fujiwifiの評判と口コミ。速度が遅い?解約も検討するほどというのは本当?

fujiwifiの評判と口コミ。速度が遅い?解約も検討するほどというのは本当?

目次

fujiwifiの評判は悪すぎる?本当のところはどうなの?

fujiwifiの評判は悪すぎる?本当のところはどうなの?
fujiwaifiは価格が安いことや、魅力的なプランから契約している方が多いです。ビジネスマンからも人気で一定のユーザー支持を得ています。

しかし、ネット上にはfujiwifiの悪い評判も存在しています。一体どのような点が悪い評判に繋がっているのでしょうか。

せっかく契約したのに、不具合があっては困りますよね。特に仕事で使う人であればなおさらしっかりと機能して貰わなければ困ります。

月額たったの980円。レンタルも可能なポケットwifi

fujiwifiは以下からどうぞ。

fujiwifi公式サイトはこちら【無料】

他のポケットwifiのキャンペーンの比較表は以下からどうぞ。

ポケットwifiキャンペーン比較2018!キャッシュバック無制限など完全解説

通信速度が突然遅くなる

通信速度が突然遅くなる

購入してから2~3日は快適に使えたのですが、そのあとは通信速度が異常に遅くなり困ってしまったという声が見受けられます。これは期待して契約した客さんにとっては本当に残念なことですよね。

高速通信で快適なインターネット生活を送るはずが、わざわざお金を支払って遅い回線に・・・。このようなケースの多くは運営会社である株式会社レグルス側のシステムに問題が生じて、速度トラブルにつながるようです。

fujiwifiの運営会社レグルスについて解説していきます。

運営会社は株式会社レグルスという会社です。一体どのような会社なのでしょうか。こちらの会社は2010年に設立されています。

メインの事業は人材派遣、転職支援サービスです。そのほかの事業としてインバウンド事業、通信代理店事業、企業支援事業を行っています。

「え!?、運営会社って電気通信事業の専門業者じゃないの??」
そうなのです、ソフトバンクや楽天、KDDI、など電機通信事業の会社ではないのです。

会社自体も2010年に設立されているため、かなりできて日が浅い会社と言えます。しかし、とても魅力的なサービスを考案して、それを多くの方に提供しているので信頼できる会社であると思えるのではないでしょうか。

しかし、ちょっと待ってください、実はfuji-wifiの運営会社である株式会社レグルスは、2017年1月25日に個人情報の流出を起こしているのです。

これはfujiwifiにおいてサイトリニューアルに伴う、アップデート時に契約者の個人情報(氏名、メールアドレス)が流出したとのことです。

これはユーザー側としては長く使用していく上で不安を感じてしまいますよね。
しかし、「LTE回線使い放題」「本体購入不要」というのは、非常に画期的なサービスであり、ユーザーに良いサービスを提供しているというのは間違いないと言えるのではないでしょうか。

▼fujiwifiの評判は悪すぎる?本当のところはどうなの?

  1. fujiwifi
  2. LTE
  3. 株式会社レグルス
  4. フジワイファイ

fujiwaifiの値段はいくら?おすすめプランはある?

fujiwaifiの値段はいくら?おすすめプランはある?

 

 

プラン名 初期費用(初月のみ) 価格 備考
4GLTEいつも快適プラン ¥2,000 ¥6,000 ソフトバンク回線の4G/LTEが利用可能。毎月データ無制限で速度制限がなし、ただし速度制限に掛かることもある。
200ギガプラン ¥2,000 ¥4,800 200GB使い放題
100ギガプラン ¥2,000 ¥3,800 100GB使い放題
50ギガプラン ¥2,000 ¥3,100 50GB使い放題
25ギガプラン ¥2,000 ¥2,500 25GB使い放題
10ギガプラン ¥2,000 ¥2,300 10GB使い放題
Wimax2 with au4G LTEプラン ¥2,000 ¥2,980 高速通信ができるSpeed Wi-Fi NEXT W05とSpeed Wi-Fi NEXT W04をレンタル可能。
Wimax2 with au4G LTEプラン[月々プラン] ¥39,800 ¥980

 

fujiwaifiはプランの種類も多く、とにかく価格帯が安いのが特徴です。また、種類の豊富さから自分に合ったプランが見つけやすいのではないでしょうか。

4G/LTE いつも快適プラン

4G/LTE いつも快適プラン
特に大人気のプランは「4G/LTE いつも快適プラン」です。これは、4G/LTE回線を無制限に使うことができるものです。最近ではYou tubeの閲覧が人気となっていますよね?

