPC、タブレットを自由に接続できること、各回線による縛りがなく各端末につなげることが可能です。また、大手キャリアでモバイルルーターを契約するより格安に抑えることができます。

デメリットは格安SIMを利用する場合WiFiルーターの機種が限られているためその点はデメリットと言えるでしょう。

▼Wimax2プラスの代わりの格安sim

  1. mineo
  2. UQ mobaile
  3. Fiimo
  4. W01
  5. HWD14
  6. HWD15

【ポケットwifiでキャシュバックが42100円】

以下で紹介しているポケットwifiのキャンペーンでキャシュバックが42100円

話題の置くだけwifiや最新端末が無料でもらえます。

なんと今月から最新機種のSpeed Wi-Fi NEXT WX05がもらえます。 wx05

以下の記事では今月限定のポケットwifiのキャンペーンを紹介しています。

無料で最新端末やキャシュバックを利用したい方は以下からどうぞ。

ポケットwifiキャンペーン。42100円以上のキャシュバックはこちら

以下の記事では無料で置くだけwifiがもらえる記事を紹介しています。

置くだけwifi

置くだけwifiが無料で欲しいならこちらを確認

wimax2プラスへ乗り換えたい方はこちら

ポケットwifiの口座振替はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です