wx05の価格と評判。アプリもあり。バッテリーの持ちはクレードル次第?

目次

WX05のスペックと評判。WX04、W05と徹底比較

WX05のスペックと評判。WX04、W05と徹底比較

今回は今秋話題の新型Wi-FiルーターWX05について紹介します。まずはWX05の前機種であるWX04についてそれぞれのスペックを比較します。

※注意 WX05の速度をはるかに凌駕するW06が発売されました。

詳細をまとめたので少しでも早いポケットwifiが欲しい方はW06の詳細を確認して下さい。

W06についてはこちらをクリックで確認

本体画像 WX04 W05 WX05
機種名 WX04 W05 WX05
製造元 NECプラットフォームズ HUWEI NECプラットフォームズ
ネットワーク WiMAX2+, au 4G LTE WiMAX2+, au 4G LTE WiMAX2+, au 4G LTE
速度 下り最大440mbps 下り最大548mbps 下り最大440mbps
速度(LTE) 下り最大440mbps 下り最大758mbps 下り最大758mbps
重さ 128g 140g 128g
外寸 h111×W62×D13.3mm h130×W53×D14.2mm h111×W62×D13.3mm
カード規格 Nano IC Nano IC Nano IC
使用時間 11.5時間 9時間 11.5時間
Wi-Fi規格 IEEE802.11ac/n/a(5GHz) ,11n/g/b(2.4GHz) IEEE802.11ac/n/a(5GHz) ,11n/g/b(2.4GHz) IEEE802.11ac/n/a(5GHz) ,11n/g/b(2.4GHz)

W04とWX03を実測速度やスペックで徹底比較

大きく異なっているのはLTEのWX04では下り最大速度が440mbpsであったのに対して、WX05では758mbpsに速度が上がっている点です。

重さやサイズは前回のWX04を踏襲しており大きな変化はないようです。また、バッテリーの持ち時間も長くなるのではと期待されていましたが、WX04と同様の11.5時間です。

▼WX05のスペックと評判。WX04、W05と徹底比較

  1. WX05
  2. W05
  3. WX04
  4. NECプラットフォームズ
  5. HUWEI

wx05が無料でもらえるwimaxの料金の比較は以下となります。

【ロゴをクリックで各プロバイダの公式サイトに飛びます】

月額プラン 端末の即日発送の有無 キャシュバック
カシモwimaxカシモwimax 1380円【最安】 あり なし
とくとくbbGMOとくとくBB 2348円 あり 42000円
broadwimaxbroadwimax 2726円 あり 18857円
biglobewimaxbiglobewimax【口座振込可能】 2695円 あり 38570円

W05と比較!バッテリー長持ちで従来より2.5時間長く使用可能!

W05と比較!バッテリー長持ちで従来より2.5時間長く使用可能!

更に前回機種のW05と比較してみましょう。この二つで異なる点はバッテリーの持ち時間です。W05と比較するとバッテリー持ち時間は2.5時間アップとなっています。発売日順ではW05の次がWX04となっているため、WX04の方も同様にバッテリー持ち時間が2.5時間アップしています。

外装や重量はWX05の方がコンパクトになっています。基本的な機能では3つの個体で差がないように感じるかもしれません。しかし、最新機種のWX05ではこれまでにない新機能が搭載されています。

▼W05と比較!バッテリー長持ちで従来より2.5時間長く使用可能!

  1. WX05
  2. WX04

クレードルの電波拡張機能で電波を強化機能がある!

クレードルの電波拡張機能で電波を強化機能がある!

WX05にはクレードルによる電波拡張機能が搭載されています。WX05はクレードルに搭載されている電波拡張機能(Wウイングアンテナ)に、電波を集中させる技術であるTX Beam Formingを組み合わせて電波を強化して、自宅内での電波の安定供給を実現しています。

これまでWiMAXは室内などの利用では電波が弱いなどあまり良い評判がありませんでした。しかし、これらの新機能があればこの点も改善が期待できますね。この点を考慮すると購入する場合はクレードルセットを買うことが必須と言えそうですね。

▼W05と比較!バッテリー長持ちで従来より2.5時間長く使用可能!

