wimaxおすすめ速度が速いもの。プロバイダによっての違いを比較

速度でおすすめwimax。プロバイダによっての違いを比較

速度でおすすめWiMAX!

速度でおすすめWiMAX!
なるべく高速なデータ通信をしたい!という方がほとんどですが、スマホだけでは通信量オーバーしてしまうのが現実。そんな方におすすめしたいのはWiMAXです。

スマホとは別にポケットwifiを契約することで、速度制限やデータ量の追加購入を気にせず、より充実したネットライフを送ることができるのです。

今回はWiMAXの速度にポイントを絞って、各社のポケットwifiを比較し、ご紹介します。通信速度がネックとなり契約できずにいる方、必見です。

そもそもWiMAXの速度ってどれくらい?

そもそもWiMAXの速度ってどれくらい?
WiMAXの契約を検討している方の不安の種のひとつが、通信速度です。ほとんどの方が「速度は出る?」「突然遅くなったりしない?」と疑問を抱いていることでしょう。

皆さんが抱いているイメージ同様、通信が安定しているのは光回線などの有線で行うインターネット。しかしながら最近のWiMAXは有線に負けず劣らず、通信が途切れたり急に遅くなることは滅多にありません。

WiMAXの通信速度はポケットwifiの機種や対応エリアにもよりますが、基本的には下記の3通りです。

  1. WiMAX2+(ハイスピードモード)下り最大220Mbps
  2. WiMAX(ノーリミットモード)下り最大13.3Mbps
  3. au 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)下り最大75Mbps

通信速度は建物の地下や混雑したエリアなど、環境によっても変動します。あくまでも回線の種類と速さの目安として頭に入れておきましょう。

下り最大220Mbps。それって早いの?

下り最大220Mbps。それって早いの?
通信速度について、”下り最大220Mbps”と言われてもなかなかピンと来ない方も多いのでは無いでしょうか。

具体的に言うと、オンデマンドサービスで映画やドラマを見たり、ストリーミング配信を見るのもストレスなく行える程度の速さです。写真やアプリをダウンロードしても、遅いと感じることは滅多にないでしょう。

自宅や会社で有線のインターネットをすでに利用している方はピンとくると思いますが、これは光回線にも匹敵する速さです。それが自宅でも、外出先でも使えるのはかなり大きなメリットですね。

さらにWiMAXの最新機種「Speed Wi-Fi NEXT W05」は、下り最大758Mbpsに対応しています。この最大速度が出るのはまだ一部地域のみ(東名阪の一部)ですが、Youtubeなど動画視聴ツールを日常的に利用している方にとっては朗報ではないでしょうか。

au、docomo、ソフトバンク。携帯各社のポケットwifiと比べてWiMAXの速度は?

au、docomo、ソフトバンク。携帯各社のポケットwifiと比べてWiMAXの速度は?
ポケットwifiといえば携帯各社で提供しているものを思い浮かべる方も多いかと思います。「スマホとセットでいかがですか?」と各ショップでも積極的に契約を勧めています。

携帯各社のポケットwifiの速度をWiMAXと比較してみました。

docomo ソフトバンク au WiMAX
機種 Wi-Fi STATION N-01J Pocket WiFi 601HW Speed Wi-Fi NEXT W05 Speed Wi-Fi NEXT W05
通信速度 788Mbps 612Mbps 788Mbps 788Mbps
月額料金 6280円〜 5071円〜 4380円〜 3,609円〜

※「GMOとくとくBB WiMAX2+」の場合

携帯各社もWiMAXと同レベルの速度が出ていますが、料金の差は歴然ですね。
WiMAXの回線はKDDIが提供しているため、auは同じ速度が出ています。同じ通信速度であれば、なるべく安い方を選びたいものです。

速度重視なら最新機種を提供しているWiMAXを選べ!

