yahoowifiの評判と口コミ。契約前に知っておくべきこと

目次

yahoo wifiの評判と口コミ。契約前に知っておくべきことは何?

検索エンジンの定番、yahooが提供しているyahoo wifi。yahooの広告で見かける機会もありますね。大手が提供しているポケットwifiということで、契約面も安心と思っている方が多いことでしょう。

本記事では、yahoo wifiを契約する前に頭に入れておくべき知識についてご紹介します。
主に下記のような点にポイントを絞ってリサーチしました。

■契約前に知っておくべきこと

  1. ポケットwifiの端末スペック
  2. 契約面について
  3. 他の選択肢は何か

いずれも契約前に知らないと損をするかもしれないポイントです。
それでは各項目について、詳しくご説明しますね。

yahoo wifiの料金はいくら?月額料金、初期費用など

まずはyahoo wifiの気になる料金プランからご紹介します。yahoo wifiは2パターンから選ぶことができます。

 

  通常プラン Yahoo! プレミアム会員限定プラン
契約期間 3年間 3年間
月額料金 3,696円 1,980円(13ヶ月目より2,480円)
事務手数料 3,000円 3,000円
月間データ通信容量 7GB※ 5GB
直近3日間で10GBの速度制限 あり あり

こちらの2プランが基本となり、上限ありor 無制限のいずれかを選択することができます。
場合によっては長期間、毎月支払わねばならない料金。慎重に比較検討したほうがいいでしょう。

yahoo wifiはデータ通信上限あり or 無制限のいずれかから選べる

前述した通り、yahoo wifiは上限ありか無制限のいずれかを使い勝手によって選ぶことができます。

 

  上限あり 無制限
月額料金 1〜12ヶ月目:1,980円

13ヶ月目以降:2,480円

1~6カ月目:3,696円

7カ月目以降:4,380円

無制限プランは「3日間で10GB」制限があるものの、オーバーしたとしても速度制限がかかるのは当日18時から翌25時のあいだのみ。そもそも3日で10GBを超えるには、長時間動画を見続けたり、夜通しオンラインゲームをするなど、かなり酷使する必要があるため、”実質無制限”と捉えて問題ないでしょう。

yahoo wifiの契約プラン、後から変更もできる?

上限あり or 無制限はポケットwifiを持つ上で悩みどころのひとつです。「より快適で使い勝手がいいのは『無制限』、リーズナブルなのは『上限あり』…一体どっちが自分に合っているんだろう?」となかなか決められない方も多いかもしれませんね。

yahoo wifiは月額料金と端末代がセットで請求されるため、途中でプラン変更ができません。解約→再加入が必要となってしまうのです。「思ったよりも通信量がかさんだから、来月から無制限にする」ということもできません。更新月以外での解約には、高額な違約金のリスクも伴います。

今までのスマホのデータ通信量は毎月どのくらいで、新たにポケットwifを契約したらiどのような使い方をするのか、契約前に必ず振り返って考えた方がいいですね。

yahoo wifiは遅い?気になる通信速度

せっかくポケットwifiを持つならなるべく高速通信ができるものをと思っている方は多いかと思います。

yahoo wifiの通信速度はポケットwifiの機種によって異なります。無制限プランであれば、下り最大612Mbpsの高速通信が利用できるのです。

それではyahoo wifiの通信速度以外のスペックについてもご説明しましょう。

yahoo wifiで提供中のポケットwifiその特徴は?

yahoo wifiのポケットwifiは下記の2つから選択できます。プランにより使える機種が決まっており、上限ありであれば601ZT、無制限であれば603HWとなります。

 

  上限あり  無制限 
機種 yahoo Wi-Fi 601ZT yahoo Wi-Fi 603HW
速度 112.5Mbps 612Mbps
サイズ 約W71×H71×D14.2mm 約W109.9×H65.1×D15.5mm
重さ 約93g 約135g
同時接続可能台数 10台 14台
バッテリー容量 2,000mAh 2,400mAh
連続待機時間 約1,050時間 約850時間
連続通信時間 約8.5時間 約8.5時間
カラー ホワイト、ピンク、ブルー ブラック、ホワイト