面白い動画を見ていると、すぐにデータ容量を使い切ってしまい、速度制限にかかる。
こんなストレスからおさらばできるプランが「4G/LTE いつも快適プラン」です。

インターネットの利用頻度が高く、ネット料金が高めで困っている人であれば利用することで、月々の料金を抑えて更に快適なネット環境が手に入ること間違いなしでしょう。

注意点

注意点

ただしこのプランは良いことばかりではないんです!まず、4G/LTE快適プランには速度制限があるのです。

異常な通信量の使用者には、通信会社の判断で速度制限にかかるようなのです。これはひどい話ですよね。せっかく使い放題だから契約したのに、使うと速度制限にかかることがある!

実際に使用していると300GBの通信量で使用制限にかかるようです。更に口コミを調べると300GBに満たなくても速度制限にかかることがあるようです。目安は220GB~と考えておくと良いようです。

200GBプラン

200GBプラン
200GBプランはfujiwifiの中でも人気プランの一つです。これはWiMAXよりもお得です。大容量200GB、4,800円で利用できるのはうれしいですよね!200GBとはどのくらいの使用ができるのでしょうか。

you tubeは1GB1.5時間と言われています。そのため300時間は見られるということになると考えられんすね。実際には動画の種類でも変わってきますが、相当なデータ通信が可能であることがわかります。

これを基準に自分のデータ通信量に合わせて10GB~100GBの中から選択をすると良いでしょう。

Wimax2 with au4G LTEプラン

Wimax2 with au4G LTEプラン
このプランはWiMAXを使用することになるのですが、auやUQモバイルなどで契約するよりも契約の制限がなく、価格も安いためコストパフォーマンスが非常に高いと言えます。
なお、fujiwifiをプロパイダとして契約しても、WiMAXの3日で10GBを通信すると速度制限になる縛りは消えないので要注意です。

なお3日間で10GB使用した際の制限は次の日の18時から翌々日の2時まで1Mbbsの制限のため、通常の用途ではそこまでストレスにならない制限だと言えるでしょう。動画等も多少読み込み時間がかかる程度で待ち時間なく視聴可能です。

▼fujiwaifiの値段はいくら?おすすめプランはある?

  1. fujiwifi
  2. 株式会社レグルス
  3. 4GLTEいつも快適プラン
  4. 200ギガプラン
  5. 100ギガプラン
  6. 50ギガプラン
  7. 25ギガプラン
  8. 10ギガプラン

fujiwaifiの能力徹底検証、wimax、SAKURAwifiと比較検証!

fujiwaifiの能力徹底検証、wimax、SAKURAwifiと比較検証!

今回はfujiwifiの実力を徹底検証するために、UQwimaxとSAKURA WiFiとの比較をしてみます。

 

 

サービス名 fujiwaifi UQwimax SAKURAWiFi
提供会社 株式会社レグルス UQコミュニケーション 株式会社BALDIA
利用回線 Soft Bank/WiMAX2+ WiMAX2+ SoftBank Hybrid
4G LTE回線
解約について なし
(いつでも解約OK)
契約から1年未満の解約:9,500円、2年目以降の解約月以外の解約5,000円、解約月であれば無料 2年契約
(途中解約は違約金あり)
利用制限 SoftBank回線で4G/LTEプランであれば無制限。WiMAXでは3日間で10GB以上の利用で速度制限。速度が夜間(夕方6時から深夜2時まで)1Mbpsに減速 3日間で10GB以上の利用で速度制限。速度が夜間(夕方6時から深夜2時まで)1Mbpsに減速 容量無制限
初期費用 事務手数料 2,000円
充電ACアダプター 300円
初期費用3,000円 事務手数料3,980円
付加機能使用料4,980円
SAKURAガード 500円
ACアダプター 500円
最安値プラン 10ギガプラン:2,300円/月 「通常プラン」:3,696円/月 データ無制限プランのみ:3,680円/月
最高値プラン 4GLTEいつも快適プラン:¥6,000/月 ギガ放題:4,380円/月
おすすめプラン 200Gプラン:4,800円/月 ギガ放題:4,380円/月 データ無制限プランのみ:3,680円/月

