speed wi-finext w05 wimaxの口コミや評判は最悪?大調査

speed wi-finext w05 wimaxの口コミや評判は最悪?大調査

目次

speed wifinext w05 wimaxの口コミや評判は最悪?調べてみた!

speed wifinext w05 wimaxの口コミや評判は最悪?調べてみた!
「speed wifinext w05 wimax」というポケットwifiはご存知ですか?WiMAXの契約を検討している方はよく目にしているのでは無いでしょうか。

現在、WiMAX回線が使える最新機種として多くのプロバイダや代理店から提供されています。スマホのLTE回線のみでは足らずにポケットwifiが欲しいという方にとって、どんな使い勝手か気になりますよね。

本記事ではspeed wifinext w05 wimaxの良い点も悪い点も包み隠さずご紹介いたします。

尚、今すぐにW05が欲しい方は以下のGMOとくとくBBで無料でもらう事が可能です。

キャシュバックも42100円。

GMOとくとくBBは以下からどうぞ。

20日以内であれば無料でキャンセル出来るので、スペックだけ見たい方にもおすすめです。

GMOとくとくBB公式サイトはこちら【無料】

W04とWX03を実測速度やスペックで徹底比較

speed wifinext w05のスペックを紹介

speed wifinext w05のスペックを紹介
まずはspeed wifinext w05 wimaxが一体どのような機能を備えているのか、スペックについて表にまとめてみました。

機種名 Speed Wi-Fi NEXT W05
製造元 HUAWEI
販売価格 28,080円
本体サイズ 約130×55×12.6mm
画面サイズ 2.4inch
重量 約131g
通信速度 下り最大708Mbps

上り最大75Mbps

※ハイスピードプラスエリアモードを使用の場合

連続使用時間 約10時間30分 ※バッテリーセーブモードを使用の場合
バッテリー容量 2,750mAh
充電用の端子 USB3.0 Type-C

 

メリットは何?みんなが気になっているW05のギモン

メリットは何?みんなが気になっているW05のギモン
速度や軽さなど、高性能なポケットwifiであることはお分かりいただけたかと思います。しかし「実物を見てみないと不安」という方も多いことでしょう。

speed wifinext w05 wimaxについて、口コミを調べてみたところ、このような疑問が多く寄せられているようです。

  1. 速度は速い?遅い?
  2. 通信が途切れたりしない?
  3. 充電持ちはいい?
  4. 持ち運びやすいサイズ?
  5. 連続通信時間は?

最新機種で高性能であると言われていながらも実際に使ってみないとわからない…と半信半疑になっている方が多いようですね。

speed wifinext w05は使いやすいポケットwifi?

speed wifinext w05は使いやすいポケットwifi?
月々数千円とはいえ、「つながらない」「重い」「充電が持たない」などといった使い勝手の悪いポケットwifiは使いたくないものです。

ゲームや動画などエンターテイメントを楽しむだけでなく、オンライントレードやネットバンキングなど、使い方の選択肢が増え、よりインターネットが身近な存在になったからこそ、”快適にデータ通信が行えるかどうか”はポケットwifi選びの重要なポイントです。

ここでは速度やエリア、デザインなどについてご紹介します。

最大通信速度は下り758Mbps。快適にデータ通信が楽しめる

最大通信速度は下り758Mbps。快適にデータ通信が楽しめる
speed wifinext w05の大きな特徴のひとつが、前機種W04よりも大幅にアップした通信速度。
現在3パターンの通信方式(4×4MIMO、キャリアアグリゲーション(CA)、変調方式256QAM)に対応し、下り最大758Mbpsの高速通信に対応しました。
高品質データ等のダウンロードやソフトのインストールもサクサク快適に行うことができます。