速度重視なら最新機種を提供しているWiMAXを選べ
WiMAXが十分早いということはおわかりいただけたでしょうか。光回線にも劣らない通信速度はかなり魅力的です。

それほどまでに速いポケットwifiを最大限に利用するために大切なのは、なるべく新しい機種を選ぶということです。

最新機種ほど複数の周波数に対応しているケースが多いです。高周波数(1.5GHz〜)は、大容量のデータを高速でやりとりできるメリットがあります。その反面、直進性があるという特性上、障害物の影響を受けやすく、建物内での通信が苦手です。
逆に低周波数(700MHz~)は障害物を回り込めるため、地下やエレベーター内でも比較的つながりやすいのです。

多くの周波数を使って通信できる最新機種ほど、様々な環境に対応することができます。周囲の影響を受けにくく、安定した通信を行うことができるのです。そのため混雑した駅前でも、地下鉄の中でも快適に通信を行うことができるのです。

提供エリアによって最新機種が対応していない場合もあるので、契約前に必ず確かめるようにしましょう。

ポケットwifiを持つならWiMAX!そのワケは?

ポケットwifiを持つならWiMAX!そのワケは?
一口にポケットwifiと言っても、沢山のプロバイダがあります。そして通信にWiMAX回線を使っていない会社も多数存在します。その中でも特にWiMAXをおすすめするのには、ちゃんと理由があるのです。

WiMAXには速度以外にもこのようなメリットがあります。

  1. 使い放題できる
  2. 料金が安い
  3. ネット申し込みができる

それではひとつずつご説明しましょう。

速度制限知らず!サクサク使えるWiMAX

速度制限知らず!サクサク使えるWiMAX
WiMAXを提供しているプロバイダ各社には「ギガ放題」という料金プランがあります。(通常プランだと「7GB制限」の対象になってしまうので要注意です。)「ギガ放題」プランは、月間通信制限を設けていません。そのため、使い放題も可能なのです。「月末はいつも通信速度が遅くなってイライラしている」という方にはオススメのプランです。

「ギガ放題」という名前ではありますが、「3日間で10GBまで」というルールも設けられています。もし「3日間で10GB」を超過した場合、速度制限の対象となります。
しかしながら、通信速度が遅くなってしまうのは、翌18時から翌々26時までの特に混雑しやすい8時間です。26時以降は今まで通りの速度に戻ります。これまでの「7GB制限」に比べればかなりゆるいですよね。特に昼型の生活を送っている方は、あまり気にならないかもしれません。

そもそも動画を見たり、アプリをダウンロードしたり、今まで同様の使い方をしていれば、「3日間で10GB」を超えることは滅多にありません。これは著者の実経験ですが、動画オンデマンドサービスで高画質の動画を約12時間流し続けても、極端に通信が遅くなる・途中で再生が止まってしまうことはありませんでした。

機種代金ゼロ、キャッシュバックもあってお得!

機種代金ゼロ、キャッシュバックもあってお得!
WiMAXを提供しているプロバイダは複数あります。プロバイダの数だけサービスの数もあるため、一体どのプロバイダと契約すればいいか、なかなか決められずにいる方も多いことでしょう。

一見面倒にも見えますが、これは消費者である私たちにとって有利なのです。
プロバイダが多ければ多いほど、顧客を獲得するための価格競争が起こります。実際にプロバイダ各社は、こぞってお得なキャンペーンを実施しているのです。

「機種代金ゼロ」でポケットwifiがゲットできるプロバイダもあれば、キャンペーン期間中に契約することで数万円のキャッシュバックを受け取れることもあるのです。

WiMAXのプロバイダでお悩み中の方は、”お得度”を基準にするのもアリですね。

auならスマホとセット割でさらにお安く

auならスマホとセット割でさらにお安く
前述した通り、WiMAXの回線を提供しているのはKDDIです。そのためauでは「auスマートバリューmine」という割引キャンペーンを行っています。スマホとセット利用で毎月934円オフで使うことができるのです。

auで契約すればもちろん割引の対象となりますが、「auスマートバリューmine」の適用プロバイダも複数あります。

お得にポケットwifiを使える上にスマホと合算請求もできるので、auスマホを使っている方は候補に入れてみてもいいかもしれませんね。

機種即日発送も。ネット申し込みで簡単に使える

機種即日発送も。ネット申し込みで簡単に使える
ビジネス利用を検討している方は特に、「ネット申し込みだといつ届くかわからず不安」と思っているかもしれませんね。クライアントや仕事仲間に迷惑をかけるのは誰しも嫌なものです。

しかしそのような不安はいりません。実は即日発送、翌日発送を行っているプロバイダがほとんどです。都市部在住であれば、日中の申し込みで翌日には本体を受け取ることができるのです。