 

fujiwifi特徴①解約の条件が緩い!!

fujiwifi特徴①解約の条件が緩い!!
どこのネット業者も解約については、なるべく顧客離れを防ぐため2年間は契約の縛りがあり、高い解約料金を請求するということがこれまで当たり前に行われてきました。

しかし、この点fujiwifiは非常にお客さん目線ではないでしょうか。なんといつでも解約することができ、違約金も発生しないのです。この点は評価するべきポイントではないでしょうか。

やはり他の業者では2年縛りや1万円近い違約金を未だに請求していますから、この点はfujiwifiがリードしていると言えます。

fujiwifiの特徴②初期費用の安さ

fujiwifiの特徴②初期費用の安さ
fujiwifiは初期費用が2,000円の事務手数料とACアダプター300円のみで契約可能です。この点はUQWiMAXやSAKURA WiFiについては初期費用がかさみます。特に大手であるUQWiMAXは、約1万円の初期費用がかかり、fujiwifiの5倍の初期費用となっています。

fujiwifiの特徴③豊富なプランがそろっている

fujiwifiの特徴③豊富なプランがそろっている
fujiwifiはプランが豊富です。豊富なプランは選びにくいと感じる人もいるかもしれませんよね。しかし、自分に合ったプランを探すという点では、とてもメリットがあるのではないでしょうか。

以上の①解約の条件が緩い、②初期費用の安さ、③豊富なプランがそろっている点が他の会社と見比べたときのfujiwifiの特徴になります。

▼fujiwaifiの値段はいくら?おすすめプランはある?

  1. fujiwifi
  2. 株式会社レグルス
  3. UQWiMAX
  4. SAKURA WiFi
  5. ギガ放題

fujiwifiのメリットとデメリットを解説

fujiwifiのメリットとデメリットを解説

fujiwifiのメリット

fujiwifiのメリット

①解約の条件が緩い

①解約の条件が緩い
解約の際に契約期間の縛りがなく、違約金のないことはメリットです。これは、申し込みをして実際に使用をし始めて、「使い勝手が悪い!やっぱり他のWiFiと契約する!」となった場合でも、解約手数料もなくスムーズ他の会社に切り替えることが可能です。
通常の通信会社であれば、この際に解約手数料を請求されて費用が嵩むというデメリットがあります。

②初期費用の安さ

②初期費用の安さ
初期費用の安さはWiMAXやSAKURA WiFiよりも安いため申し込みする際も初期費用が最小限で済みます。この点も金額的にメリット言えます。

③豊富なプランがそろっている点

③豊富なプランがそろっている点

 

プラン名 初期費用(初月のみ) 価格 備考
4GLTEいつも快適プラン ¥2,000 ¥6,000 ソフトバンク回線の4G/LTEが利用可能。毎月データ無制限で速度制限がなし、ただし速度制限に掛かることもある。
200ギガプラン ¥2,000 ¥4,800 200GB使い放題
100ギガプラン ¥2,000 ¥3,800 100GB使い放題
50ギガプラン ¥2,000 ¥3,100 50GB使い放題
25ギガプラン ¥2,000 ¥2,500 25GB使い放題
10ギガプラン ¥2,000 ¥2,300 10GB使い放題
Wimax2 with au4G LTEプラン ¥2,000 ¥2,980 高速通信ができるSpeed Wi-Fi NEXT W05とSpeed Wi-Fi NEXT W04をレンタル可能。
Wimax2 with au4G LTEプラン[月々プラン] ¥39,800 ¥980

 

御覧の通り、fujiwifiはプランが豊富です。回線もソフトバンク回線を利用した4G/LTE回線がありますし、WiMAXも利用可能という点では選択肢の多さが自分に合ったネット環境の構築に一役買ってくれるのではないかという期待が持てますね。