上りの通信速度も最大75Mbps。W04が30Mbpsなので、その速さは倍以上!大きいサイズの画像データもストレスなく送信できます。

「圏外知らず!」「前機種より繋がる!」口コミ続々のspeed wifinext w05

「圏外知らず!」「前機種より繋がる!」口コミ続々のspeed wifinext w05
すでにspeed wifinext w05を利用している人は、W04などの前機種から乗り換えた人が多いようですね。前機種との比較でよく聞こえてくる口コミが「繋がりやすくなった!」というものです。

前機種ではエレベーター内等の密室や地下ではつながりにくさを実感することも多々ありました。LTE通信に切り替えるためにいちいち設定を変更しなければならないと面倒に思うことも少なくありません。

speed wifinext w05は、新しい通信方式である4×4MIMOとキャリアアグリゲーションに対応しています。これはW04にはない機能です。そのためずっと快適に、繋がりやすさ抜群のデータ通信が実現できているんですね。

薄さ12.6mm&重さ約131g!軽くてコンパクトだから持ち運びも楽チン

薄さ12.6mm&重さ約131g!軽くてコンパクトだから持ち運びも楽チン
いくら高性能でも重いポケットwifiを持ちたくないというのは、大多数の意見ではないでしょうか。女性の方は小さいカバンを持つことも多いので、かさばるのが嫌!という口コミも多く見られました。

speed wifinext w05はW04に比べ、約10g近く軽く、より薄くなっています。外出先でも使う方が多いと思うので、これはかなり大きなメリットですね。

よりスタイリッシュなデザインに。カラーは選べる2色。ケースなどの付属品も

よりスタイリッシュなデザインに。カラーは選べる2色。ケースなどの付属品も
前機種からの軽量化に成功したspeed wifinext w05は、約2.4インチという大きなサイズで見やすい画面はそのままに、よりスタイリッシュなデザインになっています。

カラーは、「ブラック×ライム」「ホワイト×シルバー」の2種類から選択することができます。男性人気が高いのは「ブラック×ライム」、女性や若年層からの人気を集めているのが「ホワイト×シルバー」のようです。

従来のポケットwifiとは異なる点が、ケースなどの付属品も多く発売されているということです。自分好みのケースで持ち歩きたい方や、なるべく綺麗なまま使い続けたい方にとっては嬉しいですね。

au 4G LTEにも対応。「つながりにくい」を解消できる

au 4G LTEにも対応。「つながりにくい」を解消できる
今までW04などのWiMAXのポケットwifiを使い続けてきた方にとってはおなじみの、au 4G LTE回線。「WiMAX回線が繋がりにくい」「データ通信量の上限をオーバーしそう」といった場面で、au 4G LTE回線に切り替える方は多いのではないでしょうか。

ご存知のない方にご説明すると、従来のW04などの機種は1台のポケットwifiに「WiMAX」「au 4G LTE」の2つの回線を選択できる機能が備わっています。対応エリア外などの理由から「WiMAX」がつながらない際に、auスマホと同じく繋がる「au 4G LTE」を使うことができるのです。

speed wifinext w05ももちろんau 4G LTEに対応しています。2回線使える便利さは残しつつ、高速通信が実現したんですね。

お引越し機能搭載で初期設定もカンタン

お引越し機能搭載で初期設定もカンタン
ポケットwifiを乗り換える際の悩みのタネが、接続設定の面倒くささです。パソコンやスマホ、ゲーム機器など、ひとつひとつの設定を変更するのは時間も労力もかかります。購入後に設定を忘れて「プリンタがつながらない!?そういえばまだ設定していなかった!」とイラっとしたことがある方もいるかもしれませんね。

そのような方にご紹介したいのが、speed wifinext w05に新しく搭載された「wifiお引越し機能」です。設定のストレスから解放されるとても便利な機能なのです。

起動後にタッチパネルに表示される”接続機器”からつなぎたいものを選択して、パスワードを記入するだけ。これですぐにインターネットに接続されるのです。

現在別のポケットwifiを使っている方はもっとカンタンに設定ができます。タッチパネルから”お引越し機能”を選び、全ての設定を引き継ぐだけです。そうすれば一気に全ての接続設定が完了です。