  1. WX05
  2. クレードル
  3. TX Beam Forming
  4. 電波拡張機能

WX05のスマホ用のモバイルアプリ

WX05のスマホ用のモバイルアプリ

WXシリーズには電波状況や電池残量の確認、使い方の設定、スマートフォンからリモート起動を行うことができるアプリがあります。

スマートフォンからファームウェアの更新やWi-Fi周波数の切り替え(WX05、WX04、WX03、WX02、WX01時)、休止状態への移行、データ通信量の確認、通信モード(HS⇔HS+A)切り替え(WX05、WX04時)、(WiMAX/WiMAX2+⇔Wi-Fiスポット)切り替え(WX01、NAD11時)などを画面操作で行えるのでとても便利なアプリです。

▼WX05のスマホ用のモバイルアプリ

  1. WX05
  2. WX04
  3. WX03
  4. WX02
  5. WX01

WX05の新機能がすごい!

WX05の新機能がすごい!

ここではWX05の新機能について詳しく解説をしていきます。新機能として搭載されているWiMAXハイパワー対応、おまかせ一括設定、Wi-Fiビジュアルステータスについては、今回の目玉でもありますから要注目と言えそうです。

電波が悪いところでも安心!WiMAXハイパワー対応

電波が悪いところでも安心!WiMAXハイパワー対応

WiMAXハイパワーに対応していることで、電波の弱い場所でも送受信の能力が確保されています。

例えば地下室、鉄筋コンクリートの建物内、高層ビルに囲まれた場所、室内など電波を拾いにくい場所でも通信能力を確保することが可能です。特にWimaxは室内での電波が拾いにくいという口コミが多く寄せられています。

WiMAXハイパワーに対応していればこの点は一定の改善が期待できそうです。

おまかせ一括設定で3つのシーンに合わせて使用できる!

おまかせ一括設定で3つのシーンに合わせて使用できる!

WX05のおすすめ新機能が「おまかせ一括設定」です。一体どのような機能なのでしょうか。これはユーザーがWX05を使用するシーンに合わせて最適な端末設定をワンタップで設定できるという機能です。

つまり、画面のタップで適時自分の状況に適した設定が簡単にできてしまうという素晴らしい機能が搭載されているのです!

具体的には画面の本体メニューから「クイックメニュー」→「おまかせ一括設定」をクリックします。設定の種類は「通信速度を優先」、「スタンダード設定」、「バッテリー持ちを優先」、「一括設定しない(個別設定)」に分かれています。

「通信速度を優先」
通信速度が最大限になる設定です。動画を高画質で見る際や、大容量のファイルをダウンロードする場合などで役に立ちます。通信速度はハイスピードで440Mbps、ハイスピードプラスエリアで440Mbpsになります。省電力モードはハイパフォーマンスになります。

「スタンダード設定」
通信速度と電池の持ちのバランスに配慮した設定です。省電力モードはノーマルとなります。通信速度はハイスピードで220Mbps、ハイスピードプラスエリアで370Mbpsになります。

「バッテリー持ちを優先」
これは長時間の外出などにおすすめです。通信速度をコントロールしてバッテリーが長持ちするようになる設定です。通信速度はハイスピードで110Mbps、ハイスピードプラスエリアで150Mbpsになります。

また、WX05にはハイスピードモードを自動で解除する機能「ワンタイムHS+A」が搭載されています。前のモデルであるWX04にも似た機能が搭載されていましたがバージョンアップしています。今までは「ワンタイムHS+A」は長時間連続使用した場合、電源を切った時に限られていました。

しかし、WX05ではデータ量に応じた設定ができるのです。例えば「5GBまで使用したら解除する」などのより細かな設定が可能となっているのです。

WX05にはこのような新機能が搭載されているため、ユーザーにとっては更に使いやすくなっています。

混雑回避が簡単にできる!Wi-Fiビジュアルステータス

混雑回避が簡単にできる!Wi-Fiビジュアルステータス

ビジュアルステータスはWX05面白い新機能です。簡単に説明すると周りのWi-Fi使用状況を画面に表示するツールです。画面タップで空いているチャネルへの切り替えができ、簡単にWi-Fi機器のパフォーマンス向上をすることができます。