④機器レンタルが基本のため2年縛りがない

④機器レンタルが基本のため2年縛りがない
基本的には機器はレンタルで購入代金もかかりません。そのため契約の2年縛りがなく非常にユーザー目線のサービスが提供されています。

fujiwifiのデメリット

fujiwifiのデメリット

①個人情報の流出事故がある

①個人情報の流出事故がある
前述した通り、2017年1月25日に個人情報の流出を起こしているのです。これはfujiwifiにおいてサイトリニューアルに伴う、アップデート時に契約者の個人情報(氏名、メールアドレス)が流出した事件ですが、このような事件があれば自分の個人情報が流出して悪用されるのではないかと心配になってしまいますね。

企業としては日が浅いため、この点はデメリットと言えます。
これはユーザー側としては長く使用していく上で不安を感じてしまいますよね。

②サービスを長く提供できるかは不明

②サービスを長く提供できるかは不明
解約手数料がかからない、使い放題プランに機器はレンタル、確かにこれまでのWiFiユーザーの不満を解消した素晴らしいプランと言えます。

しかし、このようなプランをいつまで継続できるのでしょうか。もしかすればいずれは、値上げや解約手数料を取る可能性も想定されます。どんなに素晴らしいサービスでも、長く提供してもらえなければ、ユーザー側としては意味がないですよね。

③4G/LTEの使い放題プランは他の会社と比べても安くない

③4G/LTEの使い放題プランは他の会社と比べても安くない
 

会社名 FUJI Wifi Softbank Air Yahoo! Wi-Fi
使い放題プラン 【4G/LTEいつも快適】
6,000円
【購入の場合】
〜24ヶ月目:3,800円
25ヶ月目〜:4,880円
【レンタル】
〜24ヶ月目:4,290円
25ヶ月目〜:5,370円
1~3か月目:3,696円
4か月目~:4,380円

 

この表をみていただくとわかりますが、価格だけで見ればfujiwifiはそこまで安くないことがわかります。むしろ少し料金は高めと言えるのではないでしょうか。

 

▼fujiwifiのメリットとデメリットを解説

  1. fujiwifi
  2. 株式会社レグルス
  3. 4GLTEいつも快適プラン
  4. 200ギガプラン
  5. 100ギガプラン
  6. 50ギガプラン
  7. 25ギガプラン
  8. 10ギガプラン

レンタルなので縛りがないのは魅力。

レンタルなので縛りがないのは魅力。
レンタルで契約の縛りがないというのは、とても魅力ですよね。また、レンタルしている端末を万が一落としたとしても、月額300円で加入できる「安心サポート」に加入することで、地面や水に落とした場合の損傷をサポートしており、加入後1年間以上継続利用すると無償でバッテリー交換してもらえるサービスを受けられます。

格安simのみのレンタル。Wimaxでもレンタル可

格安simのみのレンタル。Wimaxでもレンタル可

fujiwifiにはフリーSIMプランがあります。これはSIMカードのみをレンタルして、ルーターやスマホの端末は自分で持っているものを使用するというものです。

APNなどの設定は自分で行う必要がありますが、使える端末は自由に選べるため、購入した端末があればこのプランもおすすめです。

端末の条件はどんな端末でもいいわけではありません。これはSIMロックがかかっていないSIMフリー端末であることが条件です。そのため、Ymobile、SoftBankについてはSIMロックがかかっているため、これを解除済みでなければSIMフリープランは利用できません。

 

  レンタル価格
FujiWifi 200GBプラン: 月額4800円(税別)
100GBプラン: 月額3800円(税別)
50GBプラン : 月額3100円(税別)
20GBプラン : 月額2400円(税別)
200GBプラン 13ヶ月 53950円(税別)⇒ 月4150円相当
100GBプラン 13ヶ月 42640円(税別)⇒ 月3280円相当
50GBプラン 13ヶ月 35230円(税別)⇒ 月2710円相当
20GBプラン 13ヶ月 27820円(税別)⇒ 月2140円相当

 

なお、WiMAXはSIMカードレンタルは取り扱っていないようですが、TryWimaxでWiMAXサービスを実際に契約する前に、15日間登録料、通信料、レンタル料、配送費用などの費用が一切かからず無料で試せるレンタルサービスを利用することができます。これは日にちを超過しなければ一切料金のかからないお得なレンタルサービスです。

通信エリアはこのくらい。

通信エリアはこのくらい

https://www.softbank.jp/mobile/network/area/

通信エリアはこちらのURLで確認できます。SoftBank回線を使用しているため対応エリアはかなり広くとられています。極端な山奥等でなければほぼどこでも機能すると言えるでしょう。

なんと3 日間の速度制限がない!