数多くあるWiMAXの端末でも、この「お引越し機能」が搭載されているのは、speed wifinext w05のみ。購入後に面倒な設定をしなくていいのはかなりのストレス減です。

speed wifinext w05のクレードルは使ったほうがいいの?

speed wifinext w05のクレードルは使ったほうがいいの?
speed wifinext w05 wimaxについてリサーチを進めていくと、みんなが共通して疑問に思っていることが「クレードル」を使ったほうがいいかどうかについて。

クレードルとは、speed wifinext w05 wimaxの付属品として別売りで販売されている、ポケットwifiを置く小さな台のようなもの。主に自宅やオフィス等で実際にポケットwifiを接続して使うものです。すでにspeed wifinext w05 wimaxのクレードルを持っている人の口コミをみると、どんな使い方をするかによって、必要か不要か、意見がきっぱり割れているようですね。

性能や便利な点をピックアップしたので、自分に必要か見極める材料にしてくださいね。

speed wifinext w05のクレードルにはこんなメリットが!高速&抜群の安定性

speed wifinext w05のクレードルにはこんなメリットが!高速&抜群の安定性
そもそも「クレードル」とは、「受け台」という意味。プラスチックでできたポケットwifi専用の置き台をイメージしていただければ間違いありません。

しかしただポケットwifiを置くための台ではありません。ちゃんと便利な機能を兼ね備えています。

speed wifinext w05 wimaxのクレードルは主にこのようなことができます。

  1. 通信が安定する
  2. 充電ケーブルが長持ち
  3. 自動的にモードチェンジ
  4. 固定回線しかない場所でも無線LANでネット接続OK

安定した高速通信がお望みの方には願ってもない機能ですね。それではひとつずつ詳細をご説明します。

クレードル経由で有線接続すれば安定したデータ通信が行える

クレードル経由で有線接続すれば安定したデータ通信が行える
ホテルやファストフード店など、LANケーブルの差込口がある場所が増えています。しかし、「通信が安定しない」「不特定多数が同じ回線を使っているためセキュリティに不安がある」などのデメリットが目だち、せっかく便利でも使うのには尻込みしてしまうものです。

実はクレードルを介して、無線LANでその回線に接続することができます。クレードル経由でつなぐため、つながりにくいこともなく、セキュリティも安心です。

その方法はカンタン。「APモード」に切り替えたspeed wifinext w05 wimaxを乗せたクレードルをLANケーブルの差込口につなぐだけです。面倒な操作は必要ありません。外出先でメールや資料のやり取りをするビジネスマンにはぜひオススメしたい方法です。

電波の弱い場所でも通信量を消費せずにネットが使える

電波の弱い場所でも通信量を消費せずにネットが使える
前述した「クレードルをLANケーブルにつないで使う方法」には、もうひとつ大きなメリットがあります。それはデータ通信量が消費されないということです。

WiMAXには大きく分けて「ギガ放題プラン」「通常プラン」の2つのプランがあります。「通常プラン」の場合、データ通信量の上限が決まっています。上限を超えてしまうと月末まで速度制限がかかってしまうので、要注意ですね。

しかし、クレードルを有線接続→その上にspeed wifinext w05 wimaxを乗せれば、「有線のインターネット回線に無線接続している」状態になるので、ポケットwifi自体のデータ通信量は消費されないのです。

上手に使うことでよりリーズナブルにポケットwifiを使えそうですね。

乗せるだけでOK!カンタン充電でケーブルも長持ち

乗せるだけでOK!カンタン充電でケーブルも長持ち
クレードルには充電器と同じ機能も備わっています。そのため、乗せるだけで自動的に充電を行ってくれるのです。
パソコンやスマホ、音楽プレイヤーなど、様々なケーブルでごちゃごちゃになりがちな方には、スマートに充電できるクレードルがオススメですよ。