やはり通信速度に2倍以上の差があるため、無制限プランの603HWのほうがより快適に使えるといえるでしょう。

使い放題ができる「Pocket WiFi 603HW」の評判と口コミ

実際に現在「Pocket WiFi 603HW」を使っている方の口コミを調べてみました。メリットとデメリット両方をリサーチしたところ、このような声が多く見受けられました。

■メリット

  1. 従来型より通信速度が早くなった
  2. より繋がりやすく、安定した通信が行えるようになった
  3. コンパクトなサイズ

■デメリット

  1. 連続通信可能時間が短い
  2. 充電切れが他機種に比べてやや早い

いずれも実際に使っていなければわからないことばかりですね。各項目についてより詳しくご説明します。

「Pocket WiFi 603HW」は下り最大612Mbps。yahoo wifi史上最速

yahoo wifiではこれまでもポケットwifiを多数提供してきました。「Pocket WiFi 603HW」は中でもyahoo wifi史上最速の下り最大612Mbps。より快適な高速通信を楽しむことができます。

Massive MIMO&低周波数帯に対応でより快適なデータ通信が可能に

「Pocket WiFi 603HW」は高速なだけではありません。新機能を搭載したことにより、従来よりも繋がりやすくなりました。

そのひとつがMassive MIMO。ポケットwifiひとつひとつに個々の電波を割り当てることで、混雑による繋がりにくさを改善しました。

さらに周波数帯1.7GHz・2.1GHz・2.5GHz・900MHzに加え、新たに3.5GHzという低周波数帯にも対応しました。低周波には障害物を回りこめるという特徴があります。そのためエレベーターや地下鉄など、「建物内で繋がらない!」という事態を避けることができるのです。

yahoo wifiの「Pocket WiFi 603HW」はスリム&コンパクト

「Pocket WiFi 603HW」は、高機能を搭載したポケットwifiにもかかわらず持ち運びしやすいという利点があります。

スリムサイズで重さも135gと、バッグの中に入れても邪魔になりません。外出先でも使う方には大きなメリットですね。

他機種だと10時間超えも。連続通信時間が短い

少し気になるのが連続通信時間が約8.5時間という点。他機種だと10時間を超えるものもあるため、長時間外で使う方は気をつけないと、バッテリー切れで頭を抱える場面になりかねません。

バッテリー容量は2,400mAh「Pocket WiFi 603HW」はすぐに充電が切れる?

外出先でも使う方が多いポケットwifi。充電持ちはどうしても気になる点ですね。「Pocket WiFi 603HW」はバッテリー容量2,400mAhなので、そこまで極端に電池持ちが悪い機種ではなさそうです。

しかし利用期間が2年を超えてくるとどうしても電池持ちが悪くなってしまいます。なるべく使い切ってから充電する、熱を持たないように気をつけるなど、工夫しながら使う必要はありそうですね。

yahoo wifiの契約面について調べてみた

ポケットwifiの機種についてご説明したところで、次に気になるのが契約面について。このような点にポイントを絞ってご紹介します。

■契約面について抑えるべきポイント

  1. 契約期間
  2. 端末補償サービス
  3. Yahoo!プレミアム会員について
  4. 対応エリアについて

yahoo wifiの契約期間は3年。解約時の違約金に注意

ポケットwifiを契約する上で必ずチェックしなければならないのが契約期間です。定められた期間以外での解約は高額な違約金がかかる場合があります。ほとんどのポケットwifiは、無料で解約OKなのは更新月のみと決まっています。
yahoo wifiの契約期間は、いずれのプランも3年です。3年以内での解約は違約金の対象となるため、大きな環境の変化が考えられる方は注意した方がいいかもしれませんね。