なんと3 日間の速度制限がない
fujiwifiはWiMAXのような3日間で10GB使用すると速度制限にかかるということはありません。この点は非常に大きなメリットですよね。通信制限はネットで通常のページを閲覧しているだけでもイライラしてきます。

これがないだけでもありがたいですよね!

速度制限の可能性は否めない

速度制限の可能性は否めない

ただし、前述した通り、異常な通信量を使用すると、速度制限にかかります。実際に使用していると300GBの通信量で使用制限!これは仕方ないともとらえることができますね。

口コミの調査結果では300GBに満たなくても速度制限にかかることがあるようです。目安は220GB~と考えておきましょう。

ルーターはランダムで渡される

ルーターはランダムで渡される
Fujiwifは各プランで使えるルーターが異なります。また、在庫状況によってランダムにルーター端末が送られてくるため自由に選ぶことができません。
 

プラン名 対応端末
4GLTEいつも快適プラン FS030W、ARIA2、304ZT、501HW
200ギガプラン FS030W
100ギガプラン FS030W、304ZT、501HW
50ギガプラン FS030W  
25ギガプラン
10ギガプラン
Wimax2 with au4G LTEプラン Speed Wi-Fi NEXT W05、Speed Wi-Fi NEXT W04
Wimax2 with au4G LTEプラン[月々プラン]

ルーターはランダムで渡される

  1. fujiwifi
  2. FS030W
  3. ARIA2
  4. 304ZT
  5. 501HW

Simカードの差し替え方法

Simカードの差し替え方法

①取り出し方

①取り出し方
fujiwaifiの格安SIMを利用するには、SIMフリー端末から、SIMカードを取り出して、fujiwifiなどの格安SIMカードを本体に入れます。

②i phoneであれば箱から専用のSIM取り出しピンを出して、SIMトレイの小さな穴にピンを押し込んで、カチッと音がすればSIMトレーとカードが出てきます。SIMトレイとSIMカードが出てきたら手で取りだすようにします。

③アンドロイド端末であれば、本体の側面のキャップを開けます。爪で引っ掛けてトレイを出してSIMカードを入れ替えます。

注意点としてはIC部や端子に触らない、取り出しをするときは本体の電源をOFFにする。これらを守って操作をしましょう。

クーポンコードのもらい方

クーポンコードのもらい方
クーポンコードは現在キャンペーンも特になく、友達紹介や家族プランもありません。また、クーポンコードがあったとしても、基本的には自動入力となっているようです。

バッテリーの消耗は早い?

バッテリーの消耗は早い?

バッテリーはモバイルルーターの電池をフル充電すると約8時間使用し続けることができるそうです。これで遠方に持ち運んでもある程度はバッテリーの持ちがあるため、実用性は高いと評価できるのではないでしょうか。

また、各プランに送られてくる端末がランダムである点から、端末の実力によってもこの点は変わってくるのかと推測されます。

fujiwifiの対応エリアまとめ

fujiwifiの対応エリアまとめ
前述した通り、Soft Bank回線を利用しているため、日本全国で利用可能です。しかし、田舎では圏外になってしまうこともるようなので、対応エリアをよく確認して利用すると良いでしょう。

 

回線名 エリア範囲
SoftBank https://www.softbank.jp/mobile/network/area/
WiMAX2+with au4G/LTE http://www.uqwimax.jp/signup/area/

 

解約方法。クーリングオフは可?