クレードルに乗せればハイスピードモードに早変わり

クレードルに乗せればハイスピードモードに早変わり
speed wifinext w05 wimaxのクレードルには、前機種に無かった機能が備わっています。

それはポンっと乗せるだけで、自動的に高速モードに切り替わるということ。
出先でポケットwifiを使用する人の多くが、充電持ちと高速通信を両立できる「ノーマルモード」か、充電持ち最優先の「バッテリーセーブモード」のいずれかを設定しています。
帰宅後、いちいち最高速の「ハイパフォーマンスモード」に切り替え操作をするのは面倒ですよね。

しかしspeed wifinext w05 wimaxはクレードルに乗せると勝手に「ハイパフォーマンスモード」にできる機能があるのです。これはかなり便利ですね。

speed wifinext w05を前機種W04&競合機種WX04と徹底比較してみた!

speed wifinext w05を前機種W04&競合機種WX04と徹底比較してみた!
speed wifinext w05と前機種であるW04、競合機種WX04の機能を比較し、まとめてみました。「最新機種とはいえ…」とまだ疑いの目を向けている方はぜひご覧くださいね。

端末名 Speed Wi-Fi NEXT W05 Speed Wi-Fi NEXT W04 WX04
製造メーカー HUAWEI HUAWEI NEC
本体サイズ 約130×55×12.6mm 約130×53×14.2mm 約111×62×13.3mm
画面サイズ 2.4inch 2.4inch 2.4inch
重量 約131g 約140g 約128g
通信速度 下り最大708Mbps

上り最大75Mbps

下り最大558Mbps

上り最大30Mbps

下り最大440Mbps

上り最大30Mbps

連続使用時間 約10時間30分 約10時間30分 約14時間
バッテリー容量 2,750mAh 2,750mAh 3,200mAh
充電用の端子 USB3.0 Type-C USB3.0 TypeC USB2.0 TypeC

下り最大758Mbps!圧倒的に速いW05

下り最大758Mbps!圧倒的に速いW05
みなさんが最も気になっているであろう通信速度から比べると、一番早いのはspeed wifinext w05という結果になりました。W04の「下り最大558Mbps」、MX04の「下り最大440Mbps」と比較してもその速さは圧倒的です。

これまでW04、WX04を使っていた方は、speed wifinext w05に乗り換えるとすぐにその速さに気づくことでしょう。

従来型より10g軽量化。最新機種はいずれも軽い

従来型より10g軽量化。最新機種はいずれも軽い
外出先や移動中など、持ち運びができるというポケットwifiの利点を最大限に生かすために重要なのは「重さ」です。

ポケットwifiが一般に普及して5年以上も経過しましたが、その重量は年々軽くなってきています。今回比較した3機種で最も軽いのはWX04の約128g。speed wifinext w05も約131gなので、最新機種は130g前後と、とても軽いものが多いようです。

充電持ちはWX04の圧倒的勝利!バッテリー交換もOK

充電持ちはWX04の圧倒的勝利!バッテリー交換もOK
ポケットwifiを持つ上で大事なのが充電持ちです。いくら外出先で使えるといっても、充電が持たなければ意味がありません。いちいち充電を気にするのも、ケーブルを持ち歩かなくてはいけないのも面倒ですよね。

最も充電持ちがいいのは、バッテリー容量3,200mAhのWX04という結果になりました。使用モードにもよりますが、最大連続使用時間は約14時間。半日以上使い続けてもOKなのは大きなメリットです。

その上、バッテリーが持たなくなってきたらバッテリー交換もできます。本体買換えよりもずっとコスパがいいですね。

speed wifinext w05はバッテリー交換不可。最新機種に無料で機種変更OKなプロバイダも

speed wifinext w05はバッテリー交換不可。最新機種に無料で機種変更OKなプロバイダも
充電持ちが良く、バッテリー交換ができるWX04に反し、speed wifinext w05はバッテリー交換ができません。充電が持たなくなってきたら買換えをするほかありません。

しかし、このデメリットを承知しているプロバイダは、長期利用で最新機種に無料で機種変更できるシステムになっています。期間の目安としては約20ヶ月以上の利用で適用される場合が多いですね。

著者の経験として、24ヶ月ほどは問題なく充電が持つことがほとんどなので、バッテリーもちについてはあまり気にしなくていいかもしれません。

WX04には再起動を繰返す不具合も…speed wifinext w05は大丈夫?