”クレジットカード払いのみ”などの制約があるプロバイダもあるので、申し込み前に必ずチェックするようにしましょう。

ネット申し込みで本体機種を翌日受け取れることができれば、ショップが混雑している土日にわざわざ出かける必要もありません。忙しい方にとって、これは大きなメリットのひとつと言えるでしょう。

面倒な工事もナシ!WiMAXは気軽に使える

面倒な工事もナシ!WiMAXは気軽に使える
光回線などの有線インターネットは、多くの場合が自宅に回線を引き入れる開通工事を必要とします。新生活が始まる4月は申し込みも多いため工事も混み合います。引越しや各種手続きでただでさえ忙しい時期に、これはかなり面倒ですよね。

しかしWiMAXは無線のため開通工事なくインターネットを使うことができます。本体機種を購入し、スマホ・PCの設定をするだけです。開通工事の予定調整などで、わずらわしい思いをすることもありません。

気軽に使えるのもWiMAXの利点ですね。

WiMAXはつながりやすい?対応エリアも拡大中

WiMAXはつながりやすい?対応エリアも拡大中
ポケットwifiを持つ上で最も大事なのが、「つながるかどうか」ですね。WiMAXでいくら速度が出るとはいえ、長い時間を過ごす自宅や勤務先が対応エリア外でつながらなければ何の意味もありません。

WiMAXはKDDIの回線を使っているため、それに準じて広いエリアに対応しています。余程の過疎地や山間部出ない限り、つながらないということはないでしょう。さらにエリアも拡大中のため、田舎の一部地域も続々と対応エリア内になるようです。

公式ホームページから対応エリアが確認できるので、不安な方は契約前にチェックしてみてくださいね。

徹底比較!おすすめWiMAXプロバイダはコレだ!

徹底比較!おすすめWiMAXプロバイダはコレだ!
家電量販店などで見かけたことがある方もいるかもしれませんが、WiMAX回線が使えるプロバイダは数多くあります。各社が競うように様々なキャンペーンを実施し、他社との差別化を図っています。

同じWiMAXを使うのであれば、できるだけお得に使いたいもの。なかでも特にオススメのプロバイダをいくつかピックアップしました。

    1. GMOとくとくBB WiMAX2+
    2. So-net WiMAX2+
    3. BIGLOBE WiMAX
    4. UQWiMAX
    5. BroadWiMAX

では、各社の料金やサービスを詳しくご説明します。

最大39,500円キャッシュバック!GMOとくとくBB WiMAX2+

最大39,500円キャッシュバック!GMOとくとくBB WiMAX2+
最大39,500円のキャッシュバックが受けられるのが、GMOとくとくBB WiMAX2+。さらに機種代金ゼロでポケットwifiを持つことができます。かかるのは3,000円の事務手数料のみです。初期費用を抑えたい人にぴったりですね。

「ギガ放題」プランの月額料金についても、2ヶ月目まで3,609円。契約後、「通常プラン」に変更することもできるので、思ったよりもデータ通信量が少なかった方は切り替えてもいいですね。そうするとずっと3,609円で使うことも可能ですよ。

月額料金がずっと安いのはSo-net WiMAX2+

月額料金がずっと安いのはSo-net WiMAX2+
So-net WiMAX2+では、最新機種「Speed Wi-Fi NEXT W05」を端末代金ゼロで提供しています。

その上、月額料金は3年間ずっと3,380円です。もし契約期間中にポケットwifiが壊れてしまっても、1年10ヶ月以降であれば無料で機種変更ができます。

ただ単にお得なだけではなく、安心サポートを受けられるのもいいですね。

初月無料のプランもあるBIGLOBE WiMAX

初月無料のプランもあるBIGLOBE WiMAX
「選べるキャンペーン」を実施しているのが、BIGLOBE WiMAXです。

GMOとくとくBB、So-netと同様、機種代金ゼロはもちろんのこと、月額料金を安くできるAプランと、キャッシュバックを受けられるBプランのいずれかを選ぶことができます。