例えば出かけた際にカフェなどで使えるネット回線は公衆無線LANが多く、混線しやすい状況になります。そんな際の対策としてこの機能が使えるのです。

5GHzと2.4GHzの切り替えはWi-Fi画面のクイックメニュー→Wi-Fi設定で行えます。Wi-Fiビジュアルステータスを確認するには、「情報 → Wi-Fi情報 →Wi-Fiチャネル使用状況」で確認可能です。

注意点はWi-Fiビジュアルステータスでチャンネルの仕様状況を確認しているとWi-Fi接続は中断されるのでその点は注意が必要です。

WXシリーズはGHzと2.4GHzの切り替えが簡単に行えますから是非この機能も有効活用しましょう。

推移データ表示(データ通信量)

推移データ表示(データ通信量)

ビジュアルステータスでは、混雑状況の他にも最大3日間のデータ通信量を累計グラフで表示させることができます。毎日のデータ通信料の目安を把握することで効率的なデータ通信ができますね。

ついつい、データを使い過ぎてしまって、月の真ん中で通信制限というパターンも多いですが、ビジュアルステータスでデータ確認を行えばそんな心配もいらなくなります。

推移データ表示(電池残量)

推移データ表示(電池残量)

推移データ表示では、最大5時間の電池残量推移を表示することが可能です。これで電池残量を随時確認してWi-Fiを使用できます。もし、残量が気になってきたら、省電力モードに切り替えるなど、柔軟な使い方が期待できますね。

電波インジゲータ

電波インジゲータ

電波インジゲータはWiMAX2+の電波が強い場所を探すことができる機能です。
画面上の棒グラフが受信電波の強さを示しているので、高い位置で推移する場所を探すことができます。

初めての土地や旅行の際に重宝できる機能となっています。これまでのWi-Fiにはない新しい機能によって更に便利に利用することができます。

ワンタイムHS+A

ワンタイムHS+A

WX04で搭載した「ワンタイムHS+A」に通信量カウンタとの連動機能が追加されています。自分で設定したデータ通信量の値に達した時にも自動的にハイスピードモードに切り替わるため、効率よくWi-Fiを使用することができます。

▼WX05の新機能がすごい!

  1. WX05
  2. WiMAXハイパワー対応
  3. Wi-Fiビジュアルステータス
  4. おまかせ一括設定
  5. 推移データ表示
  6. ワンタイムHS+A

WX05の速度は速い?速度の向上は?

WX05の速度は速い?速度の向上は?

WX05の速度は前の機種であるWX04に比べると同じ速度になっています。

WX04下り最大440Mbps、上り最大30Mbps
WX05下り最大440Mbps、上り最大30Mbps

WX05は、下り最大440Mbps、上り最大75Mbps。
WX04は、下り最大440Mbps、上り最大50Mbps。

通信速度で重要なのは実際に自分の使用するエリアでどの程度の速度が見込めるかという点や、通信環境の安定感です。WX05についても、通信エリアを良く確認して最大通信速度については、神経質になる必要はないでしょう。

電波拡張機能(Wウイングアンテナ)

電波拡張機能(Wウイングアンテナ)

WX05のクレードルの両脇には、「Wウイングアンテナ」があります。

このアンテナが受信感度を高める効果があります。通信性能が高くなるので、もし外出先で使用する際に単体で電波が悪ければクレードルを活用すると良いでしょう。

WXシリーズのクレードルは様々な便利な機能を持っているため、WX05を購入するのであれば必ずクレードルを購入するようにしましょう。

TX Beam Forming

TX Beam Forming

TX Beam Forming(ビームフォーミング)とは、簡単に説明すると「WX05に接続している端末に集中的に電波を集中させる技術」です。これも非常に便利な機能です。

ただし、WX05に接続する機器がこのBeam Formingに対応している必要があります。

基本的にiPhoneやアンドロイドなどiOS/Androidが搭載されたタブレットはこのBeam Formingに対応しているため、多くの人が活用することができるでしょう。

プレイステーション4などもこのBeam Formingに対応していることで知られています。

▼WX05の速度は速い?速度の向上は?