WX04には再起動を繰返す不具合も…speed wifinext w05は大丈夫?
充電持ちが良く、speed wifinext w05に匹敵する競合機種として知られるWX04ですが、「再起動を繰り返す」「ずっと再起動中のまま、なかなか起動しない」といった口コミも見受けられます。その上、WX04の契約期間は最低3年。不満を感じて解約しても、3年以内の場合は違約金の対象になってしまいます。

speed wifinext w05でも同様の口コミがないかリサーチしたところ、特にこういった不具合は報告されていない様子。また契約期間も2年からなので、そういった点でも安心です。

speed wifinext w05を本体無料でゲットする方法

speed wifinext w05を本体無料でゲットする方法
カンタン設定で快適な高速通信が楽しめるspeed wifinext w05。実は、実質0円で提供しているプロバイダがあるのです。本来30,000円近く支払わなければならないものが0円になるのはかなり大きなメリットです。

その代表的なものをいくつかご紹介します。

  1. GMOとくとくBB
  2. So-net WiMAX
  3. Broad WiMAX

各社の違いについても簡単にご説明しますね。

最大42,000円キャッシュバックもあるGMOとくとくBB

最大42,000円キャッシュバックもあるGMOとくとくBB
GMOとくとくBBはなんといってもキャッシュバックが高額なのが最大の魅力です。現在行っているキャンペーンは、端末代金が無料になるだけでなく、初期費用も無料。もちろんキャッシュバックももらえます契約を悩んでいる方はぜひこのキャンペーン期間中に決断して欲しいですね。

GMOとくとくBBの利点は契約期間が2年であるということ。20〜30代の方は、結婚や転勤など数年のうちに環境が変わる可能性が多いにあります。解約する際に違約金を支払わねばならないリスクを背負い、3、4年契約をするよりは、2年間で様子を見る方がいいケースもありますよ。

キャッシュバック&3年間ずっと月額3380円はSo-net WiMAX

キャッシュバック&3年間ずっと月額3380円はSo-net WiMAX
次にオススメするSo-net WiMAXは、月額料金3,380円がずっと続くのが最大の魅力です。

他のプロバイダだと「月額料金980円」などど謳っておきながら、契約4ヶ月〜24ヶ月目から4,000円台にアップする場合も。2、3年継続して契約するのであれば、So-net WiMAXのほうが安上がりですね。

auユーザーならさらにお得なBroad WiMAX

auユーザーならさらにお得なBroad WiMAX
auのスマホを使っている方に朗報です。Broad WiMAXで契約することで、割引プラン「auスマートバリュー mine」の対象になります。併用するだけで毎月のスマホ代金が最大934円安くなりますよ。

さらに今ならWebフォームからの申し込みで初期費用18,857円が無料になります。端末代金も無料のため、これはかなりお得ですね。

【ポケットwifiでキャシュバックが42100円】

以下で紹介しているポケットwifiのキャンペーンでキャシュバックが42100円

話題の置くだけwifiや最新端末が無料でもらえます。

なんと今月から最新機種のSpeed Wi-Fi NEXT WX05がもらえます。 wx05

以下の記事では今月限定のポケットwifiのキャンペーンを紹介しています。

無料で最新端末やキャシュバックを利用したい方は以下からどうぞ。

ポケットwifiキャンペーン。42100円以上のキャシュバックはこちら

以下の記事では無料で置くだけwifiがもらえる記事を紹介しています。

置くだけwifi

置くだけwifiが無料で欲しいならこちらを確認

wimax2プラスへ乗り換えたい方はこちら

ポケットwifiの口座振替はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です