解約方法。クーリングオフは可?

fujiwifiの解約方法は契約後に表示されるマイページにて手続きを行います。複数端末を契約している場合は、端末ごとに実行を行う必要があります。また、毎月25日の9:00~17:00は解約手続きを行うことができません。

解約日について

解約日について
fujiwiiは当月で解約しようと考えた場合、各月の12日までに手続きを行わなければ翌月末の解約になります。せっかく早く解約したくても、余分にもう一か月分使用料を払うことになりますから、必ずこの日にちは守るようにしましょう。

これはfujiwifiが毎月12日に料金の締め日となっているためだと考えられます。

端末の返却について

端末の返却について
fujiwifiは端末がレンタルのため、購入不要です。そのため、解約時には端末の返却が必要となりますが、実はこの返却期限がかなり厳しいようなのです。

この期限は約月の翌月3日までに返却を完了する必要があります。例えば5月末に解約した場合、6月3日までに端末を返却しなければなりません!これは少し煩わしい感じもしますね!そして当然のことながら、早く返却する分には問題ありませんからさっさと手続きをしたほうが良いかもしれませんね!

「なんでこんなに返却期限が厳しいの??」このように感じる人もいるかもしれませんね。
Fujiwifiは在庫を回して端末をやりくりしており、端末を早期に確保して次の顧客にレンタルするために解約日が短くなっているのです。

運営元の株式会社レグルスとしては、万が一端末を確保できなければ更に端末を購入して調達する必要があるため、コストを抑えるためにもレンタル端末を早く回収して、どんどん新たな契約者に回していきたいのでしょう。

返却期限を万が一過ぎるとやばい?

返却期限を万が一過ぎるとやばい?
返却期限を過ぎるとどうなってしまうのでしょうか。この場合遅延損害金が発生します!
算出は返却予定日から数えた月額の利用料金が請求されるのです。そして、利用月を超えてデータ通信を行った場合その月の基本料金も請求されるので、絶対に使用しないようにしましょう。

返却方法

返却方法
モバイルwifi端末を含んだレンタルしたマニュアルなどもすべて返却する必要があります。追跡番号がある方法で「〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-35-7 平文社ビル 7F 【宛名】:株式会社レグルス FUJI Wifi 宛」まで発送する必要があります。

これら一式を返送したらメールにて追跡番号及びどの種類の郵送手段で発送したかを連絡しましょう。これで手続きは終了になります。

クーリングオフについて

クーリングオフについて
fujiWifiでは「サービスエリア内で使えない」「屋外で使っても電波が圏外でサービスを利用できない」という2つの条件が重なった場合のみクーリングオフ制度が適用されます。

これはかなり厳しい条件と言えるのではないでしょうか。
この条件の片方を満たせないだけでも、契約した意味があまりないように思えます。

また、クーリングオフが可能な期間も非情に短いです。レンタル開始から7日以内で、問い合わせフォームからメールで連絡をしてfujiwifiで受理された時しかできません。

屋内で使って電波がない場合にはクーリングオフ制度が適用されないことになるのです。
せっかく契約したのに屋内で電波がない場合は、外でしか使えないモバイルWiFiなんて意味があるのでしょうか。

この点はfujiwifiの今後の課題とも言えますね。

▼解約方法。クーリングオフは可?

  1. Fujiwifi
  2. クーリングオフ
  3. 返却方法
  4. 返却期限
  5. 株式会社レグルス

FUJIwifiとwimaxどっちがおすすめ?

FUJIwifiとwimaxどっちがおすすめ?
 

 

サービス名 fujiwaifi UQwimax
提供会社 株式会社レグルス UQコミュニケーション
利用回線 Soft Bank/WiMAX2+ WiMAX2+
解約について なし
(いつでも解約OK)
契約から1年未満の解約:9,500円、2年目以降の解約月以外の解約5,000円、解約月であれば無料
利用制限 SoftBank回線で4G/LTEプランであれば無制限。WiMAXでは3日間で10GB以上の利用で速度制限。速度が夜間(夕方6時から深夜2時まで)1Mbpsに減速 3日間で10GB以上の利用で速度制限。速度が夜間(夕方6時から深夜2時まで)1Mbpsに減速
初期費用 事務手数料 2,000円
充電ACアダプター 300円
初期費用3,000円
最安値プラン 10ギガプラン:2,300円/月 「通常プラン」:3,696円/月
最高値プラン 4GLTEいつも快適プラン:¥6,000/月 ギガ放題:4,380円/月
おすすめプラン 200Gプラン:4,800円/月 ギガ放題:4,380円/月