  1. WX05
  2. 電波拡張機能
  3. TX Beam Forming

WX05は買い替え時の初期設定が簡単

WX05は買い替え時の初期設定が簡単

Wx05にはWi-Fi設定お引越し機能がついています。これはルータのWi-Fi設定(SSID/パスワード)を引き継ぐWPS機能です。

現在利用しているルータがWPS対応であれば、買い替え前のルータのWi-Fi設定(SSID/パスワード)を新しいルータに引き継ぐことが可能なのです。

注意点としては初期化をすると「Wi-Fi設定お引越し」機能で設定したWi-Fi設定が消えてしまいます。この点だけ気を付ければ以前の端末の設定をそのまま引き継いで使用することが可能になります。

Wi-Fiの最新機種を購入すると初期設定の煩わしさに悩む人がいますが、WX05ではこの引っ越し機能を使うことで、その悩みが解決されています。

WX05のクレードルの基本機能はこれ!バッテリー交換は可能?

WX05のクレードルの基本機能はこれ!バッテリー交換は可能?

そもそもクレードルとは、モバイルWi-Fiルーターを設置することで、充電をしたり、LANケーブルを繋いで有線接続をするために用いられる機器です。

非常にスリムでコンパクトなだけでなく、電波を強化する機能も持っているためWi-Fiルーターと購入する人が殆どではないでしょうか。

クレードルを使って有線接続できるということは、無線LAN機能を持ち合わせていないPCとも接続が可能となるため、非常に便利です。

WX05をクレードルに設置しているだけで、充電が開始されます。部屋に戻ったらクレードルに刺しておくのが良いかもしれませんね。

Wウイングアンテナで通信性能アップ

Wウイングアンテナで通信性能アップ

WX05のクレードルの両脇には、「Wウイングアンテナ」があります。このアンテナが受信感度を高める効果があります。通信性能が高くなるので、もし外出先で使用する際に単体で電波が悪ければクレードルを活用すると良いでしょう。

クレードルは価格が3,980円とかなり手ごろな値段で手に入ります。これだけの出費で便利な機能を使うことができ、電波強度を高められるとすれば必ず購入するべきと言えるでしょう。

なお、クレードルはWX04にもありますが、これはWX05のクレードルと互換性がないため、公式サイトでも使用しないように書かれています。無理に使ったことが原因で故障した場合は保障の対象外のため注意しましょう。

クレードルに刺しっぱなしは過充電の原因となりバッテリーが劣化する?

クレードルに刺しっぱなしは過充電の原因となりバッテリーが劣化する?

WX05はリチウムイオンバッテリーで動いています。クレードルに刺していると自動で充電されますが、それが原因で過充電となり電池が劣化するという噂がありますが、本当なのでしょうか。

このリチウムイオンバッテリーは消耗品なので、繰り返し充電を行っていくと確かに劣化はするようです。

このリチウムイオンバッテリーの劣化はいくつかの要因があるのですが、特に劣化しやすいのが満タンに充電しているにも関わらず使用してバッテリーが熱を持ち続ける」ような場合に劣化するようです。

このような劣化原因から、クレードルを使用しているだけでバッテリーの劣化しやすくなるというような情報もありますがクレードルに理由があるわけではありません。

クレードルに刺して使用しているからと言ってバッテリーの劣化スピードが変わるわけではなく、あくまでも過充電による熱を帯びた使用が原因となっています。

クレードルで有線接続もできる?

クレードルで有線接続もできる?