Aプランの場合は、月額料金が22ヶ月間連続で月額料金が1,650円も安くなります。さらに初月は月額料金無料で使うことができるのです。

Bプランは15,000円のキャッシュバックが受けられますが、最大で値引総額 46,970円にもなるAプランのほうが総合的に見るとお得度は高いですね。

超速!下り最大440MbpsのUQWiMAX

超速!下り最大440MbpsのUQWiMAX
CMなどで目にする機会も多いUQWiMAX。おすすめポイントのひとつはその速さです。

下り最大440Mbpsに対応しており、同社の調査によると常に混雑している渋谷駅で計測しても316Mbpsの速度が出ているとのこと。都心でビジネス利用する方にはぴったりですね。

月額料金は3ヶ月目まで3,696円。4ヶ月目から4,380円になりますが、auユーザーだと「auスマートバリューmine」の対象になるので、1,000円オフで使うことができます。

都市部に住んでいるauユーザーにぜひオススメしたいプロバイダです。

BroadWiMAXはWEB申し込みで初期費用ダウン

BroadWiMAXはWEB申し込みで初期費用ダウン
月額料金が最大3ヶ月2,726円で使えるのがBroadWiMAXです。

通常時は18,857円かかる初期費用も、ネット申し込み&クレジットカード払いにすれば一切かかりません。月額料金だけでなく、初期費用までお得なプロバイダなのです。

現在、他社のポケットwifiを契約中の方向けの乗り換えキャンペーンも行っています。これは解約時の違約金を上限19,000円まで負担してくれるというもの。

今ポケットwifiを持っていて、使い勝手に不満がある方には、打ってつけのプロバイダです。

おすすめプロバイダをまとめてみた!

おすすめプロバイダをまとめてみた!
上記でオススメしたプロバイダ各社の情報をまとめてみました。

GMOとくとくBB WiMAX2+ So-net WiMAX2+ BIGLOBE WiMAX UQWiMAX BroadWiMAX
本体機種 Speed Wi-Fi NEXT W05 Speed Wi-Fi NEXT W05 Speed Wi-Fi NEXT WX03 Speed Wi-Fi NEXT W05 Speed Wi-Fi NEXT WX04
通信速度 下り最大758Mbps 下り最大758Mbps 下り最大440Mbps 下り最大705Mbps 下り最大440Mbps
月額料金 3,609円〜 3,380円〜 3,345円〜 3,696円〜 2,726円〜
キャッシュバック 最大39,500円 無し 15,000円 無し 無し
その他キャンペーン 無し 無し 月額料金大幅値引き特典 LTEオプション料が永年無料

※「auスマートバリューmine」対象者のみ

初期費用18,857円が無料

同じWiMAX回線を提供しているプロバイダでも、キャンペーンや通信速度など、それぞれに特色があることがわかりました。

「月額料金重視」「キャッシュバック重視」「初期費用重視」など、皆さんぞれぞれのお得基準があるかと思います。どのWiMAXを選んだとしても通信速度に過不足はないので、自分自身のお得基準に合うプロバイダを選ぶのがベストですね。

WiMAXで「つながらない!」「遅い!」とはオサラバ


通信速度を中心にWiMAX回線についてご説明してきましたが、疑問は解決されたでしょうか?最新機種も続々と出ており、様々な環境で快適に高速通信が行えることはおわかりいただけだと思います。

近年、SNSやゲームアプリだけでなく、電子マネーや電子チケットシステムも急速に普及し、スマホひとつで色々なことができる世の中になりました。これからもっと様々なサービスが対応し、日常に浸透していくことが予想されます。
そうなった時に困らないために、今からWiMAXのポケットwifiを持っておきたいですね。

【ポケットwifiでキャシュバックが42100円】

以下で紹介しているポケットwifiのキャンペーンでキャシュバックが42100円

話題の置くだけwifiや最新端末が無料でもらえます。

なんと今月から最新機種のSpeed Wi-Fi NEXT WX05がもらえます。 wx05

以下の記事では今月限定のポケットwifiのキャンペーンを紹介しています。

無料で最新端末やキャシュバックを利用したい方は以下からどうぞ。

ポケットwifiキャンペーン。42100円以上のキャシュバックはこちら

以下の記事では無料で置くだけwifiがもらえる記事を紹介しています。

置くだけwifi

置くだけwifiが無料で欲しいならこちらを確認

wimax2プラスへ乗り換えたい方はこちら

ポケットwifiの口座振替はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です