さらにyahoo wifiの違約金は高額です。契約後すぐに解約した場合、最大で40,000円近い違約金がかかります。エリアによってつながらないことも考えられるので、これは大きなリスクですね。

yahoo wifiは端末補償サービスあり。もしもの時も安心

yahoo wifiには端末補償サービスが付帯しています。補償対象内の故障なら無料で、水濡れや画面破損なども割安で修理してもらえます。もしもの時も安心です。

メーカー保証1年に加え、yahoo wifi保証もオプションとして申し込みが可能です。契約期間が3年と長いため、故障が不安な方にはオススメです。

月額料金は激安だけど…Yahoo!プレミアム会員限定のワナ

「月額1,980円〜!」と謳っているyahoo wifi。やはりその安さは目を引きます。しかし注意したいのが、”安く使える対象であるかどうか”という点です。

激安な「月額1,980円」が適用となるのは、Yahoo!プレミアム会員に限られます。これは毎月462円(税抜)でYahoo!の様々なサービスが受けられる会員です。もちろんyahoo wifiとは別契約のため、毎月462円が加算されます。

しかもyahoo wifiは13ヶ月目から月額料金が2,480円にアップします。結果的に、毎月3000円近く支払わねばなりません。これはメリットと言えるでしょうか。

使い放題したい方は要注意!アドバンスモードの対応エリアがかなり狭い!

yahoo wifiには無制限プランがあります。通常プランに加え、「アドバンスモード」が使えるポケットwifiがこれに対応しています。

無制限に惹かれてyahoo wifiの契約を検討している方に注意していただきたいのが、アドバンスモードの対応エリアについて。使い放題できるのは、アドバンスモード対応エリア内のみです。エリアから出てしまうと、アドバンスモードの電波が入らなくなってしまうのです。

現在提供中のエリアは、都市部に限られます。主要都市はカバーしていますが、地方に行くにつれてエリアは縮小傾向にあります。田舎では幹線道路付近でもつながらない可能性が高いのです。

契約前にアドバンスモードのエリア確認は必ず行った方が良いでしょう。「無制限で使えると思ってポケットwifiを契約したのに、いざ届いてみれば全く電波がない…」という事態になりかねませんよ。

yahoo wifiを契約するには実はデメリットのほうが多い?

ここまで契約面について詳しくご説明してきました。実際に調べてみると、yahoo wifiは契約期間、契約変更不可、アドバンスモードのエリアが狭いなど、デメリットが多く目立ちます。

契約をした後に、つながらない、解約したいけど違約金が高い、などと悩むのは嫌ですよね。少しでも不安を感じている方は、他の選択肢も考えた方がいいかもしれません。

yahoo wifi以外にポケットwifiを持つならWiMAXがオススメ

yahoo wifi以外にもポケットwifiを提供している会社は多くあります。そのひとつ、代表的なものがWiMAXです。広く普及し、オススメするにはこのような理由があります。

■WiMAXをオススメする理由

  1. 通信速度が早い
  2. エリアが広い
  3. 契約期間2年でOKなプロバイダもある
  4. 上限ありのプランが7GBまで使える
  5. 安い

ではWiMAXについてご説明しましょう。

下り最大758Mbps!WiMAXは超高速通信

ポケットwifiで最も重要といえるのが、通信速度です。WiMAXの最新機種「Speed Wi-Fi NEXT W05」は、下り最大758Mbps。「Pocket WiFi 603HW」よりもさらに高速なのです。

その他のスペックについても比較してみました。

 

回線 WiMAX yahoo wifi
機種名 Speed Wi-Fi NEXT W05 yahoo Wi-Fi 603HW
速度 下り最大708Mbps 612Mbps
サイズ 約W130×H55×D12.6mm 約W109.9×H65.1×D15.5mm
重さ 約131g 約135g
同時接続可能台数 10 台 14台
バッテリー容量 2,750mAh 2,400mAh
連続待機時間 約850時間 約850時間
連続通信時間 最大約15時間 約8.5時間
カラー ブラック×ライム