クレードルには有線接続ができるLANポートが標準装備となっています。

ポートの仕様は伝送速度:1000Mbps/100Mbps、インタフェース:1000BASE-T/100BASE-TXとなっています。

転送速度はあくまでも最大値なのですが、有線接続にすると通信が安定しやすい事に加え、無線接続よりも通信速度が向上します。

オンラインゲームを行ったり、動画を長時間閲覧する場合に良いかもしれません。

WX05を予約できるおすすめプロバイダーを徹底比較

WX05を予約できるおすすめプロバイダーを徹底比較

WX05を予約購入するのであればおすすめプロバイダーはどこになるのでしょうか。気になるキャッシュバック金額なども併せて解説します。

WX05の月額料金はどのくらい?

WX05の月額料金はどのくらい?

WX05の月額はGMOでキャッシュバックも併せた最安値で3,074円です。最高値はUQ公式で4,324円です。1000円の差は大きいですが、キャッシュバック金額が大きく影響しています。

WiMAXを契約するのであればキャッシュバック金額が多いプロバイダーと契約するのが得策です。決まった期間で、決まった手続きをする必要がありますが最大で42,000円のキャッシュバック金額を受け取ることができるため、必ず利用するべきです。

月額割引きもうまく利用してお得に契約、申し込むならクレードルセットが良い!

月額割引きもうまく利用してお得に契約、申し込むならクレードルセットが良い!

今回のWX05を申し込むのであれば、クレードルセットを必ず申し込むことをおすすめします。特に安定した通信環境で快適にインターネット接続を行いたい人、自分の家でスマホ、PC、タブレットなど複数の機器でWiMAXを使いたい人はクレードルセットを申し込みましょう。

クレードルには前述した通り、アンテナの拡張機能、設置するだけでの自動充電、有線接続可能などの恩恵を受けられます。クレードルは単品でも購入可能ですが、キャンペーンの対象外となるため、必ず申し込み段階でクレードルセットを申し込むようにしましょう。

契約するならどこ?WX05キャッシュバックキャンペーン!最高金額のプロバイダはここ

契約するならどこ?WX05キャッシュバックキャンペーン!最高金額のプロバイダはここ

 

順位 プロバイダー 月額 キャッシュバック金額 実質月額
1位 GMOとくとくBB 4,263円 42,000円 3,074円
2位 Nifty 4,350円 30,100円 3,382円
3位 So-net モバイル 3,380円 0 3,288円
4位 BIGLOBE WiMAX 4,380円 30,000円 3,413円
5位 BroadWiMAX 3,441円 0 3,550円
6位 UQ 4,380円 0 4,324円

 

各社のサービスを比較するとキャッシュバック金額が最高なのはやはり、GMOとくとくBBです。こちらはキャッシュバック金額が42,000円のため、実質の月額料金が3,074円になります。

次いでNifty、So-netモバイルとなりキャッシュバック金額は両社30,000円となっています。これによって実質月額も大幅に安くなっています。

最も高額なのはUQ公式で実質月額が4,380円となっています。契約するのであれば高額キャッシュバック金額を受け取れるプロバイダーと契約するのが最もおすすめと言えそうです。

▼契約するならどこ?WX05キャッシュバックキャンペーン!最高金額のプロバイダーはここ

  1. プロバイダー
  2. GMOとくとくBB
  3. Nifty
  4. Broad wimax
  5. UQ Wimax
  6. Sonet

WX05のキャッシュバック受け取りの条件

WX05のキャッシュバック受け取りの条件

WX05のキャンペーンでは42,000円とダントツのキャッシュバックを誇るのがGMOとくとくBBです。

この42,000円のキャッシュバックを受け取る手続き間違ってしまうと、キャッシュバックを受け取れない可能性があります。

確実にキャッシュバックを受け取る手順をここで紹介します。

①BBNaviへの登録

①BBNaviへの登録

GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取るには、まずキャッシュバックの振込先情報をGMOとくとくBB会員ページ、BBNaviに登録しましょう。少し面倒ですが公式HPに登録手順が載っており、手続きは時間がかかりません。

②メールが11か月後に届く

②メールが11か月後に届く

BBNaviに登録する時にメールアドレスを登録します。

このメールアドレスに11か月後にメールが送られてきます。この基本メールアドレスにキャッシュバック手続きのURLが記載されているのです。11ヵ月目というと時間が経ちすぎているため忘れている人もいるのですが、忘れてしまうとキャッシュバックを受け取ることができなくなります。