 

fujiwifiとWiMAXを徹底比較してみます。まず運営会社ですが、㈱レグルスは素晴らしいサービスを提供している点では高評価と言えますが、個人情報流出、また、カスタマーサービスでの対応もよくないという口コミも存在します。

 

UQWiMAXをはじめとするWiMAXのプロバイダは大手が多いですから、セキュリティ面では安心できそうです。

 

解約については、fujiwifiは解約手数料が無料のため、この点は高く評価できます。しかし、その後レンタル端末の返還を決められた日数で行う必要があるため一長一短と言えます。

それに比べるとWiMAXは解約手数料が高めです。価格を安く収めたい場合や解約リスクを減らすのであればfujiwifiがおすすめです。

 

初期費用についてもWiMAXはおおよそ3000円のプロバイダが多いです。fujiwifiであればこの点は少しだけ安く収めることができますね。

 

前述していますが、使い放題プランは決して安くありません。そのため使い放題プランに申し込んで月々の使用料金を抑えたいのであれば、WiMAXの方がおすすめです。

 

総合すると、ある程度使用する期間が決まっており、契約の2年縛りや解約手数料を払うのが嫌な人であればfujiwifiはおすすめです。もし、気に入らなくても解約すれば解約手数料なしで他の契約を結べます。

 

大手の安心感と長く使用したいという人であればWiMAXがおすすめと言えます。自分がどちらのタイプか把握して、契約を結ぶようにしましょう。きっとあなたに合ったプランが見つかるはずです。

 

fujiwifi4G/LTEとソフトバンクの比較

fujiwifi4G/LTEとソフトバンクの比較

 

 

サービス名 fujiwaifi ソフトバンクAir
提供会社 株式会社レグルス ソフトバンク
利用回線 Soft Bank/WiMAX2+ ソフトバンク回線
解約について なし
(いつでも解約OK)
解約金9500円(3年目で解約したとき
利用制限 SoftBank回線で4G/LTEプランであれば無制限。WiMAXでは3日間で10GB以上の利用で速度制限。速度が夜間(夕方6時から深夜2時まで)1Mbpsに減速 速度制限はなし、ただし回線の込み具合で遅くなることもある。
初期費用 事務手数料 2,000円
充電ACアダプター 300円
契約事務手数料3,000円(税抜)
最安値プラン 10ギガプラン:2,300円/月 スタンダード:3ヵ月目まで4386円、4ヵ月目より5070円
最高値プラン 4GLTEいつも快適プラン:¥6,000/月 プレミアム(レンタル):3ヵ月目まで6,560円、4ヵ月目より6,560円
おすすめプラン 200Gプラン:4,800円/月 スタンダード:3ヵ月目まで4386円、4ヵ月目より5070円

 

ソフトバンクのwifiサービスと比較した場合は、代金についてはあまり変わらない値段のようにも見えます。しかし、問題点として、ソフトバンクエアーは端末を買い取りするプランであれば残念ながら解約時に一括清算が必要になります。

 

fujiwifiは解約手数料がかからない分非常にお得と言えるのではないでしょうか。ソフトバンクエアーの端末は58,320円とかなり高額になっているため、この点は十分注意が人湯です。

 

3年で払い終える分割払いで契約しますから、初年度解約した場合は9,500円に加えて38,880円を一括で支払うことになります。

▼fujiwifi4G/LTEとソフトバンクの比較

  1. ソフトバンク
  2. ソフトバンクエアー
  3. UQWiMAX
  4. WiMAX

【ポケットwifiでキャシュバックが42100円】

以下で紹介しているポケットwifiのキャンペーンでキャシュバックが42100円

話題の置くだけwifiや最新端末が無料でもらえます。

なんと今月から最新機種のSpeed Wi-Fi NEXT WX05がもらえます。 wx05

以下の記事では今月限定のポケットwifiのキャンペーンを紹介しています。

無料で最新端末やキャシュバックを利用したい方は以下からどうぞ。

ポケットwifiキャンペーン。42100円以上のキャシュバックはこちら

以下の記事では無料で置くだけwifiがもらえる記事を紹介しています。

置くだけwifi

置くだけwifiが無料で欲しいならこちらを確認

wimax2プラスへ乗り換えたい方はこちら

ポケットwifiの口座振替はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です