ホワイト×シルバー

ブラック、ホワイト

WiMAXがyahoo wifiより下回っているのは、同時接続可能台数くらいでしょうか。その他は「Speed Wi-Fi NEXT W05」のほうが圧倒的に高性能といえますね。

どこでもサクサク快適に。つながりやすいWiMAX

WiMAXはauを提供しているKDDIの回線を通信に用いています。そのため、auスマホが使えるエリアでは基本的につながると思っていいでしょう。

契約2年もOK。契約期間も短くて安心

yahoo wifiの契約期間が3年であるのに対し、WiMAXは2年であることがほとんど。料金を見直しながら使いたい方も安心ですね。

更新月以外での解約はyahoo wifiと同じく違約金がかかる場合があるので、契約前にチェックするようにしましょう。

WiMAXの上限ありプランは最大7GBまで使える

yahoo wifiの上限ありプランで月額料金1,980円のものは、最大5GBまでしか使えません。超過した場合は月末まで速度制限がかかってしまいます。

しかしWiMAXの上限ありプランは、最大7GBまでOK。「Yahoo!プレミアム会員」のような必須条件もなく、より多くデータ通信量が使えるのは大きなメリットですね。

WiMAXは高額キャッシュバックも。キャンペーン期間中ならよりお得にポケットwifiが持てる

さらにWiMAXの大きな特徴が、高額キャッシュバックを行っているプロバイダが多いことです。yahoo wifiとは異なり、提供社が多いため、各社が競うように様々なキャンペーンを行っているのです。

WiMAXでポケットwifiを持つならココがおすすめ

数あるWiMAX提供社の中で、特にオススメしたい会社をピックアップしました。

  1. GMOとくとくBB
  2. Broad WiMAX

では各社のオススメポイントをご紹介します。

端末代0円&高額キャッシュバックが魅力のGMOとくとくBB

最大42,000円という高額キャッシュバックが目玉なのが、GMOとくとくBBです。もちろん機種は「Speed Wi-Fi NEXT W05」。しかも端末代金も無料です。キャンペーン期間内の申し込みで専用のクレードルも無料でついてくるので、自宅で使いたい方には期間内での申し込みを推奨します。

月額料金も2,170円〜とリーズナブル。プランによってはyahoo wifiよりも安くポケットwifiが持てるのです。

契約後、即日発送OKなのですぐに使いたい方も安心ですね。

月額2726円〜ポケットwifiが持てる!Broad WiMAX

Broad WiMAXも月額料金の安さには定評があります。月額2726円〜、使い放題できるのです。

極端な田舎や密閉された空間など、WiMAXにもどうしてもつながらないエリアはあります。そういった場合に活躍するのがLTE回線です。通常はLTE回線の使用に別途1004円かかるのですが、Broad WiMAXの場合はこれが月額料金に含まれているのです。より安定した通信が実現しますね。

【ポケットwifiでキャシュバックが42100円】

以下で紹介しているポケットwifiのキャンペーンでキャシュバックが42100円

話題の置くだけwifiや最新端末が無料でもらえます。

なんと今月から最新機種のSpeed Wi-Fi NEXT WX05がもらえます。 wx05

以下の記事では今月限定のポケットwifiのキャンペーンを紹介しています。

無料で最新端末やキャシュバックを利用したい方は以下からどうぞ。

ポケットwifiキャンペーン。42100円以上のキャシュバックはこちら

以下の記事では無料で置くだけwifiがもらえる記事を紹介しています。

置くだけwifi

置くだけwifiが無料で欲しいならこちらを確認

wimax2プラスへ乗り換えたい方はこちら

ポケットwifiの口座振替はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です