③キャッシュバックの具体的な受け取り手順

③キャッシュバックの具体的な受け取り手順

GMOとくとくBBの場合は端末発送月から11か月後です。例えば1月に端末が発送されれたとすると、11か月後の11月が手続き月です。

そして基本メールアドレスに送られてきた、メールには「指定口座確認のご案内メールの送信日より翌月の末日までにお受取口座のご連絡をいただけなかった場合」はキャッシュバックを行わない旨が書かれています。

そのため11月の手続き月から翌月12月の末までに手続き(口座情報の登録)を行わない場合、キャッシュバックが失効して受け取りができなくなるのです。

④キャッシュバックはいつ受け取れる?

キャッシュバックは「ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。」と書かれています。

そのため、手続き案内のメールが届いて手続きを行った月の翌月末営業日に振り込まれることになるのです。

▼最も重視したい契約料金は?各プロバイダーの料金比較

  1. プロバイダー
  2. GMOとくとくBB
  3. GMOとくとくBB WiMAX2+
  4. キャッシュバック

違約金を負担してくれる優良プロバイダーはここ?デメリットはない?

違約金を負担してくれる優良プロバイダーはここ?デメリットはない?

WiMAXで唯一他社の違約金を負担してくれるプロバイダーが「Broad WiMAX」です。
他社の違約金はどの程度になるのでしょうか。

 

 

12ヶ月以内 13~24ヶ月以内 25ヶ月目以降 更新月
GMO とくとくBB 24,000円 24,000円 9,500円 25ヶ月目
Broad WiMAX 19,000円 14,000円 9,500円 37ヶ月目
カシモWiMAX 19,000円 14,000円 9,500円 25ヶ月目
So-net WiMAX 19,000円 14,000円 9,500円 37ヶ月目
UQ WiMAX 19,000円 14,000円 9,500円 37ヶ月目

 

これを見ると12か月以内では最大で24,000円、最低でも19,000円とかなり高額であることがわかります。

Broad WiMAXでは、他社プロバイダーのWiMAXから「Broad WiMAX」へ乗り換えする人に限って、「初期費用0円」および「違約金を最大19,000円負担」するキャンペーンを常時行っています。

表から確認できるように、WiMAXは違約金が最大で19,000円というものが多いです。
そのため、19,000円の負担があれば、実質無料で乗り換えできるということになります。

違約金はBroad WiMAXからキャッシュバックという形で銀行口座に振り込まれます。
この違約金キャンペーンはいつか終了する可能性もあるため、もし利用するのであれば早めに利用するようにしましょう。

Broad WiMAXの違約金負担を受け取る方法は、Broad WiMAXキャンペーン特設ページから、Broad WiMAXに申し込みを行います。

そして、Broad WiMAX宛(info@wimax-broad.jp)に違約金の証明書類を送付します。メールを送った翌々月に指定した口座に違約金分のキャッシュバックが振り込まれるという流れになっています。

▼違約金を負担してくれる優良プロバイダーはここ?デメリットはない?

  1. 違約金
  2. Broad WiMAX
  3. Broad WiMAXキャンペーン
  4. 19,000円

WX05がおすすめの人はこんな人

WX05がおすすめの人はこんな人

ここまでWX05を紹介してきましたが、WX05がおすすめな人はどのような人なのでしょうか。WX05はもちろん持ち運んで外出先で使用することもおすすめなのですが、特に力を発揮するのは自宅での利用でしょう。

WX05にはクレードルがついています。クレードルにはアンテナの拡張機能、設置するだけでの自動充電、有線接続可能などの便利な機能が搭載されているため、これをフルで活用するには自宅での使用になるでしょう。

自宅で部屋に設置しているだけで自動充電されるため、電池の残量を気にする必要もありません。また、ウィングアンテナの電波拡張機能で、自宅で電波が入りにくいなどの不具合を改善することができます。

そして、スマートフォン、パソコン、オーディオなど機器を問わず有線で接続することができるため、自宅で活躍することは間違いなしと言えます。

UQ公式より引用
室内などの弱電界(アンテナ1,2本)において電波感度が向上し、ルータ単体に比較して電波受信レベルが向上します。
弱電界(アンテナ1,2本)の場所であれば、アンテナ本数が増える場合があります。
Wi-Fi側も端末側にてアンテナ本数が少なければ増える場合があります。
結果として装置単体に比較して20%程度スループットが向上します。

▼WX05がおすすめの人はこんな人

  1. WX05
  2. 電波拡張機能
  3. ウィングアンテナ
  4. TX Beam Forming
  5. クレードル

速度を重視するならW05がおすすめ、長時間の使用ならWX05がベスト

速度を重視するならW05がおすすめ、長時間の使用ならWX05がベスト

WX05とW05はライバル商品という扱いになります。NECプラットフォームズ社製「WX」シリーズでWX05を販売しており、ファーウェイ社ではW05を発売しています。

それぞれスペックは似ているのですが、バッテリーの持ち時間や電波の安定性を考えるとおすすめはWX05です。W05は最大速度が下りで548MbpsとWX05を上回っています。

しかし、実際にはエリア環境で通信速度は大きく変化するため、この場合は機能が安定しているWX05の方がおすすめと言えそうです。

WX05はクレードルと合わせるとことで、アンテナの拡張機能、設置するだけでの自動充電、有線接続可能などの便利な機能が搭載されているため幅広い活用が期待できます。

WX05のデメリットは?

WX05のデメリットは?

WX05にもデメリットがあります。それは現状で契約可能なプランが3年しかない点、そして、初期不良などのリスクが考えられます。

他の機種であればWiMAXの各プロバイダによっては、2年プランを選択することも可能です。しかし、WX05は最新機種ということもあり、基本は3年契約です。この3年間の縛りというのはユーザーにとっては長期に拘束されるように感じるかもしれませんね。

特に、これまでのWi-Fi機器を2年契約で利用してきたお客さんにとってはマイナスに感じる人が多いと予測されます。

しかし、一見すると長い契約期間でデメリットのような気もしますが、メリットもあります。3年プランはau回線も利用できるハイスピードプラスエリアモード(月額1005円必要)が無料で利用できるという特典が得られるのです。

通常は1ヵ月に7GBまでの利用制限がありますが、通信状況が悪いときに一時的にモード切り替えを行うことで通信環境が改善されるため、いざという時にもおすすめの機能です。

そして、前述した通り、WX05ではこのモードで使う容量の上限を設定可能です。事前に設定をしておくことでスマホを使いすぎて速度制限されることも未然に防ぐことができます。

WXシリーズの初期不良は大丈夫?

WXシリーズの初期不良は大丈夫?

WXシリーズを長く利用している人は初期不良への不安を感じる人もいるのではないでしょうか。

過去WXシリーズは初期不良がいくつもありました。今回は新機能がいくつも搭載されていることもあるため、これらが安定的に動作してくれるかは様子を見てもいいでしょう。

しかし、改善が重ねられてそれぞれの機種はソフトウェアアップデートで安定性が上がっているため大きなトラブルや初期不良が起こる可能性は低いと言えるでしょう。

W05にしかないメリットもある

W05にしかないメリットもある

W05にしかないメリットもあります。下り最大速度758Mbps、東名阪の一部のみ対応ですが、WiMAX最大速度に対応しているのがW05です。

今後さらに速度アップすることが発表されていますから、長く利用していると恩恵が受けられるでしょう。

もし対応エリアに住んでいるのであれば高速通信環境が実現されますから、光回線並のスピードで使える可能性もあるでしょう。

W05専用クレードルセット

W05専用クレードルセット

W05にもクレードルセットがあります。ハイスピードモードはバッテリー消費する代わりに最大速度で通信できる機能となり、快適な通信が可能です。

外に出ているときはエコモードで節約して、自宅に帰ったらハイスピードモードにするという使い方でW05を使うのがおすすめです。

W05のクレードルはセットするだけで自動的にハイスピードモードへと切り替えてくれる機能までついています。そのため、手間がかからない、速度が速いということでこの点を魅力に感じる人が多いようです。

また、W05は既に発売されて半年以上経ち、品質が安定していることが証明されています。
初期不良などもなく安心して使用ができます。

W05は2年プランも契約可能

W05は2年プランも契約可能

WX05との契約上の大きな違いは、2年プランでも契約できることでしょう。
3年の縛り期間がないため、2年プランを選んで2年後にはプランやプロバイダーの見直しができます。

特にWiMAXは毎年新しい機器が発売されます。お得に最新機種を契約するためにも、縛りは短いほうが良いでしょう。

W05のデメリット

W05のデメリット

確かにW05は最高速度がWX05より早いのは事実です。

しかし、実際に最大速度が使えるのは東名阪の一部エリアのみです。下り・上り最大速度は東名阪の中でも一部エリアのみしか対応していません。

それ以外に住んでいる人は最大440Mbpsまで下がります。つまり、速度の恩恵を受けることができるのはごく一部の人なのです。

この点を考えると、新機能として搭載されているWiMAXハイパワー対応、おまかせ一括設定、Wi-Fiビジュアルステータスが搭載されているWX05の方が魅力的と言えます。

また、クレードルと併せて購入することで安定感のある通信環境が確保されますから、W05よりも実質的な使い勝手はWX05の方が優位にあると言えるでしょう。

Wi-Fi端末を選ぶ際は、最高速度よりも通信環境に寄与できる機能や通信環境の安定感を重視すべきと言えるでしょう。

▼W05にしかないメリットもある

  1. WX05
  2. W05
  3. WiMAXハイパワー対応
  4. Wi-Fiビジュアルステータス
  5. おまかせ一括設定
  6. 推移データ表示
  7. ワンタイムHS+A
  8. TX Beam Forming
  9. クレードル

月額料金最安値1380円

最新端末W05,WX05が無料でもらえる、即日手に入る!
速度制限なしで初月の月額料金、無料もちろん送料無料です
2年間総額で55176円もお得です。
実質一番お得に利用出来る、1000円前後で利用出来るのはカシモWIMAXだけです
>月額1380円最安値!カシモwimaxはこちら
カシモwimax

以下は詳細記事です。
カシモWiMAXの口コミと評判。制限と申し込み。キャンペーンコード

キャシュバック42000円

最新端末w06,W05,WX05,homeL02が無料でもらえる。即日手に入る!

速度制限なし実質月額最安値、端末代無料送料無料
もしも電波が入らないければ20日以内であればキャンセルok(違約金なし)
>42000円のキャシュバック!GMOとくとくbbはこちら
gmoとくとくbb

以下は詳細記事です。
GMOのとくとくBBwimaxの評判と口コミ。キャッシュバックでお得に契約

口座振替が出来るwimaxならBIGLOBEがおすすめ


キャシュバック46970円申し込み手数料無料
>46970円のキャシュバック!biglobe公式サイトはこちら


biglobewimaxビックロ―ブワイマックスの評判とキャンペーン

【ポケットwifiでキャシュバックが42100円】

以下で紹介しているポケットwifiのキャンペーンでキャシュバックが42100円

話題の置くだけwifiや最新端末が無料でもらえます。

なんと今月から最新機種のSpeed Wi-Fi NEXT WX05がもらえます。 wx05

以下の記事では今月限定のポケットwifiのキャンペーンを紹介しています。

無料で最新端末やキャシュバックを利用したい方は以下からどうぞ。

ポケットwifiキャンペーン。42100円以上のキャシュバックはこちら

以下の記事では無料で置くだけwifiがもらえる記事を紹介しています。

置くだけwifi

置くだけwifiが無料で欲しいならこちらを確認

wimax2プラスへ乗り換えたい方はこちら

ブロードワイマックスBroad WiMAXの評判と口コミ。店舗とエリア 

ポケットwifiの口座振替はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です